1. Home
  2. EAT
  3. 糖質オフを活用したウエイトコントロールのコツ #ポジティブ栄養学

糖質オフを活用したウエイトコントロールのコツ #ポジティブ栄養学

ポジティブ栄養学

吉川圭美

糖質オフを活用したウエイトコントロールのコツ #ポジティブ栄養学

あけましておめでとうございます。栄養士・栄養カウンセラーの吉川圭美です。今年も、気分が上がるような栄養学をご紹介できるよう、がんばりたいと思います。よろしくお願いいたします。

さて今回は、お正月明けということで、糖質オフを活用したウエイトコントロールの工夫について

糖質をコントロールすることで体重増を防ぐ

栗きんとんに伊達巻、おもちなど、お正月に出てくる料理は糖質がたっぷり。しかも外出先で食べることも多く、お祝いの席のせいか食べ過ぎてしまうパターンもしばしば......。

そこで実践していたのが、年始のご挨拶など、食べる予定を早めの時間に設定し、そのあとすぐにバーゲンなどの予定を入れてしまうことです。イヤが王にも歩き回らなくてはならないため、血糖値の急上昇を防ぎ、脂肪に変わるのを防いでくれます

食べる順番を意識する方法もあります。ローストビーフやお刺身などのタンパク質系、野菜類から先に食べるようにし、最後に甘めのおせちをちょこっと。小正月に会食を控えているなら、取り入れるのもよさそうです。ちなみに私の場合、このお正月は糖質を意識したせいか、結構しっかりめに食べていたにもかかわらず、いまのところウエイト増にはならずに済んでおり、ほっと胸をなで下ろしているところです。

お正月に多く失った栄養をチャージ

そして食べ過ぎ、飲み過ぎたお正月の身体を立て直すために、いつも以上に肉や魚、卵、野菜をしっかり食べるようにしているのも、いま心がけていることです。

いつも以上の量のアルコールを排出したり、糖質をエネルギーに変えるため、身体はビタミンB群をはじめたくさんの栄養が消費傾向に。そのため、失った栄養素をチャージすることが急務というわけです。肉にはタンパク質のほか鉄、ビタミンB群などが含まれます。マトンを選べば、ダイエットの味方・カルニチンもたっぷりです。胃腸が疲れているときは豆腐など、大豆製品をプラスしつつおこなっても

さらに、フレッシュな野菜でビタミンCや葉酸をとることで、お正月の疲れた身体をいたわり、スムーズに代謝できる身体に導いてくれます。自然と糖を抑える食事スタイルになるため、ウエイトもスムーズに調整しやすくなるといえそう。快適、かつファンクショナルな身体で、この一年もポジティブに、アクティブにいきたいものです。

ポジティブ栄養学をもっと読む>>

image via shutterstock

    Ranking

    1. 二の腕を伸ばすだけで、気持ちよく姿勢改善。巻き肩さんのストレッチ

    2. 野菜は「茹で過ぎ」こそおいしい。飛田和緒さんの新しい野菜料理

    3. 白菜の栄養を逃さない。管理栄養士おすすめの絶品レシピ4選

    4. 元気がよみがえる。まじめな頑張り屋さんは「ボーンブロススープ」を続けてみて

    5. お弁当箱愛好家に聞いた「お弁当箱の選び方」&「おすすめお弁当箱 15選」

    6. 【プレゼント】食材どこで買う? おいしくて健康的、かつ良心的。続けられるナチュラルライフ

    7. ふるふる、しゅわしゅわの食感に癒やされる「台湾カステラ」

    8. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    9. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    10. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    1. 白菜の栄養を逃さない。管理栄養士おすすめの絶品レシピ4選

    2. サンドイッチをおいしくする「保湿」のひと手間

    3. お弁当箱愛好家に聞いた「お弁当箱の選び方」&「おすすめお弁当箱 15選」

    4. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    5. 野菜は「茹で過ぎ」こそおいしい。飛田和緒さんの新しい野菜料理

    6. 背中や腰は「仰向けで丸める」。こりや疲れを解消するリセットストレッチ

    7. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    8. 元気がよみがえる。まじめな頑張り屋さんは「ボーンブロススープ」を続けてみて

    9. 二の腕を伸ばすだけで、気持ちよく姿勢改善。巻き肩さんのストレッチ

    10. 【プレゼント】食材どこで買う? おいしくて健康的、かつ良心的。続けられるナチュラルライフ

    1. プランクは体幹強化だけじゃありません。関節や細かい筋肉も鍛えてしなやかな体に

    2. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    3. 1日のほとんどを過ごすから、暮らせるような台所を作りたかった/料理研究家・松田美智子さん[前編]

    4. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    5. 思いっきり泣こう、感動しよう。心を動かす映画15選

    6. ジェーン・スー&堀井美香、ふたりが2022年にはじめたいこと、やめたいこと

    7. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    8. 白菜の栄養を逃さない。管理栄養士おすすめの絶品レシピ4選

    9. 月に一度「ノープランの日」を予定しておくべき理由。休暇を「本物の休暇」として使うコツ

    10. サンドイッチをおいしくする「保湿」のひと手間

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら