1. Home
  2. MIND
  3. イライラするとき試したい、たった6秒で怒りをしずめる方法

イライラするとき試したい、たった6秒で怒りをしずめる方法

113,465

飯島綾子

イライラするとき試したい、たった6秒で怒りをしずめる方法

image via shutterstock

仕事中に上司や同僚の言葉に、友人や家族のふとした言葉にイライラしてしまうことって意外と多くあるもの。そんなイラッとするような出来事にあうと、いつまでもその感情を引きずってしまうことはありませんか? 女性は特に生理前や排卵期などホルモンバランスの関係でイライラする時期があると言われています。

怒りイライラを感じたとき気持ちを切り替える方法は

怒りを感じたときにすばやく気持ちを切り替える方法を紹介しているのが「たった6秒で怒りを消す技術」(集英社)。怒りをコントロールする技術「アンガーマネジメント」を日本で広めている安藤俊介さんと、独特なウォーキング法でおなじみのデューク更家さんの共著です。タイトル通り6秒間で怒りをしずめ、イライラを自分でコントロールする方法が書かれており、女性特有の気持ちのゆらぐ時期にも効果がありそうです。

怒りの感情がピークにあるのは、6秒程度と考えられています。

(『たった6秒で怒りを消す技術』P17より)

たった6秒で怒りを消す技術があった!

イラッとした瞬間からたった6秒間をやり過ごすことさえできれば、そこから徐々に怒りをしずめてケンカやトラブルを引き起こすこともなくなるそうです。それではその6秒の間にどのようなことをすればいいのか。「たった6秒で怒りを消す技術」のなかで紹介されている方法をいくつか紹介したいと思います。

まずは「6秒思考停止」。頭のなかでストップボタンをイメージして、イラッとした瞬間にそのボタンを押します。そのまま頭のなかの嵐を止めて、6秒間なにも考えないようにします。目の前の相手に嫌なことを言われたときでも、すぐに実践できるシンプルな方法です。

「なにも考えない」という状態をつくりだすのが難しい場合は、「6秒カウント」が効果的です。頭のなかで1、2、3...と数を数えることに集中し、イライラがしずまるまでカウントを続けます

思考だけではどうしても感情を整理しきれない場合は「6秒グーパー」という方法もあります。やり方はとても簡単で、イライラした時に手を閉じたり開いたりを繰り返すだけ。単調な動作であれば足踏みでもジャンプでもなんでも効果があるそうです。

結局、「怒り」というのは自分の意識が「数秒前に起きた過去の出来事」にとらわれるから起こるのだと思います。こういった意識を今この瞬間に引き戻す行動や思考法を行うことで、自然と自分のなかのイライラはコントロールできるようになるのでしょう。

心に器があるとイメージしてください。その心の器には「第一次感情といわれる不安、つらい、苦しい、疲れたなど、一般的にいうマイナスな感情が溜まっていきます。

(『たった6秒で怒りを消す技術』P38より)

これらマイナスの感情が心の器からあふれたときに、怒りという感情となってあらわれるのだそう。心の器がいつもより小さくなりがちな、気持ちが不安定な時期も、イライラを押さえつけずに上手にコントロールすることで心穏やかに過ごせそうです。

[たった6秒で怒りを消す技術]

    Ranking

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. お胸に極上の開放感。なのに、揺れない垂れない「ナイトブラ」3選

    3. わが家の「漬け丼」。疲れて作りたくないときのおいしい救世主

    4. パリ、青葉台、そして秋谷へ。夫妻の思い出がつまったインテリア/こぐれひでこさんの住まい[後編]

    5. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    6. 幸せになるスケジュールアプリの使い方。「予定」を入れるだけでは足りません

    7. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    8. 脳トレよりも「1日1杯のスープ」を。脳に栄養を与え、頭の回転を良くするには

    9. ごはん日記の素材たち。まず好きな食材を買って、メニューはあとから考える/こぐれひでこさん[後編]

    10. ランニングで社会にいいことができちゃう。「プロギング」と、新アプリ「ノルク」を体験してきた

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    3. わが家の「漬け丼」。疲れて作りたくないときのおいしい救世主

    4. ランニングで社会にいいことができちゃう。「プロギング」と、新アプリ「ノルク」を体験してきた

    5. 幸せになるスケジュールアプリの使い方。「予定」を入れるだけでは足りません

    6. お胸に極上の開放感。なのに、揺れない垂れない「ナイトブラ」3選

    7. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    8. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    9. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    3. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    4. 残ったごはんも美味しくいただく、5つの白米アレンジメニュー

    5. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    6. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    7. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    8. わが家の「漬け丼」。疲れて作りたくないときのおいしい救世主

    9. うちの肉じゃがは煮込み時間15分。わが家の定番おかずの話

    10. 里芋の「ぬめり」は落とす? 落とさない? 栄養効率を高める食べ方

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら