1. Home
  2. MIND
  3. 丁寧な身支度で、心の余裕をつくる朝習慣

丁寧な身支度で、心の余裕をつくる朝習慣

暮らしワンランクアップ

丁寧な身支度で、心の余裕をつくる朝習慣

寒くなるにつれ、布団から出るのがおっくうに。時間ギリギリに起きてバタバタと身支度してしまいがち。でも、あわただしく始まった日は、あわただしいペースのままで過ぎてしまいます。

その日のリズムが決まる朝を、もっと気持ちよくむかえたい」という思いから、あきたいねみさんの著書『自分をひらく朝の儀式』(かんき出版)を手にとりました。

心をとざすと、体をいたわれない

つい最近まで、朝に対して心をとざしていた私。

・起きなければならないから、起きる。

・出かけなければならないから、お化粧する。

・食べなければならないから、朝食をとる。

・遅刻するといけないから、先をいそぐ。

こんな調子で「しなければならないこと」にとらわれて、起きたばかりの体をいたわろうとしていませんでした。

自分を大切にする所作を

この本がすすめているのは、朝の身仕度を「自分を愛する」ためのものに変えること。

顔を洗うときは、愛でるように

髪をとかすときは、なでるように

歯をみがくときも、力を入れずに

家族と顔を合わせたら、やさしい言葉を

ドアはそっと開けて、そっと閉める

忙しいからバタバタするのではなくて、バタバタ動くから気持ちが荒れてしまうのです。あせらず、ていねいに。自分に愛情をかける所作で身をととのえるうち、体の内側にあたたかいエネルギーがわいてきます

心も体も満たされた状態になってから出かけるようにしたら、寒い朝も「澄みきった空気が気持ちいい!」と感じるように変わりました。

心ひらけば、見える風景が変わる

気持ちよくむかえた朝は、目にうつる風景も違ったものに。

動き出した街の様子、目的に向かって進んでいく人の流れが、ゆっくりと美しい見えかたをすることがあります。そういう日は、街に対しても他人に対しても、おおらかな気持ちで過ごせることに気づきました。

丁寧に動くとゆっくりしたペースになるし、体があたたまるのを待って出かけるにはちょっぴり早起きの必要も。でも、意外と苦にはならないもの。

めざまし時計を2つ買うより、「冬の朝が好きだから。気持ちいいから」という理由で目をさますほうが私には合っている。朝に心をひらけば、朝も自分にやさしくしてくれるのを感じています。

かんき出版

木谷梨子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    3. レモン水をめぐる5つの迷信

    4. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    5. 心臓と血管のため40歳までに変えるべきことは?

    6. 腰痛を引き起こす8つの習慣、しつこい痛みにサヨナラ

    7. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    8. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    9. おいしく食べて、心身が整う。軽井沢のヴィーガンレストラン

    10. 松本千登世が考える「涼しげな女性」という、大人の最上級

    1. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    2. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    6. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    7. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    8. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    9. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    5. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    8. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    9. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    10. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    丁寧な身支度で、心の余裕をつくる朝習慣

    FBからも最新情報をお届けします。