1. Home
  2. STYLE
  3. 断然、冬がいい。軽井沢のホテルで癒される贅沢温泉旅

断然、冬がいい。軽井沢のホテルで癒される贅沢温泉旅

小林繭

断然、冬がいい。軽井沢のホテルで癒される贅沢温泉旅

軽井沢というと避暑地のイメージですが、ゆっくりと大人の時間を過ごしたいなら断然冬がおすすめです。

冬の軽井沢で贅沢な大人旅を楽しむ

夏は観光客でごった返すリゾートタウンもこの時期はひっそりとした静寂に満たされ、騒々しさや煩わしさとは一切無縁。意外と見落とされがちですが、軽井沢は名湯を誇る温泉地。昔から「草津の上がり湯」として知られるその温泉を楽しむなら、真冬がベストです。どうせなら"思い切り贅沢を追求する"をテーマに、冬の軽井沢の魅力を発見する旅をしてみてはいかがでしょうか。

20170112_hoshinoya1.jpg

あこがれの大人旅のはじめとしておすすめなのが、「星のや軽井沢」へのステイ。「現代を休む日 谷の集落に滞在する」をコンセプトに、リゾート全体が静かな森の中にある「星のや軽井沢」は、すぐそばに自然を感じ、自然の中に溶け込む滞在ができるのが最大の魅力です。

湖畔に浮かぶように点在する客室の景観が有名ですが、時間とともに色彩を変える山の景色を真正面に眺める客室や、暖炉付きの客室など、それぞれ趣向の異なる客室はどれも魅力的で、宿泊する部屋によってその印象も大きく変わります。共通しているのは、真冬であってもテラスに出ずにはいれないという点。客室から一歩テラスに出れば、そこはもう自然と一体となった空間で、手を伸ばせばすぐそこに木々や水や星や森の生き物たち。真冬にわざわざコートを着込み、暖房をセッティングし、テラスでコーヒーやビールを楽しむゲストがすくなくないというのもじつに納得です。

客室のテラスからの眺めはもちろんですが、木々を移動する野鳥の姿を追いかけながら敷地内を散策するのも楽しいもの。正直リゾートから一歩も出ずに、温泉とお部屋を行ったり来たりのんびりと過ごすのが一番の贅沢のように思うのは私だけではないはず。

大正時代から湧き出る美肌の湯でデトックス

20170112_hoshinoya5.jpg

古くから外国人宣教師たちによって別荘地として開けた軽井沢は、文豪たちに愛されてきた場所としても知られますが、その名をあげてみると北原白秋、島崎藤村、芥川龍之介、志賀直哉、与謝野晶子......とそうそうたる顔ぶれがならびます。そんな彼らも愛した軽井沢のお湯が「星のや温泉 トンボの湯」。小川に面した源泉掛け流しの岩風呂が自慢の、やわらかで無色透明な美肌の湯です。

大正4年に開湯し、名だたる文人たちを癒してきたこの湯は、ゆっくりと浸かるほどやさしく、肌を包み込んでくれるのです。入浴後もいつまでもぽかぽかと身体が温かいのが特徴なので、気温がぐっと冷え込むこの時期こそ、その効能を発揮します。個人的に楽しみにしているのが、湯上りにそのままの格好で眺める星空。すっかり温まった身体で、凛と澄んだ空気を頰に感じながら満天の星空を眺めるなんて、都会ではけっしてできない贅沢です。

光と闇が織りなす究極のリラクゼーションバス

20170112_hoshinoya7.jpg

じつは「星のや軽井沢」には、もうひとつ究極のリラックスを追求した温泉があります。その名も「メディテイションバス」。こちらの施設は宿泊客のみ利用可能な新しいスタイルの温泉で、身体と呼吸を調える「光の部屋」と「闇の部屋」と呼ばれるふたつの部屋で、ぬるめのお湯にじっくりとつかりながら五感を解放していくための施設

その「闇の部屋」での瞑想タイムを一言で言うと、ほかでは体験できないディープなリラクゼーション。はじめての人はみな最初はちょっとおっかなびっくりですが、ぷかぷかとお湯に浮かびながら瞑想をする心地よさはぜひ体験してほしいもの。すっかりやわらかくほぐれた身体で、湯上りにストレッチやヨガをする時間を持てるなんて、まさに自分へのご褒美。日常のことはすべて遠くへ追いやり、そこにあるリラクゼーションに心も身体もどっぷりと浸かる。そんな濃厚なリラクゼーションタイムが堪能できます

