1. Home
  2. EAT
  3. グルタチオンを味方に、二日酔いを防ぐ飲み方 #ポジティブ栄養学

グルタチオンを味方に、二日酔いを防ぐ飲み方 #ポジティブ栄養学

ポジティブ栄養学

1,747

吉川圭美

グルタチオンを味方に、二日酔いを防ぐ飲み方 #ポジティブ栄養学

こんにちは。栄養士・栄養カウンセラーの吉川圭美です。肌も体調も、気分上々な私は栄養でつくれる! もっと味方につけていきましょう。

今回は、二日酔いを防いでくれる「グルタチオン」について。

アルコールを無毒化し、肝臓をサポート

忘年会シーズンがスタート。会社メンバーや取引先、友達など、みんなで集まりお酒を飲む機会が増えてきます。今年もおつかれさま、などと話していると、一年が過ぎる早さをあらためて実感します。そんなときに意識するのが、翌日にお酒を残さないこと。飲み過ぎないようにするのはもちろん、事前に栄養ドリンクを飲んでみたり。

そんなときの助けになってくれるのが「グルタチオン」。お酒を飲んだとき、アルコールはアセトアルデヒドという毒素に変わりますが、これを無毒化し、二日酔いをやわらげるはたらきがにあります。「グルタチオン」は、身体のほとんどの細胞に存在し、体内で作られています。ただ年齢を重ねるごとに少なくなりがち。足りない分は外から補給することで、肝臓の負担を軽くすることができます。

お酒のお供に「グルタチオン」をチャージ

「グルタチオン」が多い素材としては、肉類があげられます。そこで、お酒の席では肉料理をオーダー。翌日の二日酔いを防いでくれます。アセトアルデヒド分解酵素の材料、ナイアシンも一緒にチャージできるのもうれしいメリットです。

ちなみに、アルコールは体内で活性酸素を発生させてしまううえ、処理するために亜鉛をはじめ多くのビタミン、ミネラルを必要とします。楽しい時間だとついお酒が進みがちですが、体内の栄養をムダ使いしないためにも、ほどほどに。

ポジティブ栄養学をもっと読む>>

image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 口紅の下地としても優秀! しっとりふっくら唇をかなえるリップ

    5. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    6. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    10. 掃除機スタンドなら、壁に穴を開けなくてOK。本体もノズルも「見せる収納」

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    5. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    10. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由