1. Home
  2. BODY
  3. 気になる感染症予防に、摂りたい栄養素は?

気になる感染症予防に、摂りたい栄養素は?

知恵子

気になる感染症予防に、摂りたい栄養素は?

乾燥が厳しく、風邪やインフルエンザなどの感染症が流行しつつあるこの季節。気になるのはその予防法です。

β-カロテンで粘膜を健康に

感染症予防で大切なことの1つに、粘膜を健康に保つことがあげられます。鼻や喉の粘膜が乾燥していると粘膜の防御機能が低下し、ウイルスも侵入しやすくなるから。そこで味方になるのが、人体の粘膜や皮膚、免疫機能を正常に保つとされる栄養素「β-カロテン」

管理栄養士・豊田愛魅さんがレシピ監修した石原新菜医師による書籍「にんじんドレッシング健康法」によると、β-カロテンは体内に入るとビタミンAに変わり、優れた抗酸化作用で活性酸素を除去して、血圧を下げ、免疫力を高める働きもあるのだそう。さらに、β-カロテンは脂溶性なので、油と一緒に摂ることでからだに入る量がより多くなるという特徴も。

β-カロテンを多く含む食べものには、にんじん、かぼちゃ、ブロッコリー、ケールなどの緑黄色野菜や、みかんなどの柑橘類があります。

陽性食材を積極的に

さらに感染症予防で欠かせないのが、体温を上げて免疫力を高めること。体温を上げるために筋肉量を増やすためのトレーニングや、ストレッチなどの軽い運動、半身浴だけでなく、からだの中から温めてくれる食材にも注目したいところ。

からだを温める陽性食材には、ニラ、ダイコン、長ネギ、ゴボウ、タマネギといった冬に活躍する野菜が多くあります。なかでも、にんじんは陽性食材というだけでなく、β-カロテンも豊富に含まれているから、この季節はより積極的に食べたい野菜です。

もちろん、普段から十分な睡眠とバランスのよい食事でからだを整え、さらににんじんを上手にいただいて、感染症対策をこころがけたいものです。

にんじんドレッシング健康法

image via Shutterstock

    Ranking

    1. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    5. ビタミンB12の多い魚介類ベスト6。不足すると強い疲労感に襲われる

    6. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. めんつゆでパパッと完成。老化防止に「なすの煮物」

    7. 疲労回復のプロが教える、朝起きたときに疲れていない体を手に入れる方法

    8. 管理栄養士がすすめる「ダイエット弁当」の作り方

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 浮気や不倫とちょっと違う、複数の人と関係を持つ生き方

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    10. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?