1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 使い分けしてる? 乾燥が気になったら注目すべきはクレンジング

使い分けしてる? 乾燥が気になったら注目すべきはクレンジング

國本さくら

使い分けしてる? 乾燥が気になったら注目すべきはクレンジング

30歳を過ぎてから乾燥による毛穴の開きが気になりはじめ、化粧水を変えたり美容液を使ったりいろいろ試してみました。しかしあまり改善がみられず......。

自分にあったメイクオフって?

「これが歳をとるということか」とあきらめかけた頃、お仕事でご一緒したヘアメイクさんからおすすめのクレンジングをプレゼントしていただきました。当時仕事でかなり濃いメイクをすることも多かったのでしっかり落ちるオイルクレンジングを使っていたのですが、さっそくいただいたミルクタイプのクレンジングを試してみることに。すると洗いあがりの肌のつっぱりもなく翌朝もふっくらと柔らかさが残りました。どうやら私の乾燥は、クレンジングによってお肌の必要な油分まで落としすぎていたことが原因だったようです。

健康な肌、うるおいを残すために

クレンジング選びのポイント

オイルクレンジング 洗浄力が高いぶん、肌への負担も大きい。

ジェルクレンジング 程よい厚みがあり使いやすい。洗いあがりはさっぱり。

クリームクレンジング コクと重みがあり洗いあがりはかなりしっとり。

ミルククレンジング さらっとした使い心地で洗いあがりはしっとり。

代表的なクレンジング剤の特徴を洗浄力の高い順に並べてみました。一般的に洗浄力の高いものほどお肌への負担も大きくなると考えられますので、乾燥が気になる方にはポイントメイクやしっかりめの濃いメイクにはオイルタイプのクレンジングを使用し、ナチュラルメイクやデイリー使いにはクリームタイプやミルクタイプのクレンジングを使用するなど使い分けることをおすすめします。

使用量は?

クレンジング剤をたくさん使うのは肌への負担がかかるからと、少量でごしごし落としているとお肌への摩擦でかえって負担を増やすことになります。

クレンジング剤は"お肌にスルスルと抵抗なく滑る"量を目安にたっぷり手のひら全体でなじませます。

ぬるま湯で洗い流す

汚れがよく落ちるからと熱いお湯で洗うのはNG。入浴時に設定している40℃前後の温度だと、肌に必要なうるおいも洗い流してしまうため少し冷たく感じるようなぬるま湯32〜34℃で洗うのが適温だそうです。

女性は仕事やプライベートでもメイクをする機会が多く、その分お肌への負担も重くかかります。メイクの回数=オフする回数ということ。メイクオフの負担を軽くすることが健康なお肌の基盤づくりにもきっとつながるはずです。

image via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    2. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    3. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    4. ひどい肩こり解消エクササイズ「チャイルドポーズ」

    5. 高血圧や動脈硬化の危険性も。ダイエットによる「内臓肥満」を防ぐ方法

    6. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    7. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    8. 根性なしでも大成功! 精神的につらくない10kg減ダイエットって?

    9. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    10. ヨガインストラクター・ヨシミさん|My Favorite Sports vol.39

    1. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    2. 根性なしでも大成功! 精神的につらくない10kg減ダイエットって?

    3. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    4. 甘いものが無性に食べたい! 食べても許されるおやつ10

    5. プロが教える、驚くほど効果ありの簡単筋トレ

    6. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    7. みそ汁を最強のダイエット食に変える方法。自律神経の名医が考案!

    8. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    9. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    10. やせる体を作る方法。100回の腹筋よりおすすめの運動って?

    1. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    2. 焼酎は健康にいい・悪い? 肝臓専門医が教える正しい「お酒の飲み方」

    3. 女性の「心臓発作は恐ろしい」と医師。防ぐ方法は?

    4. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    5. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    6. 隣の部屋に人が寝ているとき。バレずに性行為を楽しむには?

    7. 年末年始はしっかり回復! 体だけでなく、神経からしっかり休む方法

    8. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    9. あなたも「アルコール依存症予備軍」かも。自己診断の方法は?

    10. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!