1. Home
  2. STYLE
  3. 足元を変えたら暮らしが変わる、毎日履きたいスニーカー3選

足元を変えたら暮らしが変わる、毎日履きたいスニーカー3選

暮らしワンランクアップ

足元を変えたら暮らしが変わる、毎日履きたいスニーカー3選

お買い物が好きなのは、そのわくわく感と新しいものが新しい運を運んできてくれる気がするから。

2017年の私的テーマは「暮らしワンランクアップ」。お買い初めは何にしようか、ずっと考えていました。思いついたのはスニーカーです。

素敵な靴は、素敵な場所へ連れて行ってくれる

NB_001.jpg欧米でよく知られる言い伝えに、「素敵な靴は素敵な場所へ連れていってくれる」という言葉があります。さすがはファッションの国、装うことで未来が変わることを教えてくれる、大好きな言葉です。

この言葉から連想しやすいのはハイヒールですが、スニーカーだってきっと当てはまるはず。繊細なヒールは普段は履きづらいけれど、スニーカーならそれこそ毎日だって、素敵な場所に連れていってくれるかも。なんといっても最近は、履き心地がよく、機能性もデザイン性も優れたスニーカーがたくさんあるから、見ているだけで気分も高まります。

しっかりホールド、街になじむデザイン

NB9263_cmyk_01.jpgいま狙っているのは、長年愛用している「ニューバランス」の最新モデル。歩くほど、そのホールド感と履き心地の良さがわかる「ニューバランス」は、大人に似合うシックなデザインが多いのも魅力です。

運動といえばウォーキング......に近い散歩がメインの私の要チェックは、「WX99 WS」。斬新なスリット構造が特徴で、足の動きに合わせて自然に曲がり、確かな安定感とグリップ力を実感できるとのこと。

白からグレーへの美しいグラデーションにも惹かれました。足元に明るい抜け感を出しつつ、浮き過ぎずになじみそう

ニットとワイドパンツをオールグレーのワントーンで合わせて、このスニーカーを履いたら――なんて、妄想がふくらみます。買うならもちろん、運動するときだけでなく、タウンユースできるデザインを選びたい。

NB_08.jpg

それに、こんな落ち着いたデザインなら、流行りのアスレジャー(スポーツミックススタイル)にも挑戦できそうです。同じ「ニューバランス」のベストを合わせれば、気になる腰まわりも隠せるし......すっきり!

スカートにスニーカー。脱ヒールが楽しい

NB_02.jpg普段ヒール靴が多いなら、足元をスニーカーに変えるだけで、世界が広がったように感じるもの。女性らしいスカートにスニーカーを合わせて、あえてハズした着こなしを楽しむ余裕があると、その軽やかさにいつもの景色も新鮮に見えてきます。

洋服ではちょっと勇気がいるピンクも、スニーカーなら気軽にチャレンジできそう。気になるのは、ふんわりしたカラーリングが女性らしい「U420」。ランニングシューズとして人気の「M320」の後継モデルです。

アッパーはスウェードだから、ピンクでも派手すぎなくていい感じ。足元アクセントにぴったりで、履いているだけで気分を盛り上げてくれそう。

クラシックなスニーカーで週末をアクティブに

NB_03.jpg自転車で隣町まで。アクティブに動きたい週末こそ、スニーカーが頼りになります。清潔感のある白シャツとパンツに合わせるなら、モダンかつクラシックな「WL999」。足元をサポートしてくれる心地よい安心感に包まれて、趣味のギャラリー巡りがはかどりそう。

ひと目で「かわいい!」と思ったのは、白地に紺とパープルのトリコロール。スポーティにもきれい目にも、活躍度が高そうです

NB_006.jpg

1000点満点中990点と、「ニューバランス」が自ら広告をうったことで話題になった「M990」。以後、連綿と続いてきた「99X」シリーズの20周年記念モデルが、この「WL999」です。せっかくのお買い初めだから、ブランドのヒストリーを感じさせる定番スニーカーを手に入れるのもいいな――と迷ってしまいます。

新しい靴を履いて、新しい年へと歩き出す。「ニューバランス」の新モデルは、そんな華やいだ気分にさせてくれる名品ばかり。これならテイストやライフスタイルに合った、とっておきの一足がみつかりそうです。

[ニューバランス]

Sponsored by 田邉愛理

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 「野菜から食べてもやせませんよ」教授が教える、太りやすい理由

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. 睡眠不足は「がん」につながる? 主治医がよく聞かれる6つの質問

    4. 「朝ごはんを抜く人は早死にする」? 健康と筋肉に効く食事とは

    5. ビタミンB12が不足すると起きる9つのサイン

    6. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. ストレス対策には、ヤケ食いより「ヤケ筋トレ」がおすすめ!

    1. 長友佑都さんの人生を変えた食事法とは? 夫婦で不調知らずに

    2. 糖質制限ですぐに体重が落ちるのはなぜ? 勘違いポイントを教授が解説

    3. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    4. ひどい肩こりは鍛えてなおす! 肩こり解消ストレッチ&筋トレ5選

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 子宮頸がん検診の受診率、意外な結果が...

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. コーヒー・紅茶は一日何杯まで? 老けない7つの食材&食べ方

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    6. アル中よりこわい「グレーゾーン飲酒」って? 体験者の告白が壮絶

    7. 体重計ではわからない、実はやせてきている10のサイン

    8. 長友佑都さんの人生を変えた食事法とは? 夫婦で不調知らずに

    9. 糖質制限ダイエットの正しい方法。お腹いっぱい食べてもOK!

    10. 女性が食べるとよい10の食材。乳がんリスクを下げやすいのは?