1. Home
  2. EAT
  3. カリっとかじれば、スパイスの香りはじけるピパレッリ【南イタリア美人レシピ】

カリっとかじれば、スパイスの香りはじけるピパレッリ【南イタリア美人レシピ】

カリっとかじれば、スパイスの香りはじけるピパレッリ【南イタリア美人レシピ】

ブーツの形に見立てたイタリア半島の爪先。ここがレッジョ・カラブリアで、細い海峡の向こうがシチリア島のメッシーナです。アフリカ大陸や中東からの海の玄関口として、歴史的にさまざまな民族や文物が流れ込み、このあたりには特有の文化が作られていきました。

スパイシーだからピパレッリ

食文化については、やはり香辛料・スパイスがたくさん使われるというのが大きな特徴です。アラブ人が伝えたものですね。今回紹介するメッシーナ生まれのピパレッリも、スパイスをふんだんに使用した食べ物のひとつ。一見するとトスカーナ地方に伝わるビスコッティに似ているのですが、違いのひとつとして香りが挙げられます。シナモン、クローブ(丁字)、バニラ、オレンジピール......。隠し味でなくスパイスが主役だというくらいしっかり効かせます。そしてこの香り高さが最大の魅力なのです。

レシピによっては黒コショウやナツメグ、ココア、サフランなども使われ、ピパレッリという名前は「ピパレッディ(赤唐辛子のように辛い)」という方言からきているという説も。(実際はまったく辛くはないです)

20161221_italy2.jpg

もうひとつの説は、煙が満ちたパイプ(pipe)のような薪ストーブで最後の焼き上げを行ったからというもの。一度焼いたあとに薄ーく切って、もう一度焼きしめることでカリカリ、サクサクに仕上がるのもピパレッリの特徴であり、これこそがつい次々と食べてしまうヒミツなのです。昔からあるお菓子なので、その方が長持ちするからというのもあるでしょう。

このピパレッリはこのあたりのお菓子屋さんには欠かせない商品で一年中買うことができますが、特に冬にはこの独特の強いスパイシーな香りが恋しくなります。そのまま食べるのももちろんおいしいですし、「ヴィン・サント」や「マルヴァシア」といった甘いデザートワインに浸す大人っぽい食べ方もおしゃれです

ピパレッリ(60~70枚分)

【材料】

菓子用小麦粉(薄力粉) 500g

きび糖(または砂糖) 150g

ソイバター(またはバター、水素無添加マーガリン) 100g

アーモンド 200g

はちみつ 150g

卵 1個

重曹 ティースプーン2杯分

<スパイス>

オレンジの皮(おろしたもの) 1個分

シナモン ティースプーン1~2杯分

クローブ ティースプーン1~2杯分

バニラビーンズ 2さや

【作り方】

1. 小麦粉、きび糖、重曹をふるいにかける。スパイス、はちみつ、少量(大さじ1くらい)の水を加えてよく混ぜ合わせ、全体がまとまったら、少しずつソイバターを加えていく。最後に卵を加え、よくこねる。パンこね機などを利用するとラクです。

2. 生地がなめらかにまとまったらアーモンド加え、2~3分割にしてそれぞれをバゲット(長いパン)をちょっと上から押したような形にする。だいたい幅が7~8cm、高さ3cmくらいが目安です。

20161221_italy3.jpg

3. ベーキングシートを敷いた天板に乗せ、180℃のオーブンで30分ほど焼く(表面がしっかり固くなるまで)。

4. オーブンから取り出して粗熱がとれたら、できるだけ薄く、1cm以下の薄さに切る。0.5cmが目標ですが、実際には薄く切ろうとすると崩れてしまいます。

20161221_italy4.jpg

5. 切った断面を上にして天板に並べ、160℃のオーブンで20分ほど焼く。薄く切ったものは焦げてしまいやすいので、様子を見ながら適宜取り出してください。必要であれば裏返して両面まんべんなく焼き色をつけるのが好ましいです。しっかり焼くとかなり濃い茶色になりますがそれで正解です(焦がしてはいけません)。

南欧~アフリカ、中東の世界地図と歴史を体現するようなお菓子、ピパレッリ。見た目は素朴ながら、意外にも洗練された香りと味わいにみなさん驚かれるかもしれません。

>>もっと【南イタリア美人レシピ】を読みたい

ルビー色のザクロソースが輝く、豚肉のオーブン焼き

身も心も癒やされる、ひよこ豆のなめらかスープ

フレッシュなリコッタチーズとくるみのパスタ

マッツィテッリ福子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. プチ整形級の効果あり? ふっくら唇を叶えるリップトリートメントがすごい

    2. 筋肉のつく高タンパク質をワンプレートでおいしく。保存できるおかず7

    3. メイクしたまま寝てしまったら? 老け知らずな人に学ぶ美容術10

    4. じつは若い人にも増えている。2型糖尿病ってどんな病気?

    5. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    6. 女性の75%が経験する「セックスが痛い」。婦人科医が教える性交痛のなくし方

    7. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    8. SNSに写る横顔の印象はOK? どんな横顔でも凛とした顔でいる方法

    9. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    3. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    4. 白米を◯◯に変えて代謝アップを狙え。管理栄養士が教える献立

    5. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    6. プチ整形級の効果あり? ふっくら唇を叶えるリップトリートメントがすごい

    7. ダイエット&美肌に、朝1杯の「レモン白湯」がおすすめな理由

    8. アルツハイマーを予防する? 驚きの健康パワーを持つオリーブオイルの見分け方

    9. 消防士や警察官も実践! 16秒でできる、緊張感を和らげる方法

    10. SNSに写る横顔の印象はOK? どんな横顔でも凛とした顔でいる方法

    1. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    2. デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    5. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

    6. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    7. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    8. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    9. 肺がんにならないために、今日からできること10

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    カリっとかじれば、スパイスの香りはじけるピパレッリ【南イタリア美人レシピ】

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More