1. Home
  2. EAT
  3. あの調味料で濃厚に。冬野菜と焼き海老のホットサラダ

あの調味料で濃厚に。冬野菜と焼き海老のホットサラダ

暮らしワンランクアップ

つちだ縁(ゆかり)

あの調味料で濃厚に。冬野菜と焼き海老のホットサラダ

はじめまして、フードコーディーネーターで料理のツボ研究家のつちだ縁(ゆかり)です。

いつもの調味料をちょっと違ったアレンジで楽しむ......新しい発見とともに、きっと料理の幅は広がります。そんなアイデアレシピを今日からお届けしていきます。

パーティメニューにも使える調味料

もうすぐクリスマス! 家族にどんなごはんを作ろうか? お友達とのホームパーティのメニューは何がいいかな? なんて考えては、わくわくしています。

しかし、師走の忙しい時期は、ただでさえ仕事や大掃除など家しごとも多いもの。そんなときこそ、おいしくて簡単にできる料理が一番。今回、頼った調味料が「胡麻しゃぶのタレ」です。

161216_kingoma_1.jpg

倉敷味工房「きんごましゃぶ」

鍋料理が多くなるこの季節は、冷蔵庫に何かしら常備している方も多いはず。この1本を活用した時短で華やかに決まるメニューをご紹介いたします。

クリスマスのちょい足しオードブル

161216_kingoma_2.jpg

冬野菜と焼き海老のホットサラダ

(所要時間 15分)

<材料>2人分

・じゃがいも 2個・赤かぶ 1/2個 ・ブラックタイガー 8尾・塩水 適量・片栗粉 小さじ2・A(ニンニク1/2片(スライス)オリーブオイル 大さじ1)・塩コショウ 少々

わさびゴマだれ ・胡麻しゃぶのタレ 大さじ1・マヨネーズ 大さじ1・ヨーグルト(無糖) 大さじ1・わさび 小さじ1/2・オリーブオイル 小さじ1/2

<作り方>

1. じゃがいもの皮を洗って芽を取り除く。ラップに包んでレンジ900wで4分加熱(串が通るまで)。赤かぶ(皮付き)1/2量を8等分の串切りにする。

2. ブラックタイガーの殻をむき、背わたを取る。塩水で揉み洗いし、臭みを取り除く。水気を拭き取り、片栗粉をまぶす。

3. フライパンにニンニクスライスとオリーブオイルを加えて弱火で煮だす。(ニンニクが香ばしいキツネ色になったらニンニクを取り出す)4. 3.にじゃがいも、赤かぶ、海老を加えて中火にし、焼き目を付ける。海老に火が通れば塩コショウをふってお皿に盛りつける。

5. 他にもお好みの野菜(写真はアボカド、パプリカなど)加えて、わさびゴマだれをたっぷりかければ完成。

<調理ポイント>

・じゃがいも:あらかじめレンジで柔らかくしておき、たっぷりのガーリックオイルで表面をカリカリに焼くと、短時間でジャーマンポテトに。

・赤かぶ/カブラ:火を通し過ぎず、少し歯ごたえを残します。

・海老の下処理:海水の濃度にした塩水で洗うことで臭みが抜けます。水気をしっかり拭き取ってから調理を。

冬にもたっぷりと野菜を食ベたくなる、ジャーマンポテト風ホットサラダです。エビとカラフルな野菜が華やか、パーティのオードブルにもぴったり。さつまいもや蓮根などいろんな根菜類で合いますし、あらかじめレンジ加熱をしておけば、手早く作れますよ。

定番調味料を変化球アレンジ。年末のがんばる自分や家族のために、無理なくおしゃれなごはんを作っておいしく食べてパワーチャージしちゃいましょう。

    Ranking

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    3. わが家の「漬け丼」。疲れて作りたくないときのおいしい救世主

    4. 編集部はこれ買いました【Amazon ブラックフライデー:本日最終日】

    5. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    6. 幸せになるスケジュールアプリの使い方。「予定」を入れるだけでは足りません

    7. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    8. 2021年12月1日〜14日の運勢 【LUAの12星座占い】

    9. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    10. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    3. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    4. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    5. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    6. 人気料理家ウー・ウェンさんが指南。100gの小麦粉で作るアジアングルメ「ガーダスープ」

    7. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    8. 座ったままでOK。「ねじりの椅子ヨガ」で代謝&血流アップ

    9. マツキヨココカラの「ロカボ菓子」、本当においしいのはどれ? 試食会の結果を発表します

    10. わが家の「漬け丼」。疲れて作りたくないときのおいしい救世主

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    3. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    4. クヨクヨ・モヤモヤは「脳の癖」のせい。堂々巡りを抜け出すには?

    5. 残ったごはんも美味しくいただく、5つの白米アレンジメニュー

    6. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    7. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    8. 不安や怒りでいっぱいになったときに、明るい気持ちになる方法

    9. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    10. 里芋の「ぬめり」は落とす? 落とさない? 栄養効率を高める食べ方

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら