1. Home
  2. MIND
  3. 最大公約数的アンサー【なぜか人が集まるあの子の秘密】

最大公約数的アンサー【なぜか人が集まるあの子の秘密】

なぜか人が集まるあの子の秘密

最大公約数的アンサー【なぜか人が集まるあの子の秘密】

飛びきり、ルックス、顔がいいわけでもなく、なぜか男女問わず人気がある女性があなたの周りにもいると思う。そんな女性たちを僕は、人並み外れた回数の合コンという戦場の中で観察してきた。今回もその視点から人が集まる子の生態について紹介していく。

今回のキーワードは「ストライクゾーン」。もともとは野球用語であるが、異性の好みを表現するときにもよく使われる。僕が紹介するのは後者の方、コミュニケーションスキルにおいての「ストライクゾーン」

31歳 人材派遣業 しおりちゃん(仮名)の場合

しおりちゃんは、企業向け人材派遣の営業マンだった。大学を卒業してから営業1本できた筋金入り営業マンということもあり、さすがの社交性を瞬時に感じた。それだけでない彼女の魅力は、僕の友人2人を相手に会話している最中に発見できた。

友人A:「しおりちゃんはどんなタイプの男性が好み?」

しおり:「年下より年上の人が好みかな。」

友人B:「他には?」

しおり:「やさしくて、子どもが好きな人。あとは、ごはんを美味しく食べてくれる人」

会話中、2人の友人は終始彼女に釘づけだった。

観察結果「ストライクゾーンを外さない会話力」

なぜ、友人たちは彼女に釘づけだったのか。それは、定番中の定番「好きなタイプは?」の質問に対して、いかにも自分たちにもチャンスがあると思わせる会話術を繰り広げたからだ

「やさしくて子ども好き」「ごはんを美味しく食べてくれる」というのは、抽象的ゆえにマジョリティに当てはまる答えだ。だから、友人たちは、ちょっとした期待をもってしまい、そのあとの彼女の会話の一言一句を聞き逃すまいと注目していた。

意外と女子は「好きなタイプは?」と聞かれたときに、少し浮かれてしまい「そんな男、中々いない」と思うくらいの条件を意識せずに口にしてしまうことがある。もしそれが本当であったとしても、合コンや飲み会の場では言わないほうがいい。

そのタイプを聞いて対象外であれば、男性はその時点で興味を無くしてしまう可能性がある。逆に「タイプはあまりない」も、柔不断な女性だと勘違いされてしまい印象を悪くする。

会話を続かせたいなら、しおりちゃんのように、男性たちにも可能性があるような錯覚トークを展開をしなければならない。おそらく、彼女は計算していたと思う。

そもそも、タイプを聞かれて本当のことを言う必要なんてない。本当のことを言っていい人は、自分にかなり自信があるタイプだけだ。それ以外の女性にとってはデメリットの方が大きい。

もし、男性から「好きなタイプは?」と聞かれた場合は、一旦、落ち着いて周りの男性をみるべきだ。そこで、最大公約数的アンサーを出すように心がけておくべきだ。

(イラスト・たなかみさき)

>>【なぜか人が集まるあの子の秘密】をもっと読む

#10 プチサプライズ」で印象を残す

#9 「〇〇〇」で自然に距離をつめる

#8 相手の目を見つめるスキル

#7 「ありがとう」と返す素直さ

TETUYA

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 抜いても大丈夫? 医師に聞く「炭水化物」のかしこい摂り方

    2. ボトル330万本削減。洗い心地抜群な固形シャンプーが人気な理由

    3. 管理栄養士が教える、イチゴが心臓や脳、免疫にもよい理由

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 肩こりはもんでも治らない!? コリや痛みの根本原因を取り除く方法

    7. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    8. 手だけをつかって、簡単に幸福感を得られる方法

    9. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 肩こりはもんでも治らない!? コリや痛みの根本原因を取り除く方法

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    8. がんばりすぎてない? ワークアウトでやりがちな間違い6つ

    9. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    10. 管理栄養士が教える、40代からのダイエットのコツ。避けたい方法は?

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    3. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    4. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    7. 納豆の食べ方で、腸が活性化する? その方法とは

    8. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン