1. Home
  2. MIND
  3. 気づかないうちにやってない? カップル間の5つのコミュニケーション・ミス

気づかないうちにやってない? カップル間の5つのコミュニケーション・ミス

気づかないうちにやってない? カップル間の5つのコミュニケーション・ミス

スムーズな社会生活をおくるために欠かせないコミュニケーション力。大切なのはわかっていても、つい自分都合で伝えていたり、自分の聞きたいようにしか聞いていなかったりしてしまうもの。

とくに、良かれと思った些細な言動が亀裂を起こしやすいのは、恋人や夫婦などパートナーとの関係かもしれません。

気をつけたい5つのコミュニケーション・ミス

ライフハッカー(日本版)」によると、パートナーとの関係がどんなにうまくいっていても、誤解やコミュニケーションの失敗を避けることはできないのだとか。よくある5つのコミュニケーション・ミスを見直してみましょう。

1. コミュニケーションは多い方がいいという勘違い結婚・家族セラピストのエリカ・カーティスさんによると「コミュニケーションがつながりを生むと思ったら大間違い。女性は会話によって他者とのつながりを感じることが多いかもしれませんが、多くの男性(と一部の女性)にとってはそうではない」とのこと。コミュニケーションの前に、相手と同じ活動をしたり、相手の努力を認めることでつながりを構築しましょう。

2. 察してほしいという期待パートナーが自分の気持ちや希望を理解してくれているなんてことは、淡い期待にとどめておいた方がよさそう。どんなに仲のいい2人でも、同じ気持ち、世界観、考えを共有しているわけではないからです。

3. あきらめて本当の気持ちを言わない議論がまったくなかったり、交通が一方向だけだったら、2人はコミュニケーションのない一方通行の道路にいるのと同じ。

4. どうにもならない問題をくどくどと繰り返す2人とも頑固者で、妥協を許さないという場合もあるでしょうが、相手のあら捜しをしていては何も改善しません。ひと呼吸おいて、自分を取り戻して、違うアプローチを試みましょう。

5. 相手の視点に立って考えない良好なコミュニケーションの中心となるのは、はっきりモノを言うことだったり、相手とのうまいコミュニケーションのためのベストな方法を知ることだったりします。でも、それと同じくらい大事なのに忘れてしまいがちなのが、相手の視点に立つ努力をすること。

思い当たることがいくつもあって冷や汗が出ました......「察してほしい」なんて、よく考えたらすごく自分勝手な言い分ですよね。相手はエスパーじゃないんだから、口に出して言わなければ、何も伝わらないのに。

ここに挙げられていることはパートナーとの関係についてですが、仕事上の人間関係や友だち同士にも当てはまるように思います。メールやSNSでコミュニケーション頻度が高まる一方で、対面でのやり取りが減ってミスが増えているのかも。自分の意見を言うだけじゃなくて、相手の気持ちを考える「共感力」もコミュニケーションの上では大事なんだと覚えておきたいですね。

ライフハッカー(日本版)

image via shutterstock

片岡理森

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 些細なことも気に留めて。医師が教える「卵巣がん」になりやすい条件7つ

    2. 二日酔いの治し方5つ。飲み過ぎた次の日に効果的な食べ物は?

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. ダイエット中におすすめのネタは? 太らないお寿司の食べ方

    5. どこか悪いのかも。喜んでいられない、生理がいつもより軽い理由

    6. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    7. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    8. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    9. 死を恐れていませんか? | 禅僧のおことば 21

    10. 12星座別のボディケア。本当にぴったりなアロマの選び方

    1. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    2. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    3. 些細なことも気に留めて。医師が教える「卵巣がん」になりやすい条件7つ

    4. どこか悪いのかも。喜んでいられない、生理がいつもより軽い理由

    5. 性欲を高める効果も! ハル・ベリーが実践しているワークアウト

    6. ダイエット中におすすめのネタは? 太らないお寿司の食べ方

    7. 医師が教える、便秘4タイプ。「便秘は治療が必要な病気」

    8. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    9. カリスマ女医が教える、「美肌菌」が増える食事の13か条

    10. 怒りをぶつけてはダメ。人生を豊かにするための、正しい怒り方

    1. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. やっぱりバナナはすごい! 科学が裏付けた健康パワー10

    3. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    6. 100回の腹筋よりおすすめの運動って?【痩せるカラダを作る方法】

    7. あなたの身近にいるかも?「反社会性パーソナリティー障害」の性格特性13

    8. 朝ごはん、お風呂を大事にする! 自律神経の名医がすすめる「健康の極意」とは

    9. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    10. 食べるだけで3kg減? アーモンド、驚きのダイエット効果6つ

    気づかないうちにやってない? カップル間の5つのコミュニケーション・ミス

    FBからも最新情報をお届けします。