1. Home
  2. BODY
  3. マットとディスクだけ。お手軽だけど効く、しなやかなからだを作るトレーニング法「フローイン」

マットとディスクだけ。お手軽だけど効く、しなやかなからだを作るトレーニング法「フローイン」

3,351

キュンメルめぐみ

マットとディスクだけ。お手軽だけど効く、しなやかなからだを作るトレーニング法「フローイン」

冬の間は筋トレをして体をしぼるのに最適。年末年始に食べすぎてしまった人や今年の夏に向けて、今から準備したい人もいると思います。ダイエットするにも、ただ細すぎるだけでなく、アスリートのようなメリハリある「カッコイイ」筋肉のついた体を目指すなら「フローイン」がおすすめです。

世界中のパーソナルトレーナーもファンに

フローインは近頃、あちこちのフィットネス雑誌に見かけるようになった筋トレ用のフィットネス器具。とはいっても作りは非常にシンプルで、マットが一枚と、そしてそのマットの上で使うさまざまな形をしたディスクが何枚か付いています。

特徴的なのは、そのマット。まるでスケートリンクのように、つるっつるで、さらっさら。初心者であれば単純な動きからはじめるのがおすすめです。たとえば付属のディスクを手にはめて、まるでかえるのようにマット上で円をかけば肩や腕、背中などの大きな筋肉を隅々までうごかすことができます

靴のように、足の下にディスクをはいて使うことも可能です。直立し、片方の足をマットの外へ置き、もう片方はディスクを履いて、マットの上へ。マットの上の足をゆっくりと遠くへスライドさせるだけで、ひざを痛めることなく、開脚運動をスムーズに行うことができます。その他フローインを使って楽しめる動きのバリエーションは100以上にものぼるのだとか。

もちろん動画のように、上級者は音楽を聴きながら、さまざまな動きを素早く行うことも可能です。ただし簡単のように見えて、これがかなりキツイ。世界中のパーソナル・トレーナーたちだけでなく、プロのアスリートたちが自分のトレーニングのために購入するのもうなづけます。

自分の限界に挑戦!

フローインのコンセプトは、自分の体のあちこちに摩擦による負担をかけて行う「ウエイトトレーニング」。通常の筋トレは体の一部を集中して行いますが、フローインはすべすべマットの上でバランスを保たなくてはいけないため、体の複数の箇所を同時に鍛えることができます。

そしてバランス感覚が養われると同時に、体幹トレーニングにもなるところがいいところ。ディスクを使用することで、左右・上下だけでなく、複雑な方向にまで体を動かすことが可能になりますから、可動域が大きく広がることにもつながります。学生時代に運動をしていたという、ある程度の体力がある人ならば誰でも無理なくはじめることができます。また現在もマラソンやゴルフ、サッカーなどのスポーツをしている人は、体の柔軟性を保ち、コア(体幹)を更に強くするためのストレッチを行うのに役立つでしょう。

筆者も去年、自分へのクリスマスプレゼントで購入し、現在は朝のストレッチに役立てています。狭い場所であっても、マットがおけるところであれば十分に自分だけのフィットネスクラブとなります。目いっぱい体を動かしたい、けれどケガが怖いという人にはおすすめ。カップルで一緒にトレーニングするというのも良いかもしれませんね。

フローイン

image via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    3. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    4. 下腹部をガッツリ凹ます、カエルみたいな動きの筋トレ

    5. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    6. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    7. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    8. 家で筋トレ、はじめませんか? Amazonセールで選ぶフィットネス機器5

    9. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    10. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    3. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    4. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    5. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    6. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    7. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    8. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    9. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    10. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?