1. Home
  2. EAT
  3. エイジングケアに欠かせない脂肪と、その上手な摂り方 #ポジティブ栄養学

エイジングケアに欠かせない脂肪と、その上手な摂り方 #ポジティブ栄養学

ポジティブ栄養学

吉川圭美

エイジングケアに欠かせない脂肪と、その上手な摂り方 #ポジティブ栄養学

こんにちは。栄養士・栄養カウンセラーの吉川圭美です。肌も体調も、気分上々な私は栄養でつくれる! もっと味方につけていきましょう。

今回は、老化のスピードを左右する脂肪と、その摂り方について。

動物性の脂も上手に取り入れる

ローストチキンやミートローフなど、肉を使った料理が多く並ぶクリスマス。なかには、肉の脂を気にする人もいるかもしれません。身体に悪そうだからと皮目や脂身を外して食べる、といった風景もよく見かけます。でも、肉の脂に含まれる飽和脂肪酸は、脂肪のなかでも、シミやシワの原因ともいわれる酸化の影響をもっとも受けにくい、つまり老化しにくい脂といえるのです。

「すべての植物油はヘルシー」は誤解!?

ここで少々おさらい。酸化とは、呼吸や体内でのエネルギー作りなどで生まれる活性酸素によって、細胞の膜などが破壊されてしまうこと。たとえば肌のコラーゲン細胞が酸化を受けると、シワやたるみにつながってしまうこともあるんです。

油は大きく分けて、肉やバター、ココナッツオイルに多い飽和脂肪酸、サラダ油や魚の脂、アマニ油に多い不飽和脂肪酸と2つに分類できます。このうち不飽和脂肪酸は不安定な化学構造をしていて、熱や酸素、光などに弱く、酸化の影響を受けやすいのです。「アマニ油は加熱厳禁」「早めに食べきって」というのもそういった理由から。さらに、油は炒め物や揚げ物に使うことが多く、加熱による影響も気になります。酸化した油はシミやくすみを引き寄せ、老化のスピードを早めてしまうことに。さらに生活習慣病などにも影響します。

若々しさのために脂肪は欠かせない

一方、飽和脂肪酸は構造的に安定しているため酸化に強め。体内で作られているものでもあり、女性ホルモン作りにかかわるコレステロールも増やしてくれます。

脂肪は人間の身体に欠かせないもの。だからこそ、とり方を意識するだけで若々しさにも影響が出てきます。透明感のある、プリッとした肌をキープするのも脂肪次第、というわけです。

老化が気になるのなら、料理を食べるときも、コロッケなどの揚げ物よりも、ローストチキンなどをチョイスするのが賢い選択。脂身ごと食べることで満足感も高く、そのせいか糖質を控えることができるのも、個人的にはうれしいところです。もちろん食べ過ぎはよくありませんが、敬遠しすぎず、おいしく味わってみましょう。

ポジティブ栄養学をもっと読む>>

image via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 1か月あれば体重は何kg減らすことができる? リバウンドを防ぐには?

    2. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 出血が多くても生理だから仕方ない!と思っていませんか?過多月経は治療できます

    5. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    6. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    7. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    8. ダイエット開始後すぐに体重が減るのはなぜ? 管理栄養士がアンサー

    9. ネガティブな感情で頭がいっぱい? あなたを解き放つ3つの処方箋

    10. もがき苦しんだ“燃え尽き症候群”と伊達公子さんから学んだこと〜元マラソンランナー・市橋有里

    1. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    2. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    3. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    4. 1か月あれば体重は何kg減らすことができる? リバウンドを防ぐには?

    5. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    6. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    7. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    8. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    9. 成果の出る正しいスクワット法。足や太もも、部位別にレクチャー

    10. ジム通い不要の万能筋トレ「プランク」、比較的ラクに行うコツは?