1. Home
  2. MIND
  3. 2017年最高の私で愛される1年にする。「自分開花」レッスン3つ

2017年最高の私で愛される1年にする。「自分開花」レッスン3つ

30代からのやさしい愛のはじめ方

斎藤芳乃

2017年最高の私で愛される1年にする。「自分開花」レッスン3つ

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。いよいよ2017年、新しい1年が始まりましたね。本年もどうかよろしくお願いいたします。

あなたは今年はどんなふうに愛される1年にしたいですか? 「こんなに愛されたことがない」「こんなに分かってくれる人に巡り会えたことなんてなかった」こんなふうに、1年を終えるときには素敵な想いで満たされていたいものですよね。

今回は、2017年を最高に愛される年にするための3つの「自分開花レッスン」をお伝えしていきます。

自分を女性として大切に扱う

忙しかったり大変だったりするときほど、「女性としての自分」を後回しにして、しっかり者の頼れる自分を演じてしまいがちです。けれど、こうしているときほど、深層心理では「女性としての柔らかい自分」を無意識に否定しながら生きてしまっているもの。すると、周囲の人......特に男性から見ても、まるで「男同士」のように感じてしまい、大切にされたり助けてもらうといった生活から切り離されてしまいます。

2017年こそ頑張りすぎず、「柔らかい感受性」を大切にしてください。疲れたら休む。体をケアする。傷ついたら「大変だったね」と自分で自分を抱きしめてあげる。喜ばせ、労り、慈しみ、愛する......。自分を女性として扱うことで、周囲からも同じように大切にされる運命が返ってきます

感受性に素直に生きる

毎日を真面目に生きている人ほど、自分の心よりも世間のルールやこうすべきという義務を優先する、自分より他人を優先するなど、感受性を殺して生きがちです。でもこれは、女性としての自分を否定しながら生きるのと同じこと。

全ての感情を自由に感じられる「私」がいることを忘れず、痛みや苦しみを感じる自分、他人を嫌だと感じることも許してあげてください。自分にとって何が辛いのか、許せないのか、悲しいのか、恥ずかしいのか......。喜怒哀楽を抑えることなく感じることで、何が嫌で何が好きかという自分の本心が分かります

その上で、あなたがいいと思える人・場所・物を手に入れればいいのです。そして、あなた自身も、あなたがいいと思える自分になればいいのです。

感受性は自分の魂そのもの。あなたには心があり、心があるからこそ、あなたは他の人とは違うかけがえのない存在なのです。自分の感受性を大切にすればするほど、あなたに合った最高の運命にめぐり会うことができます。

自分の愛に誇りを持つ

そして、最後に大切なことが「」です。誰しも愛が大切だとは知りながらも、愛以外のこと......たとえば学歴とかスキル、うまく立ち回ること、評価されることなどに気をとられがちです。でもこれは、自分が悪いというよりも「目に見えるものを評価する社会」になっているため、仕方のないことともいえます。

しかし、周りに左右されることなく、あなたの愛を第一に考え、生きてみてください。誰にでも優しくすること、誰かの存在を大切に想うこと、他人の気持ちを尊重すること、弱い人に配慮すること、さりげない気遣いの言葉をかけること。そして、こんなふうに深い愛を持っているあなたを誇りに思いましょう

私は人を愛せる女性である」という自覚は、どんな素晴らしい宝石よりも、あなたに美しい内面に輝きをもたらします。あなたはすでに、美しく、愛を持っている人。ただ、それが日々に圧倒されて、見えなくなっているだけなのです。あなたがあなたでいることを大切にしながら、愛される1年を送れることをお祈りしています。

>>「30代からのやさしい愛のはじめ方」をもっと読む

豊かさを100%手にするための3つのルール

愛される勇気、持っていますか?

愛情をまっすぐ伝え、甘え上手になる3ステップ

image via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    4. 抜け毛、白髪などエイジングの悩みに。美容のプロおすすめのヘアケア

    5. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「ひざの腫れ」に隠された5つの原因。痛くて歩けないのは虫のせいかも

    8. セックス博士に聞きました!「女性は一晩で何回イケますか?」

    9. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    10. ちょっと待って! トマトは「やさい麹」にすれば最強の発酵食になる

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    3. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?

    4. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    5. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    6. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    9. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    10. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    5. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    9. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた