1. Home
  2. EAT
  3. プロに聞く、おいしいりんごを見分けるポイント2つ

プロに聞く、おいしいりんごを見分けるポイント2つ

北本祐子

プロに聞く、おいしいりんごを見分けるポイント2つ

品種改良によりたくさんの種類が増えたりんご。真っ赤なものから黄色の品種など、彩りもさまざまで迷ってしまいます。

おいしいりんごの見分け方は?

「一般社団法人青森県りんご対策協議会」の里村桃子さんにおすすめのりんごの品種を伺いました。

"サンふじ"や"王林"がおいしい時期で、店頭でも一番多く見かけると思います。サンふじは皆さんよくご存じのりんごの王様。酸味と甘みのバランスが良く、果肉は堅めでシャキシャキとした歯ごたえとカットすると果肉から果汁がにじみ出るようなジューシーさが特徴です。サンふじの"サン"はお日様の"Sun(サン)"。その名前の通り太陽をたくさん浴びて育ちますので、糖度が高く蜜が入りやすい品種の代表格です。青森では11月上旬から収穫されるので、雪の中で収穫することもあるんですよ。

王林は青りんごの女王とも呼ばれ、独特の良い香りがあります。酸味がほとんどなく甘さが引き立っており、"スイーツのようなりんご"と言われる方もいます。

ーーおいしいりんごの見分け方を教えてください。

・お尻が丸く、赤または黄色っぽく完熟している

人間と同じでお尻が青い(緑)のものは未熟なことが多いです。

・ツルがみずみずしくてハリがある

同じ品種のなかでよりツルが太くてしっかりしているものは栄養をたくさん取っているのでおいしいりんごである可能性が高いでしょう。

「この2つは大きなポイントです。また、人間のお肌と同じで皮にハリがあるものや、同じ品種の同じくらいの大きさのりんごなら、重いほうをおすすめします」

ちょっとしたテクニックでさらにおいしく

ーーよりおいしく食べるためのテクニックはありますか?

「りんごに含まれる果糖は冷やすことでさらに甘くなりますので、冷蔵庫などで冷やしてから食べるのがおすすめです。また冷やす際には必ずポリ袋などに入れて口を閉じてから冷やしましょう。ポリ袋に入れる目的は二つ。一つはりんごの水分の蒸発を防ぐため。もう一つはりんごから出るガスが成長ホルモンのような働きをするため、そのまま野菜室に入れると他の野菜や果物の熟度を早め傷みやすくさせてしまうからです」

冷やすと甘くなるとは知らなかった! 早速実践してみたいと思います。

健康果実「青森りんご」

image via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    5. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    9. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    10. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由