1. Home
  2. EAT
  3. 全国の逸品ぽん酢で定番鍋がワンランクアップ

全国の逸品ぽん酢で定番鍋がワンランクアップ

暮らしワンランクアップ

片岡理森

全国の逸品ぽん酢で定番鍋がワンランクアップ

ホカホカお鍋がおいしい季節。食卓に何度登場しても飽きずに楽しめるように、いろんな調味料にも試してみたいところ。今回は「ぽん酢」に注目。日本全国のこだわり素材を使った人気商品をピックアップしました。

北海道×鹿児島 美濃特選味付ぽん酢

内堀醸造

内堀醸造 / 486円(税込)

北海道産利尻昆布と鹿児島県枕崎産かつお節の一番だしを合わせた上品な味わいのぽん酢。さわやかな柑橘果汁とだしの旨味のバランスが絶妙。

>>このぽん酢が欲しい

沖縄 シークヮーサーぽん酢

座間味こんぶ

座間味こんぶ / 810円(税込)

かつおだしをベースに沖縄県産のシークヮーサーを使ったぽん酢。渋みを抑えたまろやかな味が特徴。

>>このぽん酢が欲しい

大分 ごま風味ぽん酢

フンドーキン

フンドーキン / 572円(税込)

自然豊かな大分県で製造された、酸味を抑えたぽん酢をベースにごま粒をたっぷりブレンドし、ごまの風味・旨味を効かせています。

>>このぽん酢が欲しい

京都 かぶらおろしぽん酢

創味食品

創味食品 320g×2個 / 813円(税込)

京野菜聖護院かぶらのおろしがたっぷり入ったぽん酢。香り豊かな柚子果汁に、丸大豆醤油・鰹節と昆布の一番だし、もみじおろしなどをあわせたピリ辛がクセになりそう。

>>このぽん酢が欲しい

高知 しょうがたっぷりぽん酢

坂田信夫商店

坂田信夫商店 / 594円(税込)

高知県産の黄金生姜がたっぷり入ったぽん酢。ピリリとした辛みと、さわやかなゆずの風味が食欲をそそります。

>>このぽん酢が欲しい

ぽん酢のさわやかな酸味とやさしい旨味は、鍋物や湯豆腐はもちろん、焼き魚、揚げ物、餃子やサラダにもよく合うので常備しておきたい調味料です。

photo by PIXTA

    specialbanner
    specialbanner

    Ranking

    1. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    2. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    3. 編集部が自腹買いした優秀コスメ。コスパよすぎの保湿アイテムは?

    4. 【クイズ】水餃子と焼き餃子。老けたくないならどっちを選ぶ?

    5. 運動習慣がある人も脳卒中に襲われる! その怖さを体験者が激白

    6. お尻の筋肉を気持ちよくほぐす! 「小尻」をめざせるストレッチ

    7. 【クイズ】ぐっすり眠るために、夜に摂るといいのは緑茶? はちみつ?

    8. だるさや疲労感を改善する、ちょっとした生活習慣のヒント4つ

    9. 【動画】頭痛は、首をつまむだけの簡単ケアで解消。即効性あり!

    10. 【人生最後のダイエット#1】ここまで太ってダイエットしない理由は何だ

    1. 血圧を下げる3か条。積極的に摂るべきフードは?

    2. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    3. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    4. 編集部が自腹買いした優秀コスメ。コスパよすぎの保湿アイテムは?

    5. だるさや疲労感を改善する、ちょっとした生活習慣のヒント4つ

    6. 硬い体がみるみるやわらかくなるポーズ。座ってできます!

    7. アボカドをひと晩で完熟に! キッチンにあるもので簡単にできる裏技

    8. 座りっぱなしの人はやるべき。お尻をやわらかくするポーズ

    9. 「反り腰」を改善する簡単ストレッチ。腰痛やO脚の原因にも!

    10. 「一日でやることは3つだけ」。全米でバズったライフハック

    1. 普段よりうんちがくさくなる9つの理由を医師が説明

    2. アボカドをひと晩で完熟に! キッチンにあるもので簡単にできる裏技

    3. なぜ眉メイクは難しい? 失敗しないポイントは3つ

    4. 躁とうつを繰り返す「双極性障害」はどんな病気? 有名人がつらさを告白

    5. 血圧を下げる3か条。積極的に摂るべきフードは?

    6. 30日間、毎日ダークチョコを食べる研究でわかったこと

    7. あなたの砂糖中毒度はどのくらい? 摂りすぎをチェックする8つの質問

    8. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    9. 硬い体がみるみるやわらかくなるポーズ。座ってできます!

    10. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は