1. Home
  2. EAT
  3. 太陽の力を借りて免疫力を上げる方法 #ポジティブ栄養学

太陽の力を借りて免疫力を上げる方法 #ポジティブ栄養学

ポジティブ栄養学

1,875

吉川圭美

太陽の力を借りて免疫力を上げる方法 #ポジティブ栄養学

こんにちは。栄養士・栄養カウンセラーの吉川圭美です。肌も体調も、気分上々な私は栄養でつくれる! もっと味方につけていきましょう。

今回は、風邪予防の意外な助っ人、ビタミンDについて

抗菌ペプチドを増やしてくれるビタミンD

お正月も終わり、キリッと寒いながらも晴れた日が続いています。冷たい空気に、外に出るのもおっくうになりがちですが、家の中に閉じこもっているのは、ちょっともったいないといえるかもしれません。というのも、太陽の光を浴びることは、じつは免疫力アップにもつながることだから。

コレステロールを材料に、紫外線を浴びることで体内で作り出されているビタミンD。近ごろでは、免疫力を上げてくれる栄養素ということで注目を浴びています。抗菌ペプチド・カテリジンを増やすことがわかっているほか、インフルエンザを防ぐという研究もされているほど。

冬の紫外線量は夏に比べ、1/4〜1/5ほどと少なめです。冬に風邪やインフルエンザが多いことは、こういったことも要因のひとつと考えられています。紫外線というとシミの原因になるため避けてしまいがちですが、浴びる量が少ないことがデメリットになるとは驚きです。

通勤しながら風邪予防

寒い時期ですが、通勤の行き帰りやランチどき、お買い物など、移動と同時に太陽の光を浴びて風邪予防をしていると思えば、一石二鳥といえます。おやつを食べた後の移動なら、太りすぎも防ぐことができますよ。肌への影響が気になるなら、手のひらを太陽に向ける方法もあります。

できるだけ体調を崩したくないこの時期、太陽の力を借りてみるのもいいかもしれません。

ポジティブ栄養学をもっと読む>>

image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    3. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    4. 下腹部をガッツリ凹ます、カエルみたいな動きの筋トレ

    5. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    6. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    7. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    8. 家で筋トレ、はじめませんか? Amazonセールで選ぶフィットネス機器5

    9. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    10. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    3. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    4. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    5. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    6. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    7. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    8. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    9. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    10. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?