1. Home
  2. STYLE
  3. クールで猫モチーフのキッチンツール「Nyammy(ニャミー)」

クールで猫モチーフのキッチンツール「Nyammy(ニャミー)」

クールで猫モチーフのキッチンツール「Nyammy(ニャミー)」

いつも使うキッチングッズは、ビジュアルと機能性の両方を兼ね備えてほしいもの。なかでも好き必見の可愛すぎないプロダクトが、2017年2月22日(水)「猫の日」に販売開始されます。

猫モチーフのキッチンツール

それは日本の伝統ブランド、貝印の「Nyammy(ニャミー)」。キッチン用品メーカーとしてのノウハウを活かした本格的な調理小物シリーズです。「ねこの包丁(三徳165mm)」や「ねこのフルーツナイフ」、それに食材を猫の耳モチーフにカットできる飾り切りつきの「ねこのスライサー」などがあります。

170131_nyammy_01.jpg
ねこの包丁 / 2,200円(税抜)

170131_nyammy_02.jpg
ねこのフルーツナイフ / 1,200円(税抜)

170131_nyammy_03.jpg
ねこのスライサー / 700円(税抜)

かわいいだけでなく、料理好きの人でも納得のアイテムたち。なかでも注目なのは使用頻度の高いこの3つです。

多機能なカバー付きピーラー

170131_nyammy_04.jpg
ぼうし型カバー付き ねこのピーラー / 850円(税抜)

ほかの金属製のものと一緒にピーラーを引き出しに入れておくと、刃先が悪くなると言われています。でもこのピーラーは収納時に安心の、かわいい猫耳のカバー付き。さらに便利なことに、裏側は猫型のおろしになっています。しょうがの皮をピーラーでむいて裏側でおろすと、洗い物もひとつで済みますね。

ケースごとマグネットで貼れるキッチンハサミ

170131_nyammy_05.jpg
ケース付き ねこのキッチンハサミ / 2,000円(税抜)

食材がすべりにくい、ギザ刃を使用したキッチンハサミです。ケースに収納すれば、まるですわっている猫のようなフォルムに。ケースにはマグネットがついているから、冷蔵庫などに貼りつけることもできます。刃物に定評のある貝印のハサミなだけに、本格的な切れ味を実感できそう。

しゃもじで猫の手を借りる

170131_nyammy_06.jpg
ねこのしゃもじ / 400円(税抜)

まるで猫の手のような形がかわいい、遊び心のあるしゃもじです。1粒1粒のお米を大切にしたいから、ごはん粒がつきにくいエンボス加工ははずせません。さらに、にぎりやすいハンドル形状にし、細部まで機能性にこだわっているとか。白いお米を引き立たせる、クールなブラックカラーです。

モノトーンでスタイリッシュなのに、よく見ると猫モチーフなNyammyシリーズ。シンプルなキッチンに遊びをプラスするアイテムです。

貝印

知恵子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    2. 【お悩み】セックスレスの話題を、相手にどう切り出したらいいのでしょうか?

    3. 砂糖不使用! たった4つの材料でつくる、甘酒ときな粉のヘルシーアイス

    4. 【3月の満月】大きな節目に! 過去に区切りをつけて新しいタネをまくとき

    5. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    6. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    7. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. 材料と調味料を入れて蒸すだけ! 鶏肉と白菜の塩レモン蒸し

    10. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    1. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    2. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    3. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    4. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    7. 「納豆キムチ」の健康パワーとは? この組み合わせがおすすめな理由

    8. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    9. 【3月の満月】大きな節目に! 過去に区切りをつけて新しいタネをまくとき

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 妊娠と誤診された大きなお腹。医師も驚いた本当の病気は......

    3. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    4. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. ランニングよりも効果絶大! 30秒を5回程度だけやる効率的な運動法って?

    8. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    9. 一問一答で占う、2019年の運勢。あなたの恋愛運は?

    10. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品