1. Home
  2. BODY
  3. マットとディスクだけ。お手軽だけど効く、しなやかなからだを作るトレーニング法「フローイン」

マットとディスクだけ。お手軽だけど効く、しなやかなからだを作るトレーニング法「フローイン」

マットとディスクだけ。お手軽だけど効く、しなやかなからだを作るトレーニング法「フローイン」

冬の間は筋トレをして体をしぼるのに最適。年末年始に食べすぎてしまった人や今年の夏に向けて、今から準備したい人もいると思います。ダイエットするにも、ただ細すぎるだけでなく、アスリートのようなメリハリある「カッコイイ」筋肉のついた体を目指すなら「フローイン」がおすすめです。

世界中のパーソナルトレーナーもファンに

フローインは近頃、あちこちのフィットネス雑誌に見かけるようになった筋トレ用のフィットネス器具。とはいっても作りは非常にシンプルで、マットが一枚と、そしてそのマットの上で使うさまざまな形をしたディスクが何枚か付いています。

特徴的なのは、そのマット。まるでスケートリンクのように、つるっつるで、さらっさら。初心者であれば単純な動きからはじめるのがおすすめです。たとえば付属のディスクを手にはめて、まるでかえるのようにマット上で円をかけば肩や腕、背中などの大きな筋肉を隅々までうごかすことができます

靴のように、足の下にディスクをはいて使うことも可能です。直立し、片方の足をマットの外へ置き、もう片方はディスクを履いて、マットの上へ。マットの上の足をゆっくりと遠くへスライドさせるだけで、ひざを痛めることなく、開脚運動をスムーズに行うことができます。その他フローインを使って楽しめる動きのバリエーションは100以上にものぼるのだとか。

もちろん動画のように、上級者は音楽を聴きながら、さまざまな動きを素早く行うことも可能です。ただし簡単のように見えて、これがかなりキツイ。世界中のパーソナル・トレーナーたちだけでなく、プロのアスリートたちが自分のトレーニングのために購入するのもうなづけます。

自分の限界に挑戦!

フローインのコンセプトは、自分の体のあちこちに摩擦による負担をかけて行う「ウエイトトレーニング」。通常の筋トレは体の一部を集中して行いますが、フローインはすべすべマットの上でバランスを保たなくてはいけないため、体の複数の箇所を同時に鍛えることができます。

そしてバランス感覚が養われると同時に、体幹トレーニングにもなるところがいいところ。ディスクを使用することで、左右・上下だけでなく、複雑な方向にまで体を動かすことが可能になりますから、可動域が大きく広がることにもつながります。学生時代に運動をしていたという、ある程度の体力がある人ならば誰でも無理なくはじめることができます。また現在もマラソンやゴルフ、サッカーなどのスポーツをしている人は、体の柔軟性を保ち、コア(体幹)を更に強くするためのストレッチを行うのに役立つでしょう。

筆者も去年、自分へのクリスマスプレゼントで購入し、現在は朝のストレッチに役立てています。狭い場所であっても、マットがおけるところであれば十分に自分だけのフィットネスクラブとなります。目いっぱい体を動かしたい、けれどケガが怖いという人にはおすすめ。カップルで一緒にトレーニングするというのも良いかもしれませんね。

フローイン

image via Shutterstock

キュンメルめぐみ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    2. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    3. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    6. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    7. 意外に知られていない、歯肉炎の家庭療法6つ

    8. ヘルシーなだけじゃない。鶏むね肉を積極的に摂りたい理由って?

    9. 他人の目は気にしない。背負いすぎるクセから解放される「自己対話術」

    10. 何歳からでも、ワークアウトをはじめるのに遅すぎることはない

    1. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    2. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    6. 筋肉をつけたいなら「朝大豆」。大豆ファーストで「かくれ高血糖」を防ぐ

    7. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    8. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    9. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    2. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    5. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    8. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    9. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    10. 「週一納豆」で脳卒中死亡リスクが3割減。知られざる納豆パワー

    マットとディスクだけ。お手軽だけど効く、しなやかなからだを作るトレーニング法「フローイン」

    FBからも最新情報をお届けします。