MYLOHASの会員システムは、2018年2月26日より新システムに移行いたします。

システム移行作業にともない、2月23日15時~2月26日15時の間は、マイページのご利用を停止させていただきます。

会員の皆様にはご不便おかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

  1. Home
  2. EAT
  3. ダイエットにも腸活にも。海藻を効果的に食べるには?

ダイエットにも腸活にも。海藻を効果的に食べるには?

ダイエットにも腸活にも。海藻を効果的に食べるには?

おにぎりの海苔、お味噌汁のわかめひじき煮、昆布だしなど、和食にはなじみの深い海藻食物繊維が豊富で低カロリーなことから、ダイエット中にも安心な食材であることはよく知られていますが、「太陽笑顔fufufu」によると、海藻にはまだ知られざるパワーが秘められているようです。

海藻は身近なスーパーフード

実は海藻は栄養の宝庫なんですよ。腸内細菌の餌となり腸内環境を整える働きで注目の食物繊維が豊富に含まれています。免疫機能を高めたり、生活習慣病の予防などさまざまな機能が期待されているんです。(中略)わかめはミネラル含有量が小松菜よりも高いんです(乾燥重量比較)。また、魚でしか摂取できないと思われがちなEPAも海藻に含まれています。まさに日本古来のスーパーフードと言えるでしょう。

(「太陽笑顔fufufu」より引用)

と太鼓判を押してくれるのは、早稲田大学研究院教授の矢澤一良先生。健康や美容に良いほか、摂るのがむずかしいと思っていたEPAまで含まれているなんて知りませんでした。

腸活にも効く。おすすめの食べ方

海藻のぬめりは水溶性の食物繊維。腸内細菌はこれが大好物ということで、いま流行りの「腸活」にもよさそうです。より多くの栄養を摂取するには、どのように食べるのが好ましいのでしょうか?

効率的に摂取できる海藻としては、とろろ昆布が挙げられます。重ねた昆布を薄く削って作られているので、栄養素が溶け出しやすくなっているのです。(中略)海藻類は、酢と一緒に食べるとミネラルの吸収を助けてくれます。ポン酢や黒酢をかけるだけでOK。また、腸を整えるには海藻以外の食物繊維(穀物など)と組み合わせればさらに効果がアップ。海藻には旨味成分として知られるグルタミン酸も多いので、少量でも料理に入れるとぐっと風味が増します。

(「太陽笑顔fufufu」より引用)

最近の研究によると、日本人だけが海苔を分解することもできる腸内細菌を持っているのだとか。海に囲まれた日本では、古くから海藻を食べる文化があったので、海藻の恩恵を受けやすい体に進化したのかもしれません。乾燥したものも、生の海藻と栄養価はほとんど変わらないそうなので、意識的に海藻を使ってみたいなと思いました。

太陽笑顔fufufu

photo by PIXTA

Writing by片岡理森

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    Prevention
    Rodale's Organic Life

    Ranking

    1. 頭痛に効く8つのエッセンシャルオイルとその使い方

    2. もっと「自分らしく生きる」ためにすべき3つのこと

    3. 快眠には「質」と「時間」の両方が大切。忙しくても深くたっぷり眠るコツ

    4. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    5. 梅の花が咲いてきた。春も近い?【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    6. 冷蔵庫整理は続く【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    7. 手軽に腸内環境改善。「ターメリック」のおいしい取り入れ方

    8. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    9. 天然の植物とパワーストーンで運気を上げるインテリア「ハーバリウム」

    10. 多肉植物をすぐ枯らしてしまう人がやりがちな5つの間違い

    1. 熟睡したいなら、寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンク7

    2. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    3. 筋肉をほぐして手に入れるパフォーマンスがアップするツール

    4. 快眠には「質」と「時間」の両方が大切。忙しくても深くたっぷり眠るコツ

    5. 多肉植物をすぐ枯らしてしまう人がやりがちな5つの間違い

    6. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    7. 快眠を促す「いびき」をコントロールできるツール

    8. パパっと一品つくれる常備野菜の作り方と簡単レシピ

    9. 人と運を引き寄せる! 「コミュニケーション力」アップの秘訣とは

    10. 鰯のつみれ鍋は本当においしい【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    1. 熟睡したいなら、寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンク7

    2. 1月31日は皆既月食&ブルームーン、方角、時間、鑑賞法は?

    3. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    4. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    5. 人と運を引き寄せる! 「コミュニケーション力」アップの秘訣とは

    6. 自分にあった香りが脳にもたらす影響とは?

    7. 年を重ねるにつれて摂取したい!「脳にいい食べ物」6つ

    8. 実は唇を刺激する、リップクリームの3つの成分

    9. 世界一のジェラート職人・柴野大造さんに聞く、味覚へのこだわり

    10. 砂糖がカラダにもたらす恐ろしい11の真実

    ダイエットにも腸活にも。海藻を効果的に食べるには?

    FBからも最新情報をお届けします。