1. Home
  2. BODY
  3. 気になる感染症予防に、摂りたい栄養素は?

気になる感染症予防に、摂りたい栄養素は?

気になる感染症予防に、摂りたい栄養素は?

乾燥が厳しく、風邪やインフルエンザなどの感染症が流行しつつあるこの季節。気になるのはその予防法です。

β-カロテンで粘膜を健康に

感染症予防で大切なことの1つに、粘膜を健康に保つことがあげられます。鼻や喉の粘膜が乾燥していると粘膜の防御機能が低下し、ウイルスも侵入しやすくなるから。そこで味方になるのが、人体の粘膜や皮膚、免疫機能を正常に保つとされる栄養素「β-カロテン」

管理栄養士・豊田愛魅さんがレシピ監修した石原新菜医師による書籍「にんじんドレッシング健康法」によると、β-カロテンは体内に入るとビタミンAに変わり、優れた抗酸化作用で活性酸素を除去して、血圧を下げ、免疫力を高める働きもあるのだそう。さらに、β-カロテンは脂溶性なので、油と一緒に摂ることでからだに入る量がより多くなるという特徴も。

β-カロテンを多く含む食べものには、にんじん、かぼちゃ、ブロッコリー、ケールなどの緑黄色野菜や、みかんなどの柑橘類があります。

陽性食材を積極的に

さらに感染症予防で欠かせないのが、体温を上げて免疫力を高めること。体温を上げるために筋肉量を増やすためのトレーニングや、ストレッチなどの軽い運動、半身浴だけでなく、からだの中から温めてくれる食材にも注目したいところ。

からだを温める陽性食材には、ニラ、ダイコン、長ネギ、ゴボウ、タマネギといった冬に活躍する野菜が多くあります。なかでも、にんじんは陽性食材というだけでなく、β-カロテンも豊富に含まれているから、この季節はより積極的に食べたい野菜です。

もちろん、普段から十分な睡眠とバランスのよい食事でからだを整え、さらににんじんを上手にいただいて、感染症対策をこころがけたいものです。

にんじんドレッシング健康法

image via Shutterstock

知恵子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 「会話のクセ」を見直すだけで、不幸な人間関係から脱出できる

    2. チョコ&コーヒーは控えめがベター? 夏疲れケアに意識したい食べ方

    3. 夜中に目覚めて眠れない...。寝つけなくなる5つの理由

    4. いい睡眠のカギ「3R」って? ダイエットを助ける眠り方

    5. 夏バテ疲れに。簡単おかず、豚肉のオニオンジンジャーソースのレシピ

    6. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    7. 水筒にスポーツドリンクは要注意! 食中毒になる可能性も

    8. その方法あってる? ドクターが教える「正しい腸活」

    9. 医師監修の“腸内フローラ”基礎知識

    10. 卵ってヘルシーなの? 心配しないで! たっぷり食べる方がよさそう

    1. 正しい糖質制限って? 糖質が怖くなくなる6つの秘策

    2. 人生が変わる。「習慣」を味方につけると起こるいいことは?

    3. 「会話のクセ」を見直すだけで、不幸な人間関係から脱出できる

    4. 更年期が始まる年齢は、食事が関係している?

    5. 免疫治療で肺がんに勝利。アメリカの研究で明らかに

    6. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    7. 【7月の新月】自分を知るための特別なタイミング

    8. 夜中に目覚めて眠れない...。寝つけなくなる5つの理由

    9. エリザベス女王の食習慣。健康でご長寿なのは、ヘルシーな食事のおかげ?

    10. 食べたい衝動に負けない5つの方法と、ヘルシーな食生活の最新情報6つ

    1. 人からほめられたとき、この言葉は言ってはだめ! NGな返事4種

    2. 正しい糖質制限って? 糖質が怖くなくなる6つの秘策

    3. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    4. 麺類を食べても太らない3つのコツ

    5. 人生が変わる。「習慣」を味方につけると起こるいいことは?

    6. サインを見逃さないで。心臓病を防ぐ、10の身近な方法

    7. 20キロ以上やせた女性たちが紹介。ダイエットに効果的なヘルシーおやつ9つ

    8. 「会話のクセ」を見直すだけで、不幸な人間関係から脱出できる

    9. 薄い色は栄養不足? 経血の色6パターンでわかる身体の変化

    10. 人間関係をスムーズにして、「敵」を作らないためのマインド術

    気になる感染症予防に、摂りたい栄養素は?

    FBからも最新情報をお届けします。