1. Home
  2. STYLE
  3. クールで猫モチーフのキッチンツール「Nyammy(ニャミー)」

クールで猫モチーフのキッチンツール「Nyammy(ニャミー)」

クールで猫モチーフのキッチンツール「Nyammy(ニャミー)」

いつも使うキッチングッズは、ビジュアルと機能性の両方を兼ね備えてほしいもの。なかでも好き必見の可愛すぎないプロダクトが、2017年2月22日(水)「猫の日」に販売開始されます。

猫モチーフのキッチンツール

それは日本の伝統ブランド、貝印の「Nyammy(ニャミー)」。キッチン用品メーカーとしてのノウハウを活かした本格的な調理小物シリーズです。「ねこの包丁(三徳165mm)」や「ねこのフルーツナイフ」、それに食材を猫の耳モチーフにカットできる飾り切りつきの「ねこのスライサー」などがあります。

170131_nyammy_01.jpg
ねこの包丁 / 2,200円(税抜)

170131_nyammy_02.jpg
ねこのフルーツナイフ / 1,200円(税抜)

170131_nyammy_03.jpg
ねこのスライサー / 700円(税抜)

かわいいだけでなく、料理好きの人でも納得のアイテムたち。なかでも注目なのは使用頻度の高いこの3つです。

多機能なカバー付きピーラー

170131_nyammy_04.jpg
ぼうし型カバー付き ねこのピーラー / 850円(税抜)

ほかの金属製のものと一緒にピーラーを引き出しに入れておくと、刃先が悪くなると言われています。でもこのピーラーは収納時に安心の、かわいい猫耳のカバー付き。さらに便利なことに、裏側は猫型のおろしになっています。しょうがの皮をピーラーでむいて裏側でおろすと、洗い物もひとつで済みますね。

ケースごとマグネットで貼れるキッチンハサミ

170131_nyammy_05.jpg
ケース付き ねこのキッチンハサミ / 2,000円(税抜)

食材がすべりにくい、ギザ刃を使用したキッチンハサミです。ケースに収納すれば、まるですわっている猫のようなフォルムに。ケースにはマグネットがついているから、冷蔵庫などに貼りつけることもできます。刃物に定評のある貝印のハサミなだけに、本格的な切れ味を実感できそう。

しゃもじで猫の手を借りる

170131_nyammy_06.jpg
ねこのしゃもじ / 400円(税抜)

まるで猫の手のような形がかわいい、遊び心のあるしゃもじです。1粒1粒のお米を大切にしたいから、ごはん粒がつきにくいエンボス加工ははずせません。さらに、にぎりやすいハンドル形状にし、細部まで機能性にこだわっているとか。白いお米を引き立たせる、クールなブラックカラーです。

モノトーンでスタイリッシュなのに、よく見ると猫モチーフなNyammyシリーズ。シンプルなキッチンに遊びをプラスするアイテムです。

貝印

知恵子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    2. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    3. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    6. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    7. 意外に知られていない、歯肉炎の家庭療法6つ

    8. ヘルシーなだけじゃない。鶏むね肉を積極的に摂りたい理由って?

    9. 他人の目は気にしない。背負いすぎるクセから解放される「自己対話術」

    10. 何歳からでも、ワークアウトをはじめるのに遅すぎることはない

    1. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    2. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    6. 筋肉をつけたいなら「朝大豆」。大豆ファーストで「かくれ高血糖」を防ぐ

    7. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    8. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    9. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    2. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    5. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    8. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    9. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    10. 「週一納豆」で脳卒中死亡リスクが3割減。知られざる納豆パワー

    クールで猫モチーフのキッチンツール「Nyammy(ニャミー)」

    FBからも最新情報をお届けします。