1. Home
  2. EAT
  3. パンケーキが見違える「最高のオイル」日本初上陸

パンケーキが見違える「最高のオイル」日本初上陸

林 ゆり

パンケーキが見違える「最高のオイル」日本初上陸

アハラ ラーサ オーガニックギー 237ml 2,300円(税抜)

年末に向けて、ホームパーティやお菓子作りなど、何かと調理する機会が増えます。せっかくなら、おいしく、健康的なものを作りたいと思いますよね。そんなときにぴったりな「アハラ ラーサ オーガニックギー」が日本初上陸です。

スーパーオイル"オーガニックギー"とは

1222oil_11.jpgギー(Ghee)とは、発酵無塩バターを鍋に入れ、煮詰める過程でバターから水分やたんぱく質を除去した純粋なオイルのことです。インドの伝統医学であるアーユルヴェーダでは、「からだのための最高のオイル」と呼ばれ、約5,000年前から日常的に料理や美容、健康のために活用されているのだそう。

20161222_oil1.jpg
アハラ ラーサ オーガニックギー 237ml 2,300円(税抜)

中鎖脂肪酸や共役リノール酸が多く含まれ、一般的なオイルより約5倍早くエネルギーに変換されるため、脂肪になりにくいといううれしい性質もあります。バターより、ビタミンAやカロチン、ミネラル、オメガ3などの栄養素が豊富で、風味がしっかりしているのも特徴。高温でもこれらの栄養素が壊れにくいので、加熱調理にもぴったりのオイルです。

オイルの代わりはもちろん、香りづけとしても

バターを煮詰めて作られるギーの味と品質は、当然のことながら素材となるバターで決まります。「アハラ ラーサ オーガニックギー」は、オーガニックでグラスフェッドであることはもちろん、アーユルヴェーダのギーレシピに基づいた発酵バターのみから作られています。見た目はバターとほぼ同じですが、味と香りがよりしっかりしています。

1222oil_12.jpgまずは、焼きたてのトーストやパンケーキで試すのが、一番ギーの味を感じられるかも。熱を加えても栄養素が壊れにくいので、カレーなどの煮込み料理にコクを出すためや、炒めものにもぴったりです。

また、アメリカで流行中なのが「バターコーヒー」だそう。カップ1杯分のコーヒーにティースプーン1~2杯程度のギーを入れて楽しむというもの。スプーンで入れて溶かすだけでもコクが出ますが、ブレンダーかシェイカーでよく混ぜた方が、マイルドになっておいしかったです。

脂肪になりにくいというのもうれしいですが、おいしいのでいつものトーストがグレードアップした気がします。これでクリスマスのお菓子作りをしたら、ワンランクアップできそうな気がしてきました。

Ahara Rasa Ghee

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    5. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    9. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    10. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由