1. Home
  2. MIND
  3. どこが違う? 褒め上手がしていること【なぜか人が集まるあの子の秘密】

どこが違う? 褒め上手がしていること【なぜか人が集まるあの子の秘密】

なぜか人が集まるあの子の秘密

どこが違う? 褒め上手がしていること【なぜか人が集まるあの子の秘密】

飛びきり、ルックス、顔がいいわけでもなく、なぜか男女問わず人気がある女性があなたの周りにもいると思う。そんな女性たちを私は、人並み外れた回数の合コンという戦場の中で観察してきた。今回もその視点から人が集まる子の生態について紹介していく。

男女ともに褒められて嬉しくない人はいないだろう。特に男性はプライドの生き物と言われるくらいだ。自分の過去の栄光や今の自分の頑張りを褒められると、簡単なくらい調子にのる。今回は、「褒め方」のスキルについて紹介する。

28歳 広告代理店OL みさきちゃん(仮名)の場合

みさきちゃんは、僕が主催した合コンの幹事が連れてきた女子チームの中にいた。広告代理店でクリエイティブの仕事をしているということもあり、インテリジェンスな感じだった。かつ見た目が一見クールなイメージなこともあり、若干話しかけづらい雰囲気をかもしだしていた。

お酒を飲み交わしながら話をしていくうちに、だんだん打ち解け、すごく良い子だと思えるようになった。第一印象があまり良くないタイプのみさきちゃんのギャップにやられる男性は多いと思う。ただ、彼女の魅力はそれだけではなかった。それは、僕との会話の中での褒め方の部分にあった。

みさき:「TETUYAさんって、やさしそうに見えてじつは男らしいですね。」

それは、過去の恋愛経験や後輩との接し方などの話から、僕を評した彼女の一言だった。

観察結果「ギャップを見つけて褒める」

みさきちゃんの魅力は、ギャップを見つけて褒めるところだ。「かっこいいですね」「身長が高くて素敵ですね」「おしゃれですね」など、外見を見れば想像がつくことを褒めるのは、誰でも簡単にできる。

一歩先を行くコミュ力の高い人は、見た目からはわからない内面的要素を、雰囲気と会話から序盤で見つけ出して褒めることができるのだが、大抵の人は難しく感じるだろう。

そんな人はファーストステップとして、相手の、見た目の印象とは違ういい意味でのギャップを適当に言ってあげるといい。たとえば、「草食そう」な見た目のタイプには、「やさしそうに見えて、じつは男らしいんですね」。逆に「肉食そう」な見た目タイプには、「強気そうに見えて、じつはやさしいんですね」といった感じだ。意外と男性は、みさきちゃんのような、自分自身が知らなかった一面を探し当ててくれるタイプの女性に弱いものである

そこには正解はないし、「そう」をつけることで、あなたの主観的発言になっている。人がどう思うかは自由だ。言われた側としては間違いなく、自分にはそういう一面があるのかと新しい発見に驚くと同時に、知らない自分を見つけてくれたあなたにちょっと感謝するはずだ。

(イラスト・たなかみさき)

TETUYA

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 整形外科医8人に聞いた、骨を強くするために毎日実践していること

    2. 心拍数からわかる身体のSOS。その原因は?

    3. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    4. あなたの砂糖中毒度は? クイズ形式でチェック

    5. あとを残さず素肌美人になるためのキズ対処法4つ

    6. 置き換えダイエットをためす前に知っておきたいメリット・デメリット

    7. いま、日本ワインがどんどん美味しくなってるって知ってた?

    8. 好感度が上がる頭皮コンディショニング法

    9. 夏至の日からの過ごし方:変化やチャンスを活かせる自分をはぐくもう

    10. 生理、睡眠、活動量。女性の健康をサポートするスマートウォッチ「Fitbit Versa」が登場!

    1. 牛乳と豆乳、結局どっちを摂るべき? 気になる答えが明らかに

    2. 関節のスペシャリストが「とにかく避けるべき」と話す4つのエクササイズ

    3. 「コーヒーを飲むとがんになる」は本当?

    4. 「5大がん検診」って? 受けるべきがん検診は何だか知っていますか?

    5. 整形外科医8人に聞いた、骨を強くするために毎日実践していること

    6. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    7. あなたの砂糖中毒度は? クイズ形式でチェック

    8. 1週間に7杯を超える飲酒が寿命を縮めるという研究結果

    9. 1日30分のウォーキングで得られる心身への効果

    10. あとを残さず素肌美人になるためのキズ対処法4つ

    1. 心臓によくないと言われる食べ物7つ

    2. 空腹感を満たしたいとき、各国のトップ栄養士が食べている12のおやつ

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 糖尿病のリスクを上げる意外な食習慣

    5. 牛乳と豆乳、結局どっちを摂るべき? 気になる答えが明らかに

    6. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    7. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    8. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    9. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    10. 「果物を食べると太る」は誤解。糖質が怖くなくなるズルイ食べ方

    どこが違う? 褒め上手がしていること【なぜか人が集まるあの子の秘密】

    FBからも最新情報をお届けします。