1. Home
  2. BODY
  3. できれば冬眠しちゃいたい。冬のだるさには理由があった

できれば冬眠しちゃいたい。冬のだるさには理由があった

片岡理森

できれば冬眠しちゃいたい。冬のだるさには理由があった

グッと冷え込む冬の朝。なかなか布団から出られず、起きても気持ちがスッキリしない。外出するのもおっくうに......やることはいっぱいあるのに思うように動けなくて困ります。「太陽笑顔fufufu」によると、冬に気持ちや体調が変化してしまうのには、ちゃんと理由があるそうです。

寒いから? 自分のせい? どちらもNO

例えばクマは冬眠しますね。しかし、冬眠といってもまるで動かなくなるわけではありません。食料が少なく寒さも厳しい冬を乗り切るために、活動をセーブして体力を蓄えているのです。人間も冬になると、それと似たような状況になります。冬に余計なパワーを消費しないように、身体が反応していると考えてください。

(「太陽笑顔fufufu」より引用)

と言うのは、日本大学医学部の内山真先生。冬が近づくと食欲が増してしまうことも、体が冬になる前にエネルギーを蓄えようとしているからなのだそう。体調や気持ちの変化は、クマと同じように身体が環境の変化に適応しようとしているだけ。生き物として身体に備わっている仕組みでした。だからといってクマのように眠ることはできないので、せめてこの仕組みを理解して、冬を元気に過ごすヒントがほしいところ。

光が体内時計や心に影響を与えている

人間を含めた動物が季節の変化に気づくこととして、「日の長さ」があげられます。さらに、日の長さを感じ取るのは「目」ですよね。

目が感じ取っている光には、"ものを映し出す"だけでなく、光センサーを通じて"身体のリズムを調整する"役割もあります。日の長さが変化したことを目が感じ取ることで、その変化が体内時計や気持ちに影響を与えているのです。(中略)体内時計が光によって昼だと感じるのは、太陽の光程度の明るさを必要とします。

(「太陽笑顔fufufu」より引用)

現代人は、日中の多くを室内の人工光のもとで過ごしています。さらに冬は夕方に外に出てもすでに暗く、光を浴びる機会が絶対的に不足します。日の長さが短くなるだけではなく、室内にずっといることで身体が感じる光そのものが足りないことが、冬眠のような症状を感じてしまう原因になっているのだとか。

冬眠状態から目覚める5つのキーワード

内山先生によると、「光を意識する生活を心がければ改善できます」とのこと。その具体的な方法とは?

1. 朝の光朝起きたらすぐに部屋のカーテンを開け、日光を感じましょう。曇りや雨の日でも、網膜の光センサーには十分な光が届きます。

2. 夕方の光夕方のまだ明るい時間帯にベランダや明るい窓辺へ行き、日光を感じるようにしましょう。

3. 休日の光できるだけ平日と同じ時間に起き、生活のリズムを整えます。その上で公園や自然の中に出かけ、屋外で光を感じながら過ごしましょう。

4. 自然な眠り身体を動かすなど日中をアクティブに過ごすことで、自然な眠りにつけるようになってきます。

5. ぬるめの入浴よい眠りのためには寝る前に身体を温めることが効果的。40℃前後のぬるめのお湯に浸かったり足湯で温まりましょう。

インテリアを明るくしたり、イベントを盛大に楽しんだりすることも効果があるようです。対処法を生活に取り入れて、気分が沈みがちな冬も楽しく過ごしたいですね。

太陽笑顔fufufu

photo by PIXTA

    specialbunner

    Ranking

    1. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    2. 高タンパク・低脂質がうれしいデザート9選。管理栄養士が推薦!

    3. 「感じのいい人」と「感じの悪い人」の違いは脳の使い方にあった!

    4. 【クイズ】頭痛を早く治すには?

    5. ひどい肩こり解消エクササイズ「肩甲骨プッシュアップ」

    6. ダイエット中の人に言ってはいけない! 7つの禁句とOKワードは?

    7. 高栄養&腸内環境を整える「甘酒」の作り方。炊飯器で放置するだけ!

    8. ひどい肩こり解消エクササイズ「サイドプランク」

    9. 1分で仕込めて効果も絶大。プロが教える簡単アイライン

    10. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    1. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    2. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    3. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    4. 高タンパク・低脂質がうれしいデザート9選。管理栄養士が推薦!

    5. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    6. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    7. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    8. みそ汁を最強のダイエット食に変える方法。自律神経の名医が考案!

    9. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    10. ひどい肩こり解消エクササイズ「肩甲骨プッシュアップ」

    1. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    2. 焼酎は健康にいい・悪い? 肝臓専門医が教える正しい「お酒の飲み方」

    3. 女性の「心臓発作は恐ろしい」と医師。防ぐ方法は?

    4. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    5. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    6. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    7. 年末年始はしっかり回復! 体だけでなく、神経からしっかり休む方法

    8. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    9. あなたも「アルコール依存症予備軍」かも。自己診断の方法は?

    10. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!