1. Home
  2. MIND
  3. 大人の片思いを実らせる3つの秘訣

大人の片思いを実らせる3つの秘訣

30代からのやさしい愛のはじめ方

6,250

斎藤芳乃

大人の片思いを実らせる3つの秘訣

image via shutterstock

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。

気になる彼がいて、どうしてもこの恋を実らせたい。けれど、なかなかうまく距離を縮めることができなくて、どうしたらいいかわからない......。

いくつになっても、恋をすればこういう悩みは出てきます。しかし、じつは片思いを実らせるときにも効果的なポイントがあるのです。今回は、そういったポイントを押さえて、恋を成就するための3つのコツをお伝えしたいと思います。

相手と対等でいる

だれかを好きになったときにやってしまいがちなのが、好きだからこそ何でもしてしまう、何でも許してしまう、最初から突っ走ってしまうということ。こちらとしては相手に好意を持っているので、思わず最初から何でもしたくなるし、最初からぐいぐい行きたくなるし、どんなことでも許してくなってしまう......。

けれど相手から見れば、「この人は、何でもしてくれる便利な人なんだな」「この人は、遠慮を知らない非常識な人なんだな」「この人には何を言ってもいいんだ」というように、上下関係ができあがってしまうのです。

自分より下の相手に対しては、なかなか恋心を抱きにくくなってしまうのか本当のところ。だからこそこうしたときほど、あえてやりすぎないこともっと近づきたいと思っても自制することどんなに好きでもだめなことや失礼なことはしっかりと断ることを心がけてみてください。

よくよく考えてみれば、友達になら当たり前なようにしていることだと気づくはずです。

恋心よりも好意をみせる

これは少し高度なテクニックです。

「好き!」という思いをあまりにも出してしまうと、いかに優しい相手であれ、その思いが重たくなってしまうこともあるのです。でも好きな気持ちは消せないですよね。こうしたときには、気持ちを少し抑えながら「好意」として伝えてみてください

「あなたのことが好き」ではなく、「いつも優しくしてくれてありがとう」

「今度いっしょにどこかに行きませんか?」ではなく、「タイミングが合えばご飯に行きたいね」

相手のことをずっと目で追い続けるのではなく、とびきりの笑顔であいさつしてさっと去る

などです。

裏では相手のことをどんなに強く思っていたとしても、直接的には「よく思っている」という気持ちを伝えつつ、決して押し付けがましくない、そんな関係を作ってみてください。

女性らしさを感じてもらう

最後に大切なことは、自分から女性らしさを押しつけるのではなく、相手に感じてもらうこと

これは、「日常的に温かい励ましの言葉をかける」「男性として尊敬していることをさらっと伝える」といった行為であったり、「明るい笑顔」「優しい眼差し」といったちょっとした仕草であったり......。

恋が実っていないということは、あまりにも人間同士としての関係が強い、ということでもあります。だからこそ、人としての信頼関係だけではなく、女性として相手に意識してもらうことが大切です

あまりにも突然、女性らしさを意識して接してしまうと相手も急な変化に困惑するかもしれませんが、「容姿を綺麗にする」「二言三言言葉を変える」など、普段よりも3割増し程度を意識すれば、相手に「今までとは違う」と感じてもらうことができます

恋を実らせるためには、「女性性」「距離感」「親密感」のバランスが大切です。あなたがひとりの女性として愛され、大切にしてもらえるように、心からお祈りしております。

>>「30代からのやさしい愛のはじめ方」をもっと読む

    specialbunner

    Ranking

    1. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    2. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. 「お尻のがん」が増えている。その痛みや出血、痔ではないかも!?

    5. お腹とお尻のぜい肉を一度に取り除く! お尻で床をタッチする運動

    6. ニンニク口臭、ドブ口臭。口の臭いの悩みを徹底解決!

    7. ベッドに溶け込むバターのようになって、10分で寝落ちする方法

    8. 食欲コントロールできる、10個の簡単メソッド

    9. 洗ってないシーツはカビやダニの温床! ベストな洗濯頻度は月◯回?

    10. サプリメントを摂る必要は本当にあるの? 医師に聞きました

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    3. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    4. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    5. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    6. とかすだけで簡単ストレートヘア。SALONIAの新ヒートブラシ【プレゼント】

    7. 性生活は大事。シングルマザーの彼女が愛に目覚めたきっかけは?

    8. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    9. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    10. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    7. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    8. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    9. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    10. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?