1. Home
  2. BODY
  3. マットとディスクだけ。お手軽だけど効く、しなやかなからだを作るトレーニング法「フローイン」

マットとディスクだけ。お手軽だけど効く、しなやかなからだを作るトレーニング法「フローイン」

2,079

マットとディスクだけ。お手軽だけど効く、しなやかなからだを作るトレーニング法「フローイン」

冬の間は筋トレをして体をしぼるのに最適。年末年始に食べすぎてしまった人や今年の夏に向けて、今から準備したい人もいると思います。ダイエットするにも、ただ細すぎるだけでなく、アスリートのようなメリハリある「カッコイイ」筋肉のついた体を目指すなら「フローイン」がおすすめです。

世界中のパーソナルトレーナーもファンに

フローインは近頃、あちこちのフィットネス雑誌に見かけるようになった筋トレ用のフィットネス器具。とはいっても作りは非常にシンプルで、マットが一枚と、そしてそのマットの上で使うさまざまな形をしたディスクが何枚か付いています。

特徴的なのは、そのマット。まるでスケートリンクのように、つるっつるで、さらっさら。初心者であれば単純な動きからはじめるのがおすすめです。たとえば付属のディスクを手にはめて、まるでかえるのようにマット上で円をかけば肩や腕、背中などの大きな筋肉を隅々までうごかすことができます

靴のように、足の下にディスクをはいて使うことも可能です。直立し、片方の足をマットの外へ置き、もう片方はディスクを履いて、マットの上へ。マットの上の足をゆっくりと遠くへスライドさせるだけで、ひざを痛めることなく、開脚運動をスムーズに行うことができます。その他フローインを使って楽しめる動きのバリエーションは100以上にものぼるのだとか。

もちろん動画のように、上級者は音楽を聴きながら、さまざまな動きを素早く行うことも可能です。ただし簡単のように見えて、これがかなりキツイ。世界中のパーソナル・トレーナーたちだけでなく、プロのアスリートたちが自分のトレーニングのために購入するのもうなづけます。

自分の限界に挑戦!

フローインのコンセプトは、自分の体のあちこちに摩擦による負担をかけて行う「ウエイトトレーニング」。通常の筋トレは体の一部を集中して行いますが、フローインはすべすべマットの上でバランスを保たなくてはいけないため、体の複数の箇所を同時に鍛えることができます。

そしてバランス感覚が養われると同時に、体幹トレーニングにもなるところがいいところ。ディスクを使用することで、左右・上下だけでなく、複雑な方向にまで体を動かすことが可能になりますから、可動域が大きく広がることにもつながります。学生時代に運動をしていたという、ある程度の体力がある人ならば誰でも無理なくはじめることができます。また現在もマラソンやゴルフ、サッカーなどのスポーツをしている人は、体の柔軟性を保ち、コア(体幹)を更に強くするためのストレッチを行うのに役立つでしょう。

筆者も去年、自分へのクリスマスプレゼントで購入し、現在は朝のストレッチに役立てています。狭い場所であっても、マットがおけるところであれば十分に自分だけのフィットネスクラブとなります。目いっぱい体を動かしたい、けれどケガが怖いという人にはおすすめ。カップルで一緒にトレーニングするというのも良いかもしれませんね。

フローイン

image via Shutterstock

キュンメルめぐみ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. どこか悪いのかも。喜んでいられない、生理がいつもより軽い理由

    2. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    3. ダイエット中におすすめのネタは? 太らないお寿司の食べ方

    4. がんになりやすくなる8つの要素と、自分でできる改善策

    5. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    6. トレイルランナー福島 舞さん|My Favorite Sports vol.014

    7. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    8. 生米から30分で、もちもち玄米ごはんを作る方法 【TOKYO VEGAN】

    9. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    10. 過去の自分を慈しんでいますか? | 禅僧のおことば 20

    1. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    2. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    3. 性欲を高める効果も! ハル・ベリーが実践しているワークアウト

    4. どこか悪いのかも。喜んでいられない、生理がいつもより軽い理由

    5. 医師が教える、便秘4タイプ。「便秘は治療が必要な病気」

    6. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    7. カリスマ女医が教える、「美肌菌」が増える食事の13か条

    8. 怒りをぶつけてはダメ。人生を豊かにするための、正しい怒り方

    9. ダイエット中におすすめのネタは? 太らないお寿司の食べ方

    10. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    1. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. 100回の腹筋よりおすすめの運動って?【痩せるカラダを作る方法】

    3. やっぱりバナナはすごい! 科学が裏付けた健康パワー10

    4. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    7. あなたの身近にいるかも?「反社会性パーソナリティー障害」の性格特性13

    8. 朝ごはん、お風呂を大事にする! 自律神経の名医がすすめる「健康の極意」とは

    9. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    10. 食べるだけで3kg減? アーモンド、驚きのダイエット効果6つ

    マットとディスクだけ。お手軽だけど効く、しなやかなからだを作るトレーニング法「フローイン」

    FBからも最新情報をお届けします。