1. Home
  2. BODY
  3. 小さい頃からピーナッツを食べてリスクを減らす。変わってきたアレルギー対応のスタンダード

小さい頃からピーナッツを食べてリスクを減らす。変わってきたアレルギー対応のスタンダード

クリハラチナツ

小さい頃からピーナッツを食べてリスクを減らす。変わってきたアレルギー対応のスタンダード

いよいよ花粉症の症状が出始めました。私も子どももアレルギーがあるため「アレルギー」という言葉にどうしても敏感になってしまいます。

子育ての中で、やはり注意していたのは食事。牛乳を与えた際に子どもの全身に発疹ができて以来、とても気をつけるようになりました。そのときの医療のスタンダードは「アレルゲンは与えない」という方針。家でも外出先でも神経質になってしまいストレスになってしまった時期も。

現在は幸いなことに症状は出ることもなく普通の食事ができますが、いまアレルギーに関しての認識が確実に変わってきているようです。

早期の摂取が症状の減少につながる

ピーナッツ・アレルギーに関して、アメリカの国立衛生研究所が発表したガイドラインが大きな話題となっています。それは「幼少期にピーナッツを食べさせるとピーナッツ・アレルギーの予防になる」というもの。

ギズモード・ジャパンより引用)

アメリカではピーナッツは多くの人に認知される鶏卵、牛乳とならぶアレルゲンのひとつとされます。日本でもそばアレルギーと同様に、微量でもアナフィラキシーを引き起こしやすいアレルゲンとして注意を促されることの多い食材。

ピーナッツだけの話ではありませんが、じつは早い段階でのアレルゲン摂取を進める指摘は以前からしばしばありました。ですがそんな食材を幼少期から、というアメリカの国立衛生研究所の発表があるというのをみたときには、本当にいいのか? と正直おどろきました。

2000年の小児科学会のガイドライン発表以降もピーナッツ・アレルギーの子どもたちの数は増え続け、専門家の中でも「3歳以下に食べさせたらいけない」というガイドラインに疑問を抱く人たちが多く出てきていたのです。

米国疾病予防管理センターによると2007年の段階で食物アレルギーを持つ子どもたちの数は300万人にまで増加。これは1997年から比べると18%の増加になります。小児科学会も2008年には証拠が不十分であったとして前述のガイドラインを取り下げています。

ギズモード・ジャパンより引用)

ガイドラインを取り下げた後も多くの家庭ではアレルギーを心配し子どもにピーナッツを与えなかったよう。私が聞いてもやはり抵抗がある話なのでその結果はうなずけます。

負担の少ない治療法の確立へ

この研究では600人以上の幼児を対象とした臨床試験で、早期にピーナッツの摂取を開始することでアレルギーリスクの高い幼児の間でのアレルギー発症が81%も減少するという結果が出たのです。

ギズモード・ジャパンより引用)

81%というのはすごい数値。今までの常識を打ち破るパワフルな結果です。食物アレルギーは当人はもちろん、周りの人、子を持つ親にとっても時につらい思いをするもの。薬などを摂取せず、ごくちいさな頃からアレルギーを克服することができたなら、それに越したことはありません。

新しいガイドラインは2010年の「食物アレルギー診断とマネージメント・ガイドライン」に追加される形になるのだそう。またJournal of Allergy and Clinical Immunologyをはじめとする科学雑誌でも発表される予定なのだそう。

年齢を重ねても多くの人が耐えがたい症状がでるアレルギー。体質やその日の体調によっても思わぬ症状になってしまうこともしばしばあります。医師の診断のもと自己判断は避けることは必須ですが、治療を受ける立場から見て、このように負担少ない治療法が確立されていくのはとてもうれしいことですね。

ギズモード・ジャパン

image via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    3. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    4. 下腹部をガッツリ凹ます、カエルみたいな動きの筋トレ

    5. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    6. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    7. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    8. 家で筋トレ、はじめませんか? Amazonセールで選ぶフィットネス機器5

    9. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    10. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    3. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    4. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    5. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    6. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    7. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    8. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    9. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    10. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?