1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 使い分けしてる? 乾燥が気になったら注目すべきはクレンジング

使い分けしてる? 乾燥が気になったら注目すべきはクレンジング

國本さくら

使い分けしてる? 乾燥が気になったら注目すべきはクレンジング

30歳を過ぎてから乾燥による毛穴の開きが気になりはじめ、化粧水を変えたり美容液を使ったりいろいろ試してみました。しかしあまり改善がみられず......。

自分にあったメイクオフって?

「これが歳をとるということか」とあきらめかけた頃、お仕事でご一緒したヘアメイクさんからおすすめのクレンジングをプレゼントしていただきました。当時仕事でかなり濃いメイクをすることも多かったのでしっかり落ちるオイルクレンジングを使っていたのですが、さっそくいただいたミルクタイプのクレンジングを試してみることに。すると洗いあがりの肌のつっぱりもなく翌朝もふっくらと柔らかさが残りました。どうやら私の乾燥は、クレンジングによってお肌の必要な油分まで落としすぎていたことが原因だったようです。

健康な肌、うるおいを残すために

クレンジング選びのポイント

オイルクレンジング 洗浄力が高いぶん、肌への負担も大きい。

ジェルクレンジング 程よい厚みがあり使いやすい。洗いあがりはさっぱり。

クリームクレンジング コクと重みがあり洗いあがりはかなりしっとり。

ミルククレンジング さらっとした使い心地で洗いあがりはしっとり。

代表的なクレンジング剤の特徴を洗浄力の高い順に並べてみました。一般的に洗浄力の高いものほどお肌への負担も大きくなると考えられますので、乾燥が気になる方にはポイントメイクやしっかりめの濃いメイクにはオイルタイプのクレンジングを使用し、ナチュラルメイクやデイリー使いにはクリームタイプやミルクタイプのクレンジングを使用するなど使い分けることをおすすめします。

使用量は?

クレンジング剤をたくさん使うのは肌への負担がかかるからと、少量でごしごし落としているとお肌への摩擦でかえって負担を増やすことになります。

クレンジング剤は"お肌にスルスルと抵抗なく滑る"量を目安にたっぷり手のひら全体でなじませます。

ぬるま湯で洗い流す

汚れがよく落ちるからと熱いお湯で洗うのはNG。入浴時に設定している40℃前後の温度だと、肌に必要なうるおいも洗い流してしまうため少し冷たく感じるようなぬるま湯32〜34℃で洗うのが適温だそうです。

女性は仕事やプライベートでもメイクをする機会が多く、その分お肌への負担も重くかかります。メイクの回数=オフする回数ということ。メイクオフの負担を軽くすることが健康なお肌の基盤づくりにもきっとつながるはずです。

image via Shutterstock

    specialbanner

    Ranking

    1. 人気トレーナーが語る。眠りと機能美エクササイズの重要な共通点とは?

    2. 一度クサくしてしまった服を、劇的に復活させる方法。洗濯王子が教えます!

    3. ぜんぶ、捨てていい。伝説の経営者に学ぶ生きるヒント

    4. O脚、ガニ股にサヨナラ。2ステップの簡単ストレッチ

    5. くびれたいなら「背中」を刺激! 1日3分で結果が出る2つの運動

    6. ちゃんと洗ったのになんかクサい。服のニオイがとれない理由って?

    7. 簡単すぎる! 高タンパクで栄養満点「フムス」のアレンジレシピ

    8. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    9. これからは「人を許せない」気持ちが増幅していく/脳科学者・中野信子さん

    10. 正義中毒の対象になるのは、集団のルールを乱す人/脳科学者・中野信子さん

    1. 人気トレーナーが語る。眠りと機能美エクササイズの重要な共通点とは?

    2. 一度クサくしてしまった服を、劇的に復活させる方法。洗濯王子が教えます!

    3. O脚、ガニ股にサヨナラ。2ステップの簡単ストレッチ

    4. ぜんぶ、捨てていい。伝説の経営者に学ぶ生きるヒント

    5. ぽっこりおなか、更年期太りかも。食べても太らない体になる方法

    6. きゅっと引き締まったヒップを手に入れる! じわり美尻トレーニング

    7. 簡単すぎる! 高タンパクで栄養満点「フムス」のアレンジレシピ

    8. ダイエットを成功へと導く「体重測定」のコツ。体重をはかるとなぜ痩せる?

    9. 臀部と内転筋を重点的に鍛える!下半身の自重トレーニング

    10. ちゃんと洗ったのになんかクサい。服のニオイがとれない理由って?

    1. 潰すとクサい! 咳やくしゃみで飛び出る「白い塊」の正体は?

    2. 「部屋着で寝ちゃう」人が今日からパジャマを着たくなる、これだけの理由

    3. 糖質コントロールしやすい「大豆バー」こそ、おすすめのヘルシーおやつだった

    4. 勝手にやせていく体作り。つらさゼロで激やせできた理由

    5. ちゃんと洗ったのになんかクサい。服のニオイがとれない理由って?

    6. 「脚上げ腹筋」で引き締まったお腹とスリムな美脚に鍛える

    7. あなたは大丈夫? 正しいムダ毛処理のやり方をチェック

    8. スウェットで寝ていい? 専門家が教える「パジャマ選び」の5つのコツ

    9. おしゃれすぎる「プロ用洗剤」がカビ、水垢、油汚れを簡単に落とす

    10. 一度クサくしてしまった服を、劇的に復活させる方法。洗濯王子が教えます!

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    マーキュリー占星術

    毎月25日に更新中

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら