笑顔のたえない社会のため、創造的アプローチでOrganicのニュースタンダードを仕掛けるSuperOrganicHD」のCEOである大石リカ・デリシャスさん。
以前は世界で活躍する建築デザインチームにいたリカさん。そこから転身された理由には、子育てしながら継続できるワークスタイルを発見しなくては、との強い想いがありました。

女性が活躍するには海外へ

ーー現在は、オーガニックの普及活動をCEOという立場で世界を舞台にご活躍されていますが、お父様の教育方針でもあり、海外を意識されたのですか。

リカさん:私の父は、40年前に女性は日本では将来は結婚や一般職ぐらいしか選択肢がないから、海外へ出て好きなことを学び活躍できる人になってほしいという考えがありました。父は、敗戦時に7歳でとても苦労して育ったので、娘達にはできる限り好きな事ができる機会を、また広い世界に羽ばたける精神性も持たせたいと考えていたようです。

日本の小学校と中学校に通いましたが、自然と海外へ意識は向いていたと思います。父も経営者であり、両親ともに献身的なクリスチャンということもあり、ちいさいころからたくさんのお客さまの話を食卓で聞きながら育ちました。多様な宗教や文化の違い、多くの種族や国が存在することは幼心には魅力的でした。

人生の節目での出会いが導いてくれた

ーーでは、お父様の期待通りですね。

リカさん:当時は、そうでもなかったですね。海外へ行くというオープンな家庭のようですが、基本的にとても厳しかったので、中学のころは反抗期でした。普段の授業はさぼったり、頭を染めてみたりもしましたが、作文コンクールで入賞するなど、英語、算数、美術、作文はずば抜けていい点でした。

当時の担任の先生が私の可能性を見てくれて、高校で留学するときに推薦状を書いてくれました。今から思うと、人生の節目で私の個性を見てくれる人に出会えたことが、今の自分らしさに自信が持てるキッカケになってい ます。私も子ども達やそういう人になりたいと思っています。

20170117_sugarorgnic2.jpg

ーー卒業後は、コンテンポラリー建築デザインをされていたとのことですが、今のオーガニックの世界とは真逆ですよね。まったく違う世界に転身されたのはどうしてですか。

リカさん:私が学生だった時代は、脱構築建築主義の真っ只中で、今は亡きザハ・ハディッド氏に教わったり、パリまでいってバーナード・チュミ氏から講義を受けたり、世界で一番変わった建物を作ってやろうと思っていました。23歳で会社を作り、父の会社で経営を学びながら、ロゴデザインや展示会にちいさなブースデザインから狭小住宅、大きなプロジェクトのプロジェクトマネージャーまで、奇抜な建築デザインに関わってきました。建築は通常100年単位で考えるものなので、長く残す、保存するという意味では、持続可能な地球に優しいオーガニックとすこし共通点があるかもしれません。

ーー似ている部分もあるかもしれませんが、世界のトップクラスでお仕事をされているわけですから、すべてを捨てて新たな世界に飛び込むのには勇気がいると思うのですが......。

リカさん:そうですね。子どもができたことが大きな人生のターニングポイントになりました。体やホルモンバランスが変わったこともあると思いますが、長男を出産して4カ月経ったとき、仕事と赤ちゃんを育てることの両立が私にはできないと、壁にぶつかったのです。まるで、右脳と左脳が入れ替わったように。デザインもですが、社長として指示も出さなければいけないのに管理・統括もままならなくなり、随分悩んだ末に、仕事の最前線から一旦降りることにしたんです。

世界のトップクラスで働くバリバリのキャリアを捨て、子育てに専念して出会ったのがエシカル&オーガニックの世界。そんなリカさんの新たな活動と、自立する女性のための子育て術を後編でご紹介します。

>>後編に続く

20170127_superorganic3.jpg

お話を聞いた方:大石リカ・デリシャスさん

SuperOrganicホールディングス CEO