1. Home
  2. EAT
  3. エイジングケアに欠かせない脂肪と、その上手な摂り方 #ポジティブ栄養学

エイジングケアに欠かせない脂肪と、その上手な摂り方 #ポジティブ栄養学

ポジティブ栄養学

エイジングケアに欠かせない脂肪と、その上手な摂り方 #ポジティブ栄養学

こんにちは。栄養士・栄養カウンセラーの吉川圭美です。肌も体調も、気分上々な私は栄養でつくれる! もっと味方につけていきましょう。

今回は、老化のスピードを左右する脂肪と、その摂り方について。

動物性の脂も上手に取り入れる

ローストチキンやミートローフなど、肉を使った料理が多く並ぶクリスマス。なかには、肉の脂を気にする人もいるかもしれません。身体に悪そうだからと皮目や脂身を外して食べる、といった風景もよく見かけます。でも、肉の脂に含まれる飽和脂肪酸は、脂肪のなかでも、シミやシワの原因ともいわれる酸化の影響をもっとも受けにくい、つまり老化しにくい脂といえるのです。

「すべての植物油はヘルシー」は誤解!?

ここで少々おさらい。酸化とは、呼吸や体内でのエネルギー作りなどで生まれる活性酸素によって、細胞の膜などが破壊されてしまうこと。たとえば肌のコラーゲン細胞が酸化を受けると、シワやたるみにつながってしまうこともあるんです。

油は大きく分けて、肉やバター、ココナッツオイルに多い飽和脂肪酸、サラダ油や魚の脂、アマニ油に多い不飽和脂肪酸と2つに分類できます。このうち不飽和脂肪酸は不安定な化学構造をしていて、熱や酸素、光などに弱く、酸化の影響を受けやすいのです。「アマニ油は加熱厳禁」「早めに食べきって」というのもそういった理由から。さらに、油は炒め物や揚げ物に使うことが多く、加熱による影響も気になります。酸化した油はシミやくすみを引き寄せ、老化のスピードを早めてしまうことに。さらに生活習慣病などにも影響します。

若々しさのために脂肪は欠かせない

一方、飽和脂肪酸は構造的に安定しているため酸化に強め。体内で作られているものでもあり、女性ホルモン作りにかかわるコレステロールも増やしてくれます。

脂肪は人間の身体に欠かせないもの。だからこそ、とり方を意識するだけで若々しさにも影響が出てきます。透明感のある、プリッとした肌をキープするのも脂肪次第、というわけです。

老化が気になるのなら、料理を食べるときも、コロッケなどの揚げ物よりも、ローストチキンなどをチョイスするのが賢い選択。脂身ごと食べることで満足感も高く、そのせいか糖質を控えることができるのも、個人的にはうれしいところです。もちろん食べ過ぎはよくありませんが、敬遠しすぎず、おいしく味わってみましょう。

ポジティブ栄養学をもっと読む>>

image via Shutterstock

吉川圭美

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    2. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 心臓と血管のため40歳までに変えるべきことは?

    5. 健康な食事の基本。食生活にプラスしたいこと、マイナスしたいこと

    6. レモン水をめぐる5つの迷信

    7. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    8. 腰痛を引き起こす8つの習慣、しつこい痛みにサヨナラ

    9. 肌の疾患が心臓病のリスクをあげる? 意外な5つの原因

    10. おいしく食べて、心身が整う。軽井沢のヴィーガンレストラン

    1. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    2. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    3. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    6. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    7. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    8. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    9. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    5. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    8. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    9. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    10. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    エイジングケアに欠かせない脂肪と、その上手な摂り方 #ポジティブ栄養学

    FBからも最新情報をお届けします。