1. Home
  2. STYLE
  3. 衣食住にアロマをプラス、快適環境を作るアイディア

衣食住にアロマをプラス、快適環境を作るアイディア

暮らしワンランクアップ

國本さくら

衣食住にアロマをプラス、快適環境を作るアイディア

アロマオイル(精油)は香りを楽しむだけでなく、暮らしを快適にするさまざまな使い方があります。そこで今回は、この季節におすすめのアロマオイルと活用法を「衣・食・住」具体的なシーン別にご紹介します。

衣=洗濯

インフルエンザウイルス感染の多くが咳やくしゃみによる飛沫感染だそうです。外出時にはマスクで予防できていたとしても、衣服についたウィルスは残っていることも。冬は汗をかかないからと何日も同じ服を着るのもおすすめできません。せめて陰干しするか、こまめに洗濯して清潔に保つことが1番

洗濯にはラベンダーやローズウッドの精油がおすすめ。やわらかく甘めの香りが特長のアロマオイルですが、抗菌・抗ウィルス・抗真菌作用をもち、デオドラント効果もある優れもの。お湯に重曹を溶かし、アロマオイルを加えてから、洗剤をいれていつも通り洗濯します。部屋干しのニオイも抑えられ、ふんわり仕上がります。

食=キッチンまわり

口に入れる食材を扱うキッチン周りも清潔に保ちたいところ。オレンジスイートやレモンなどの柑橘系のアロマオイルに多く含まれる成分「リモネン」は抗菌・抗ウィルス作用に加え、油汚れを分解し落とす働きがあります。しかも手肌に優しい天然成分です。

あらかじめ無香料の食器用洗剤にオレンジスイートなどのアロマオイルを数滴たらし、使用前によく振って使います。また、アロマオイルを少量の無水エタノールで希釈し、精製水を加えよく混ぜ除菌スプレーとしてまな板やシンクなどキッチン周りのお掃除に使うのもおすすめ。レモンなどの爽やかな香りにペパーミントの清涼感を加えれば気になるニオイ対策にもつながります。

住=お部屋の環境

暖房器具の使用が欠かせないこの季節は特に室内は乾燥ぎみに。インフルエンザの予防には室温20℃以上、湿度50%以上が理想といいますから加湿器は必須アイテム

加湿と合わせて、アロマもプラス。スーッとしたシャープな香りのティートゥリーやユーカリには抗菌・抗ウィルス作用に加え免疫強化作用が期待できます。また、鎮咳・去痰・抗炎症・粘液溶解作用があるので、すでに風邪をひき咳や鼻が詰まっている場合のリフレッシュにもおすすめです。

(日本アロマ環境協会アドバイザー・國本さくら)

image via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    5. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    9. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    10. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由