1. Home
  2. EAT
  3. 口臭が気になったら摂りたい食材は? #ポジティブ栄養学

口臭が気になったら摂りたい食材は? #ポジティブ栄養学

ポジティブ栄養学

口臭が気になったら摂りたい食材は? #ポジティブ栄養学

こんにちは。栄養士・栄養カウンセラーの吉川圭美です。肌も体調も、気分上々な私は栄養でつくれる! もっと味方につけていきましょう。

今回は、口臭を予防してくれる栄養素、亜鉛について。

口の中のpHを調整、口臭を防いでくれる

人と話すときに、気になるのが口臭。予防のためにミントタブレットを持ち歩いたり、こまめに歯磨きをしたり、なんて人も少なくないかもしれません。それでも、なぜか口臭が気になるという場合、もしかしたら亜鉛で解消できるかもしれません。

味覚に関係する栄養素というイメージが強い亜鉛ですが、じつは身体のすみずみでたくさんの仕事をする働きもの。美しい肌を作ったり、抜け毛を防いだり、骨を丈夫にしたり、妊娠を維持したり......。

また、口の中のpHを調整するのにも関係しています。ここで関わっているのが炭酸脱水酵素の存在。この材料が亜鉛であり、足りないままだと唾液のpHが安定しにくくなり、口臭につながってしまうことに。

ちなみに、お酒やスイーツが好きな人は要注意。亜鉛はアルコールの無毒化や、糖質の代謝にかかわるインスリン作りに関係しているため、消費しやすい状態にあるといえます。

いまが旬。亜鉛の多いカキをたっぷりと

この時期に食べたい、亜鉛を多く含む食べ物といえばカキでしょう。鍋料理にしても、フライにしても最高。オイル漬けにすればパーティのオードブルにもぴったりです。多くの人に会うシーズンだけに、エチケットとして気を配っておきたいものです。

ポジティブ栄養学をもっと読む>>

image via Shutterstock

吉川圭美

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 正しい糖質制限って? 糖質が怖くなくなる6つの秘策

    2. 免疫治療で肺がんに勝利。アメリカの研究で明らかに

    3. 人生が変わる。「習慣」を味方につけると起こるいいことは?

    4. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    5. 続けると糖尿病に。生活習慣でやりがちな間違っていること6

    6. 「果物を食べると太る」は誤解。糖質が怖くなくなるズルイ食べ方

    7. 糖質オフ・制限の基本と効果的に行うポイントは?

    8. ダイエット&冷え対策! もち麦入り、具だくさんの食べるスープの作り方

    9. 「糖質制限ダイエット」管理栄養士に聞く効果と方法【完全版】

    10. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    1. 正しい糖質制限って? 糖質が怖くなくなる6つの秘策

    2. 人生が変わる。「習慣」を味方につけると起こるいいことは?

    3. 更年期が始まる年齢は、食事が関係している?

    4. エリザベス女王の食習慣。健康でご長寿なのは、ヘルシーな食事のおかげ?

    5. 7月10日は納豆の日。納豆をもっと効果的に食べる5つの方法

    6. 長子はIQが高い? きょうだいの生まれ順が、あなたの性格に与える影響

    7. 免疫治療で肺がんに勝利。アメリカの研究で明らかに

    8. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    9. 【7月の新月】自分を知るための特別なタイミング

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. 人からほめられたとき、この言葉は言ってはだめ! NGな返事4種

    2. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    3. 麺類を食べても太らない3つのコツ

    4. 正しい糖質制限って? 糖質が怖くなくなる6つの秘策

    5. サインを見逃さないで。心臓病を防ぐ、10の身近な方法

    6. 人生が変わる。「習慣」を味方につけると起こるいいことは?

    7. 20キロ以上やせた女性たちが紹介。ダイエットに効果的なヘルシーおやつ9つ

    8. 薄い色は栄養不足? 経血の色6パターンでわかる身体の変化

    9. 人間関係をスムーズにして、「敵」を作らないためのマインド術

    10. しこりだけじゃない? 疑うべき乳がんのサイン4つに気をつけて

    口臭が気になったら摂りたい食材は? #ポジティブ栄養学

    FBからも最新情報をお届けします。