1. Home
  2. MIND
  3. 「プチサプライズ」で印象を残す【なぜか人が集まるあの子の秘密】

「プチサプライズ」で印象を残す【なぜか人が集まるあの子の秘密】

なぜか人が集まるあの子の秘密

TETUYA

「プチサプライズ」で印象を残す【なぜか人が集まるあの子の秘密】

飛びきり、ルックス、顔がいいわけでもなく、なぜか男女問わず人気がある女性があなたの周りにもいると思う。そんな女性たちを僕は、人並み外れた回数の合コンという戦場の中で観察してきた。今回もその視点から人が集まる子の生態について紹介していく。

コミュニケーションにおいて、周りと差別化を図る方法のひとつがプチサプライズ感を出すこと。相手に「この子はできる」と好印象を残せたら、こっちのものだ。

25歳 ソフトウェア営業 みわちゃん(仮名)の場合

みわちゃんとは、友達主催の合コンで知り合った。彼女は、社会人3年目のまだ初々しい女性営業マンだった。新潟出身でまだ少し田舎なまりが抜けきれていないタイプ。でも、すごく良い子であることは話してすぐに伝わってきた。

みわちゃんの仕事はソフトウェアの飛び込み営業。仕事に難しさを感じていたこともあってか、今度ゆっくり相談したいというので、後日二人でご飯にいくことに。

彼女の出身地の話から始まり、学生時代の話、それから仕事の悩みをひとしきり聞いて、そろそろお会計を済ませて帰ろうとしたときに、こんなやりとりがあった。

僕:「じゃあ、そろそろ帰ろうか」

みわちゃん:「甘いもの好きですか? これ良かったら......」

GODIVAのちょっとしたお菓子をくれた。まだ若いのによく気がまわる彼女の、このプチサプライズにほっとけない感じを覚えた

観察結果「ちょっとした気持ち」

みわちゃんの行動にグッときたのは、「感謝の気持ち」を形にできていたところだ。ちょっとした気持ちが大事なので、高価なものでなくてもまったく問題ない、1,000円程度でいいのだ。むしろ高いものだと逆に男性はプレッシャーを感じてしまうかもしれない。

大人の男性と二人でデートをすれば、女性は高い確率でごちそうになるだろう。もちろん「美味しかったです。ごちそうさま」の言葉があれば、男性としては嬉しいしおごりがいがある。

しかし、「ごちそうさま」の一言で終わる女性と、何かちょっとしたものを用意してくれる女性との差は大きい。きっと付き合うことになっても、細かいところまで気が行き届く良い子なんだろうとイメージも膨らむし、男性の記憶にその子の存在がサブリミナルのように刷り込まれる。

常々言っているが、コミュニケーションにも差別化が必要だ。男性も女性も、異性と食事に行く機会は多々ある。いろんな人に会えば会うほど、記憶は少しずつ書き換えられていく。その結果、忘れ去られていく......。

いかに相手に印象を残しておくか、つまり他のライバルがやっていない、相手が喜ぶことを考えてコミュニケーションすることが重要となってくる。そのひとつが今回の例だ。やってない人は、明日からでもぜひ実践してほしい。

(イラスト・たなかみさき)

>>【なぜか人が集まるあの子の秘密】をもっと読む

#9 「〇〇〇」で自然に距離をつめる

#8 相手の目を見つめるスキル

#7 「ありがとう」と返す素直さ

#6 苦手なことにもチャレンジする「協調性」

    specialbunner

    Ranking

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    3. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    4. 下腹部をガッツリ凹ます、カエルみたいな動きの筋トレ

    5. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    6. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    7. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    8. 家で筋トレ、はじめませんか? Amazonセールで選ぶフィットネス機器5

    9. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    10. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    3. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    4. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    5. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    6. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    7. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    8. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    9. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    10. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?