1. Home
  2. EAT
  3. 手軽に菌活、温まる。フルーティーな甘酒アレンジレシピ

手軽に菌活、温まる。フルーティーな甘酒アレンジレシピ

MYLOHAS編集部

手軽に菌活、温まる。フルーティーな甘酒アレンジレシピ

麹甘酒が好き。でもそのまま飲むのはちょっと飽きてしまうことも。そんなときにひと手間加えるだけでおいしさ広がるアイディア・レシピをお届けします。

ジンジャーオレンジ甘酒

甘酒をチャイ風に!? フルーティーな甘さとそのスパイシーな香りにひきこまれてしまいそう。ホッと一息つきたいときに。

<材料>・甘酒原液(400cc)・水(約500cc)・オレンジの皮(2枚)・しょうが(15g)・クローブ(5粒)・シナモンスティック(1本)

<作り方>1.鍋に甘酒原液、水、千切りしたしょうが、砕いたシナモンスティック、クローブを入れて中火にかける。2.ひと煮立ちしたら千切りしたオレンジの皮を入れて、さらにひと煮立ちさせて完成。

roomie」より引用

もっと手軽にしたいなら、シナモンパウダー、ジンジャーパウダーを使うのもOKです。

>>後味スッキリ「ジンジャーオレンジ甘酒」のレシピ

豆乳甘酒

無調整豆乳と甘酒を同量混ぜて温めて飲むのも、寒い季節におすすめの混ぜるだけのかんたんアレンジ。ほんのり甘みが加わって腹持ちもいいので、寝坊してしまった朝のエネルギー補給にもぴったり。

はちみつレモン甘酒

甘酒の濃厚さにさっぱり感をプラスしたいなら、甘酒にレモンのはちみつ漬けを入れてみるアイディアもおすすめ。

>>あなたはサッパリ派? スパイシー派? 甘酒の楽しみ

いちご甘酒

甘酒に、つぶしたいちごを混ぜて、温めて飲むいちご甘酒。ほのかなピンク色とその甘い香りにも乙女心をくすぐられます。炊飯器を使ったかんたん麹甘酒の作り方も。

>>冷えの少ない「いちご甘酒」【あるベジタリアンの食卓】

麹甘酒があまり得意じゃない......という方にも、一度試してみてほしいアイデアレシピです。市販の甘酒の味わいはさまざまなので、まずは好みのものを探して、さらにアレンジしてみれば甘酒の魅力に気づかされてしまうはず。ス編集部)

    Ranking

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 放っておくと薄くなる!? 抜け毛の深刻化を防ぐ、医師おすすめの解決策

    4. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    5. 秋のアレルギー・花粉症の8つの症状。ブタクサ、カビ以外の原因は?

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 【クイズ】すぐやせる糖質制限ダイエット。何が落ちてる?

    9. ビタミンB12の多い魚介類ベスト6。不足すると強い疲労感に襲われる

    10. カヒミ・カリィさんの、おいしく楽しい、栄養豊かな毎日を送るヒント

    1. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    7. いつものお弁当やごはんを、ダイエット向きに仕上げる3つのポイント

    8. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. LDLコレステロール値を下げたい。管理栄養士の「不摂生を立て直す食事」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?