1. Home
  2. EAT
  3. ルビー色のザクロソースが輝く、豚肉のオーブン焼き【南イタリア美人レシピ】

ルビー色のザクロソースが輝く、豚肉のオーブン焼き【南イタリア美人レシピ】

マッツィテッリ福子

ルビー色のザクロソースが輝く、豚肉のオーブン焼き【南イタリア美人レシピ】

いよいよ近づいてきたクリスマス。カトリック総本山のお膝元であるイタリアでは「ナターレ」といい、一年でもっとも重要なイベントです。

そもそもイエス・キリストの生誕を祝う主旨のため、聖母マリア様の無原罪のお宿りがあったとされる12月8日がナターレシーズンの幕開け。ツリーなどのクリスマス飾りもこの日に行います。これを境に一気に街中がキラキラのクリスマスムードに。生誕祭である12月25日前日の夕食~日付が変わる瞬間に最高潮となり、東方の三博士が祝福に訪れたとされる1月6日のエピファニア(公現祭)で幕を閉じます

20161217_italy2.jpg

ルックスも味もゴージャスな一皿

普段から自宅に友人や親戚を招待し、食事を振る舞うことが多いイタリアですが、年明けまで続くこの約1か月のナターレ期間はなおさら。互いにごちそうを用意して、クリスマス菓子でもてなし、親密であたたかい時間を過ごすのが習慣です

これからの時期は、日本でもホームパーティを開いたり、帰省して家族が顔をそろえたりとにぎやかな食事が増えますよね。今回は豚のフィレ肉をローストしザクロソースをかけた、ゴージャス料理をご紹介します。ザクロの粒がまるでルビーのように鮮やかで、クリスマスらしい一皿です。

豚フィレ肉のオーブン焼き、ザクロソース(4人分)

20161217_italy3.jpg

【材料】

豚フィレ肉 500~600g

ニンニク 4~5片

ローズマリー 2~3枝

塩 適宜

黒コショウ 適宜

<ソース>

ザクロジュース 500mlくらい

ザクロの実(大きくて甘いもの) 1~2カップ

バター 30gくらい

コーンスターチ(または片栗粉) 適量

20161217_italy4.jpg

【作り方】

1. 豚フィレ肉は常温に戻しておく。円筒状になるようにまとめ、凧ヒモでしばるのですが、このとき肉とヒモのあいだにローズマリーの枝とニンニクをはさみます。ちょっとゆるめにしばって、後から差し込むと簡単です。両手にオリーブオイルをつけ、まな板の上で豚肉をころころと転がしながら塩・黒コショウをまぶす。

2. これを油をひいた高温のフライパンで表面が黄金色になるまで焼く。耐熱皿に移し、ザクロジュースを少量かけて200℃のオーブンで30~40分焼きます。その間、こまめに様子を見て肉の表面が乾いてきたらザクロジュースをかけます。表面が焦げないよう、中に火が通るまで適宜温度など調整してください。

3. 肉が焼きあがったら皿に移して少し休ませてから食べやすい薄さに切る。

4. 肉を取り出したあと耐熱皿に残ったジュースでソースを作る。片手鍋に移し、ほぐしたザクロの実1/2カップほどとバターを入れて加熱。味見して足りなければジュースや塩・コショウを補う。水で溶いたコーンスターチを加えてとろみをつけたらソースの完成。

5. 切った豚肉を大皿に盛り、ザクロの実をまぶす。ソースはあらかじめ肉にかけておいてもいいですし、別の器に用意しておいて各自自分の皿で好きな量をかけるスタイルでもいいと思います。

>>その他の【南イタリア美人レシピ】を読む

身も心も癒やされる、ひよこ豆のなめらかスープ

フレッシュなリコッタチーズとくるみのパスタ

栗粉でつくるナッツたっぷりトルタ、カスタニャッチョ

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. のどちんこの腫れを放っておかないほうがいい、5つのシビアな理由

    3. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    4. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    5. カヒミ・カリィさんの癒しに欠かせない。家に増え続けているものとは...

    6. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    7. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 「1日おきの断食」をたった1カ月ほど続けたら?

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    8. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    9. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由