リゾートを一歩も出ずとも温泉だけですっかり満ちたりてしまいますが、軽井沢星野エリアには見所がいっぱい。おこもりではない軽井沢を楽しみたいという人は、もちろん観光やショッピング、ウインターアクティビティを楽しむのがいいでしょう。

20170112_hoshinoya8.jpg

一年を通して人気の「軽井沢高原教会」や「石の教会 内村鑑三記念堂」を訪れるのもいいし、さまざまなショップやレストランがならぶ「ハルニレテラス」でおいしいスイーツやコーヒーをいただいたりお土産を選んだりも楽しい時間。森の散策道を歩きながら、冬の軽井沢の雰囲気を楽しんでみてはいかがでしょう。

20170112_hoshino4.jpg

そして、真冬のお楽しみといえば、何と言ってもこの冬オープンした「ケラ池スケートリンク」。美しく広がる浅間山を背景に、一面を森に囲まれた野外のスケートリンクです。冬の「星のや軽井沢」ステイでは、特別にこのケラ池スケートリンク場に登場する「冬ノ森cafe&bar」を利用することもできます。宿泊者限定で夕食後に夜のスケートリンクを眺めながら、ホットワインやウォッカなどのアルコールが楽しむことができるという大人の企画。東京では決して体験できない夜の森と夜のスケートリンクで、日常から解放されたロマンティックな夜を体験してみるのもすてきです。

ちなみに、東京から軽井沢は新幹線でわずか1時間。思い立ったらすぐに行けるアクセスのよさが冬のリラックス旅にぴったりです。おこもり派もアクティブ派も、温泉と冬の味覚と究極の癒しを求めて、静かな冬の軽井沢で大人の贅沢ステイをどうぞ。

星のや軽井沢

    specialbanner
    specialbanner

    Ranking

    1. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    2. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    3. 編集部が自腹買いした優秀コスメ。コスパよすぎの保湿アイテムは?

    4. 【クイズ】水餃子と焼き餃子。老けたくないならどっちを選ぶ?

    5. 運動習慣がある人も脳卒中に襲われる! その怖さを体験者が激白

    6. お尻の筋肉を気持ちよくほぐす! 「小尻」をめざせるストレッチ

    7. 【クイズ】ぐっすり眠るために、夜に摂るといいのは緑茶? はちみつ?

    8. だるさや疲労感を改善する、ちょっとした生活習慣のヒント4つ

    9. 【動画】頭痛は、首をつまむだけの簡単ケアで解消。即効性あり!

    10. 【人生最後のダイエット#1】ここまで太ってダイエットしない理由は何だ

    1. 血圧を下げる3か条。積極的に摂るべきフードは?

    2. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    3. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    4. 編集部が自腹買いした優秀コスメ。コスパよすぎの保湿アイテムは?

    5. だるさや疲労感を改善する、ちょっとした生活習慣のヒント4つ

    6. 硬い体がみるみるやわらかくなるポーズ。座ってできます!

    7. アボカドをひと晩で完熟に! キッチンにあるもので簡単にできる裏技

    8. 座りっぱなしの人はやるべき。お尻をやわらかくするポーズ

    9. 「反り腰」を改善する簡単ストレッチ。腰痛やO脚の原因にも!

    10. 「一日でやることは3つだけ」。全米でバズったライフハック

    1. 普段よりうんちがくさくなる9つの理由を医師が説明

    2. アボカドをひと晩で完熟に! キッチンにあるもので簡単にできる裏技

    3. なぜ眉メイクは難しい? 失敗しないポイントは3つ

    4. 躁とうつを繰り返す「双極性障害」はどんな病気? 有名人がつらさを告白

    5. 血圧を下げる3か条。積極的に摂るべきフードは?

    6. 30日間、毎日ダークチョコを食べる研究でわかったこと

    7. あなたの砂糖中毒度はどのくらい? 摂りすぎをチェックする8つの質問

    8. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    9. 硬い体がみるみるやわらかくなるポーズ。座ってできます!

    10. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は