1. Home
  2. STYLE
  3. 流星に新年の願いを。好条件で「しぶんぎ座流星群」が到来! ピークはいつ?

流星に新年の願いを。好条件で「しぶんぎ座流星群」が到来! ピークはいつ?

星と暮らす

景山えりか

流星に新年の願いを。好条件で「しぶんぎ座流星群」が到来! ピークはいつ?

毎年1月4日前後に活動のピークを迎えるのが「しぶんぎ座流星群」です。この流星群の特徴は、活動が活発になる期間が数時間と短いこと。ですから、活動のピークが昼間にあたると、見られる流星の数がぐんと少なくなってしまいます。それでは、2017年はどうでしょうか。

今年初の流星群、3日23時から

2017年の場合、活動のピークは1月3日(火)23時頃と予想されています。さらに、活動が活発になる前に月が沈んでしまうので、月明りの影響もありません。これはラッキーです! というわけで、見頃となるのは「3日(火)23時過ぎから4日(水)未明まで」になります。

今年は好条件なので、街灯りのとどかない暗い夜空で、見晴らしの良い場所なら、1時間に30~40個の流星が見られるでしょう。また、市街地に近い場所でも、1時間に10個くらいの流星が数えられそうです。

空全体を見渡すのがポイント

夜空を見上げるときには、方角を気にする必要はありません。一定の方角だけを見るよりも、空全体を広く見渡したほうが、より多くの流星がキャッチできます。

今年初の流星に出合えたら、ぜひ新年の願いをかけてみてくださいね。一説によると流星は、天にいる神様が、地上の様子をのぞこうとして天の蓋をそっと開けたとき、ひと筋もれ出てしまった光なのだそう......だから流れ星が消えないうちに願い事をとなえると、神様に直接届くというわけです。あなたのその願いが、神様に届きますように。

>>連載「星と暮らす」をもっと読みたい

image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    2. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    5. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    6. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    7. 生理予定日はコントロールできる?生理について7つの疑問

    8. ポーチにもぴったり! 収納力抜群な撥水ペンケースで身軽にお出かけ

    9. ママ友との付き合いでは「女」度を下げるのが得策? その理由とは

    10. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    4. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    5. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    6. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    7. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 何十年も熟睡できなかった男性が行き着いた、究極の快眠方法とは?

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    7. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    8. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    9. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    10. 成果の出る正しいスクワット法。足や太もも、部位別にレクチャー