1. Home
  2. MIND
  3. 「プチサプライズ」で印象を残す【なぜか人が集まるあの子の秘密】

「プチサプライズ」で印象を残す【なぜか人が集まるあの子の秘密】

なぜか人が集まるあの子の秘密

「プチサプライズ」で印象を残す【なぜか人が集まるあの子の秘密】

飛びきり、ルックス、顔がいいわけでもなく、なぜか男女問わず人気がある女性があなたの周りにもいると思う。そんな女性たちを僕は、人並み外れた回数の合コンという戦場の中で観察してきた。今回もその視点から人が集まる子の生態について紹介していく。

コミュニケーションにおいて、周りと差別化を図る方法のひとつがプチサプライズ感を出すこと。相手に「この子はできる」と好印象を残せたら、こっちのものだ。

25歳 ソフトウェア営業 みわちゃん(仮名)の場合

みわちゃんとは、友達主催の合コンで知り合った。彼女は、社会人3年目のまだ初々しい女性営業マンだった。新潟出身でまだ少し田舎なまりが抜けきれていないタイプ。でも、すごく良い子であることは話してすぐに伝わってきた。

みわちゃんの仕事はソフトウェアの飛び込み営業。仕事に難しさを感じていたこともあってか、今度ゆっくり相談したいというので、後日二人でご飯にいくことに。

彼女の出身地の話から始まり、学生時代の話、それから仕事の悩みをひとしきり聞いて、そろそろお会計を済ませて帰ろうとしたときに、こんなやりとりがあった。

僕:「じゃあ、そろそろ帰ろうか」

みわちゃん:「甘いもの好きですか? これ良かったら......」

GODIVAのちょっとしたお菓子をくれた。まだ若いのによく気がまわる彼女の、このプチサプライズにほっとけない感じを覚えた

観察結果「ちょっとした気持ち」

みわちゃんの行動にグッときたのは、「感謝の気持ち」を形にできていたところだ。ちょっとした気持ちが大事なので、高価なものでなくてもまったく問題ない、1,000円程度でいいのだ。むしろ高いものだと逆に男性はプレッシャーを感じてしまうかもしれない。

大人の男性と二人でデートをすれば、女性は高い確率でごちそうになるだろう。もちろん「美味しかったです。ごちそうさま」の言葉があれば、男性としては嬉しいしおごりがいがある。

しかし、「ごちそうさま」の一言で終わる女性と、何かちょっとしたものを用意してくれる女性との差は大きい。きっと付き合うことになっても、細かいところまで気が行き届く良い子なんだろうとイメージも膨らむし、男性の記憶にその子の存在がサブリミナルのように刷り込まれる。

常々言っているが、コミュニケーションにも差別化が必要だ。男性も女性も、異性と食事に行く機会は多々ある。いろんな人に会えば会うほど、記憶は少しずつ書き換えられていく。その結果、忘れ去られていく......。

いかに相手に印象を残しておくか、つまり他のライバルがやっていない、相手が喜ぶことを考えてコミュニケーションすることが重要となってくる。そのひとつが今回の例だ。やってない人は、明日からでもぜひ実践してほしい。

(イラスト・たなかみさき)

TETUYA

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肉をたっぷり食べなくても、ビタミンB12が摂れる植物性の食材9つ

    2. がんの4つのステージ(病期)を正しく知ろう

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 【10月の満月】癒しのセルフケアで満たされるとき

    5. 便秘の人は死亡率が高い? 便秘薬の選び方と6つのポイント

    6. 二日酔いの治し方5つ。飲み過ぎた次の日に効果的な食べ物は?

    7. 毎日3.7リットル水を飲むガロン・ウォーター・チャレンジについて、栄養士の見解

    8. ダイエットを成功させる食事法って? 脳神経外科医が教えます

    9. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    10. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    1. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    2. 些細なことも気に留めて。医師が教える「卵巣がん」になりやすい条件7つ

    3. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    4. がんの4つのステージ(病期)を正しく知ろう

    5. どこか悪いのかも。喜んでいられない、生理がいつもより軽い理由

    6. 二日酔いの治し方5つ。飲み過ぎた次の日に効果的な食べ物は?

    7. ダイエット中におすすめのネタは? 太らないお寿司の食べ方

    8. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    9. がんになりやすくなる8つの要素と、自分でできる改善策

    10. 怒りをぶつけてはダメ。人生を豊かにするための、正しい怒り方

    1. やっぱりバナナはすごい! 科学が裏付けた健康パワー10

    2. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    3. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    4. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    5. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    6. 朝ごはん、お風呂を大事にする! 自律神経の名医がすすめる「健康の極意」とは

    7. 些細なことも気に留めて。医師が教える「卵巣がん」になりやすい条件7つ

    8. あなたの身近にいるかも?「反社会性パーソナリティー障害」の性格特性13

    9. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    10. 食べるだけで3kg減? アーモンド、驚きのダイエット効果6つ

    「プチサプライズ」で印象を残す【なぜか人が集まるあの子の秘密】

    FBからも最新情報をお届けします。