1. Home
  2. MIND
  3. 心の距離を縮める「ラポール・テクニック」って?

心の距離を縮める「ラポール・テクニック」って?

飯島綾子

心の距離を縮める「ラポール・テクニック」って?

自分のまわりの人たちにイライラしてしまったり、その人たちを変えたい、変わってほしいと思ったりすることはありませんか? メンタル・コーチングのプロである三浦将さんの著書『相手を変える習慣力』には、自分自身の行動や意識を変えることで相手が自然と変わっていく方法が書かれています。

相手を変える前に、まず認める

相手が変わるためには、あなたの習慣を、相手の潜在意識に影響を与えることができる習慣に変えてあげればいいのです。

(『相手を変える習慣力』P15より引用)

相手を変えたい、変わってほしいと思っているということは、その相手に少なからず不満があるということですよね。100%良好な関係の相手に対して変わってほしいと思うことはまずないと思います。

相手を変えたいのであれば、変えようとしないこと。

(『相手を変える習慣力』P87より引用)

たとえやさしい言い方だったとしても、「こうした方がいいよ」とアドバイスされると相手は「ダメ出しをされた、否定された」と感じます。何度もそれが続くと「どうせわかってもらえないから」という理由で相手の潜在意識はあなたとの間に壁をつくりはじめます 。

相手を変えようとはたらきかける前に、まずは承認すること相手を認めてあげること。これにより相手はあなたのことを「よき理解者」だと認識し、あなたの言うことを素直に受け入れる状態へと変わっていくのだそうです。

取り入れやすい「ラポール・テクニック」とは?

本の中では「ラポール」という言葉が何度も出てきます。ラポールは人間同士の深い信頼関係のことを指し、相手が自然に変わるためにはなくてはならない必要な状態なのだそう。

すぐに取りいれて習慣化しやすい3つのベーシックな「ラポール・テクニック」が紹介されています。1つめは「ペーシング」、相手と会話や呼吸のペースを合わせること。2つめは「ミラーリング」、さりげなく目の前の相手と同じ動作を取ってみること。こうすることで無意識に私たちは相手と自分が似ているという安心感を抱くのだそうです。

最後の「バックトラッキング」は簡単にいうとオウム返しのこと。たとえば相手が「じつはこんな失敗をしてしまって......」と切り出したときに、「そうか、そんな失敗をしてしまったんだね」と相手の言葉をリピートする。それだけでなんだか相手から認められているような感じになりますよね。ここで「なぜそんな失敗をしたの?」と聞いてしまうと、相手の潜在意識は「批判されている」と感じ、ラポールの関係が築きにくくなってしまうようです。

仏教では自分の見ている世界は自身の心のあらわれだという考え方もあります。もし不満を感じている相手がいたとしたら、まずは自分の心の有り様を観察し、自身の行動を変えてみるといいかもしれませんね。

相手を変える習慣力

image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    2. 肌やメンタルを左右する女性ホルモン、コレステロールが関係している?

    3. 人気ボールペンがスタイリッシュに収納できる「飛び出すペンケース」セット

    4. 肩こり、腰痛、動悸、息切れ...。医師にきく症状別「更年期対策」

    5. 最大24アイテムが試せる! メイクやスキンケア盛りだくさんコフレ4選

    6. がんを乗り越えた人が「やったこと」と「やらなかったこと」

    7. 【クイズ】完全栄養食の卵に入っていない栄養素はどれ?

    8. ネガティブな感情で頭がいっぱい? あなたを解き放つ3つの処方箋

    9. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    10. 「感謝する」気持ちを大切に。夜習慣で変わる人間関係

    1. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    2. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    5. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    6. 【クイズ】完全栄養食の卵に入っていない栄養素はどれ?

    7. がんを乗り越えた人が「やったこと」と「やらなかったこと」

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    4. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    5. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    6. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    7. ジム通い不要の万能筋トレ「プランク」、比較的ラクに行うコツは?

    8. 聞こえているのに聞き取れない...耳の障害「APD」の症状と改善策

    9. 炭酸飲料や果汁100%ジュースを飲み続けるとどうなる!?

    10. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?