MYLOHASの会員システムは、2018年2月26日より新システムに移行いたします。

システム移行作業にともない、2月23日15時~2月26日15時の間は、マイページのご利用を停止させていただきます。

会員の皆様にはご不便おかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

  1. Home
  2. EAT
  3. パン派必見。サンドイッチをダイエットに活かす4つの極意

パン派必見。サンドイッチをダイエットに活かす4つの極意

パン派必見。サンドイッチをダイエットに活かす4つの極意

サンドイッチ=炭水化物のイメージを持つことから、およそ「ダイエット」からは遠い存在に思えるサンドイッチ。でも、はさむ具や量を工夫をすることでヘルシーなダイエット食にもなると考えられています。

サンドイッチ・ダイエットの決め手は「しっとり感」

手で持って気軽に「ながら食い」してしまう。早食いになり、短時間でパクつく量が増えてしまう。そのわりに腹もちはせず、すぐにお腹が減ってしまう......ダイエットの弱点にも思えるそんなサンドイッチも、具を変えることで気軽なスナックとして楽しめてしまうのが「サンドイッチ・ダイエット」です。

健康的な食事についての記事を掲載するサイト「FIT WATCH」によると、4つの注意事項を守ることで、サンドイッチのカロリーが低く抑えられるそう。

1. プロテイン(高たんぱく・低脂質の肉や魚)をメインに具を考える。例えば鶏もも肉をグリルしてスライスしたハムや、焼いた魚のフィレをサンドしたもの。エビなどシーフードも可。

2. 白いパンを避け、全粒穀物のパンを使うことで腹もちがよくなる。

3. たくさんの種類の生野菜をたっぷり使うことでボリューム・アップ。

4. ソースなどを適度に使い「しっとり感」を出すとおいしく、食べ応えがある。

特に4項目目の「しっとりサンドイッチ」は個人的に納得。マヨネーズなどは極力避け、例えばマッシュしたアボカドやハムズ(ひよこ豆のペースト)を塗ったり、ドライトマトを使ったペーストを作り置いたもの、あるいは茹でたカボチャを使用することで、野菜のフレーバーを目いっぱい味わえます。カロリーの低いドレッシングであえた野菜等をはさんだり、ツナ缶(オイルなしの缶詰)を使うことで、簡単にそして幅広く応用が効きます。今人気のパクチーをはさんでも美味しそう。

海苔をつかったラップサンド。ココナッツ・ミートとショウガを混ぜたペースト使用でボリューム満点。

グルテンフリーのパン。ハーブ・ペーストを塗り、グリルしたチーズをサンド。

大きなパプリカをパン替わりに。カレー味のハムズが美味しそう。

野菜厚切り大作戦。ざく切りすることでさらにボリュームアップ。

気軽にどこにでも持って行くことができるので、スポーツ・ジムや会社の昼食、ちょっとしたお出かけにもいいですね。さまざまな具をはさんでいろんなバリエーションを楽しんでみたくなりました。

image via shutterstock

Writing byキュンメルめぐみ

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    Prevention
    Rodale's Organic Life

    Ranking

    1. 続けると糖尿病に。生活習慣でやりがちな間違っていること6

    2. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    3. 自分にあった香りが脳にもたらす影響とは?

    4. 誰かの支えになる香りを世に出したい/ライオン株式会社 高橋典子さん

    5. LINEでバースデーメッセージ。喜ばれるコツはタイミングにあり!

    6. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    7. 快眠には「質」と「時間」の両方が大切。忙しくても深くたっぷり眠るコツ

    8. 三浦半島南下の買い物ツアーへ出かける【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    9. 万能調味料「酒粕」を使った毎日の簡単おかずアレンジレシピ

    10. ここはモロッコか?というような建物だった【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    1. 快眠には「質」と「時間」の両方が大切。忙しくても深くたっぷり眠るコツ

    2. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    3. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    4. 続けると糖尿病に。生活習慣でやりがちな間違っていること6

    5. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    6. 自分にあった香りが脳にもたらす影響とは?

    7. 多肉植物をすぐ枯らしてしまう人がやりがちな5つの間違い

    8. 快眠を促す「いびき」をコントロールできるツール

    9. 誰かの支えになる香りを世に出したい/ライオン株式会社 高橋典子さん

    10. 筋肉をほぐして手に入れるパフォーマンスがアップするツール

    1. 熟睡したいなら、寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンク7

    2. 1月31日は皆既月食&ブルームーン、方角、時間、鑑賞法は?

    3. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    4. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    5. 自分にあった香りが脳にもたらす影響とは?

    6. 人と運を引き寄せる! 「コミュニケーション力」アップの秘訣とは

    7. 年を重ねるにつれて摂取したい!「脳にいい食べ物」6つ

    8. 実は唇を刺激する、リップクリームの3つの成分

    9. 砂糖がカラダにもたらす恐ろしい11の真実

    10. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    パン派必見。サンドイッチをダイエットに活かす4つの極意

    FBからも最新情報をお届けします。