1. Home
  2. EAT
  3. 糖質オフダイエットを続けるには、タンパク質に強化を #ポジティブ栄養学

糖質オフダイエットを続けるには、タンパク質に強化を #ポジティブ栄養学

ポジティブ栄養学

吉川圭美

糖質オフダイエットを続けるには、タンパク質に強化を #ポジティブ栄養学

こんにちは。栄養士・栄養カウンセラーの吉川圭美です。肌も体調も、気分上々な私は栄養でつくれる! もっと味方につけていきましょう。

今回は、今年トレンドだったダイエット法、糖質オフについて。

ウエイトダウンしやすいが、挫折する人も

引きつづき話題の糖質オフ。ビールやスイーツ、パンなど、糖質オフを謳った商品が次々と登場し、より一般的になっているのを感じます。その魅力は、比較的短期間で体重が落ちやすいこと、カロリー計算などめんどうなことをしなくていいこと、などでしょう。

しかし一方で挫折してしまった人もちらほら......。そういう方たちは、糖質はもちろん、脂肪もタンパク質も控えめにしてしまっているのでは、と感じたりもします。

というのも、女性はもともとヘルシー志向の方も多く、「脂肪は太る」「肉は身体に悪い」というイメージからとるのを避けてしまい、糖質まで控えることから起こるとも考えられます。糖質オフをするときこそ、これらをしっかりとることが大切なのですが......。

『高タンパク低糖質』を意識する

「糖質をオフする、と考えるのではなく『高タンパク低糖質』を意識して」とは、私が栄養の勉強のなかで学んだこと。そうすることで、太りにくさはもちろん、風邪を引きにくくなったり、傷が治りやすくなったり、爪や髪がしっかりしてきたりと、身体の土台を強くすることにつながるというわけです。さらには糖の過剰摂取をしないことで、イライラやだるさ、集中力低下、食後の眠気、糖化による生活習慣病のリスクなども防ぐことができます。私もいまはこの言葉にならって、肉や魚、卵をかなりしっかり食べるようにしています。

タンパク質をしっかりとるには?

ごはんと野菜をメインにした食生活を送っていた私は、どうやってタンパクを取り入れたらいいのか悩んでいましたが、普段の食事にタンパクを"盛る"感じにするとスムーズにいくことがわかってきました。たとえばオムレツを作るときには卵1つを3つにしてチーズをたっぷり入れる、みそ汁を作るときには豚肉や豆腐を多めに入れる、など。すると私の場合、自然と糖質の量を減らすことができるようです。

肉や魚をとっていると、脂肪燃焼にかかわる鉄やビタミンB群がとれるのもうれしいところです。ボリュームのある料理も多いので、自然と野菜をたっぷり食べることにもつながっています。

ガマンしすぎないのもポイント

食後に甘いものが食べたいときは、糖質オフのチョコレートを一口。ただ経験上、ガマンしすぎると反動が来ることも体得しているので、イベント時にはおいしくいただくようにしています。

身体の土台でもあるタンパクを重視する食事は、太りたくない、でも健康にも気を遣いたい、キレイも意識したい、という人に合っているように感じます。

ポジティブ栄養学をもっと読む>>

image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    4. 抜け毛、白髪などエイジングの悩みに。美容のプロおすすめのヘアケア

    5. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「ひざの腫れ」に隠された5つの原因。痛くて歩けないのは虫のせいかも

    8. セックス博士に聞きました!「女性は一晩で何回イケますか?」

    9. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    10. トレーナーお墨つきの即効性! おなかのたるみがスッキリする、脂肪を落とすエクササイズ8

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    3. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?

    4. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    5. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    6. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    9. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    10. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    5. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    9. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた