1. Home
  2. EAT
  3. 身も心も癒やされる、ひよこ豆のなめらかスープ【南イタリア美人レシピ】

身も心も癒やされる、ひよこ豆のなめらかスープ【南イタリア美人レシピ】

1,536

マッツィテッリ福子

身も心も癒やされる、ひよこ豆のなめらかスープ【南イタリア美人レシピ】

ナッツのような香ばしさとほくほくの食感が魅力のひよこ豆をやわらかく煮てつぶした、冬においしいポタージュスープをご紹介します。イタリアで「ヴェッルタータ・ディ・チェーチ(ひよこ豆をビロードのようになめらかにしたもの)」と呼ばれるように、とてもスムーズな口あたりでするする食べられます。作り方はシンプルなのに、香味野菜のコクとハーブの風味のおかげでものすごく「ヨーロッパ」な仕上がりに。きっと新鮮に感じられるはずです。

年末年始にこそ作りたい、やさしいスープ

ひよこ豆は乾燥した土地に向くため日本ではほとんど栽培されていないそうですが、イタリアではとっても身近な食材で、たいていどの家庭でも常備されています。ほかの豆と同じくタンパク質に富み、葉酸や亜鉛といったビタミン・ミネラルを供給できる栄養源でもあります。

20161210_italy2.jpg

イベントの多い年末年始はお酒を楽しむ機会が増えますが、ひよこ豆には疲労回復やアルコールの分解を助けるビタミンB1・B6が多く含まれているそうです。今回のスープは、こっくりしているけれどもバターもクリームも小麦粉も入れていないので消化しやすく、冷えた胃腸まで温めてくれる嬉しい料理。忙しい師走だからこそ、おうちではこういう滋養のあるやさしい食事をとって、心身を癒やしてあげたいですね。

ひよこ豆のなめらかスープ(4人分)

【材料】

ひよこ豆(乾燥) 400g

水または野菜スープ 適量

<A>

タマネギ 1/2個

ミニトマト 1~2個

ニンニク 1片

サルヴィア(セージ)の葉 2~3枚

ローズマリーの葉 2~3つまみ

塩 適宜

コショウ 適宜

エクストラヴァージンオリーブオイル、黒コショウ お好みで

【作り方】

1. ひよこ豆は軽く洗ってから12時間水に浸しておく。

2. 豆の水を切って圧力鍋に入れ、豆が十分にかぶるくらいの水(または野菜スープ)を入れて1時間煮る。普通の鍋を使う場合は2時間ほど煮ますが、途中水分が減ったら適宜追加してください。水分が少ないとスープというよりピューレに近い感じになりますし、多すぎると薄くなりすぎるので様子をみながら調整してください。

※野菜スープの作り方:大きな鍋にたっぷりの水、半分に切ったタマネギ1個・ニンジン2~3本・セロリ1本を入れて1~2時間コトコト煮る。

3. 豆を煮ている間、Aをすべてみじん切りにし、油をひいたフライパンに入れ、野菜やハーブの風味を引き出すように弱~中火で炒める。

4. 豆がやわらかくほっくりと煮あがったら、ミキサーなどでピューレ状に撹拌する。このとき、全部の豆をつぶさずに1割ほどよけて元の形を残しておくと食感のアクセントになります。

5. 4に3を加えてよく混ぜ合わせたらできあがり。お皿に盛ってから、お好みでエキストラヴァージンオリーブオイルと黒コショウをかけてめしあがれ。

別で炒めた野菜&ハーブ(3)はお好みによって、一緒にミキサーにかけてもOKです。そうすればもっと全体的になめらかなヴェッルタータになりますね。

イタリアではプリモピアットとして出されるので、小さく切ってトーストした食パン(クロスティーニ)が添えられ、ほとんどのひとはそれをスープの中に入れて食べています。

>>その他の【南イタリア美人レシピ】を読む

フレッシュなリコッタチーズとくるみのパスタ

栗粉でつくるナッツたっぷりトルタ、カスタニャッチョ

しっとりふわふわ、鶏むね肉のレモン風味ソテー

    Ranking

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 猫背・巻き肩の改善、代謝アップに。メリットたくさん「肩甲骨のストレッチ」

    3. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    4. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    5. 乳製品不使用でもこっくり濃厚。クリームを使わないクリームパスタ

    6. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    7. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    8. どう摂ればいい? 美容と健康を底上げし、ストレスから私たちを守る「ビタミンC」

    9. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    10. 上げたいのは「免疫力」。健康を底上げする新キーワード「デカン酸」に注目

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    5. 乳製品不使用でもこっくり濃厚。クリームを使わないクリームパスタ

    6. 猫背・巻き肩の改善、代謝アップに。メリットたくさん「肩甲骨のストレッチ」

    7. すぐに真似してみたい。こぐれひでこさんのアイデアいっぱいサラダ7選

    8. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    9. オンラインで広がったヨガの可能性。モデル・野沢和香さんが次に挑戦したいことは

    10. 上げたいのは「免疫力」。健康を底上げする新キーワード「デカン酸」に注目

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    5. 歯磨きが睡眠に与える影響は? 寝る前に絶対やっていはいけないこと

    6. 調査でわかった。「男性が本当にほしいギフト」と「女性が贈りたいギフト」は一致していた

    7. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    8. ワッフルメーカーで焼くと美味しく変身するもの9つ。豆腐やチーズにもトライ!

    9. 頭痛持ちの人が「やらないほうがいいこと」4つ。えっ、クラシック音楽も!?

    10. 脚も環境も喜ぶサスティナブル・スニーカー。いっぱい歩いても、なんなら走っても大丈夫

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら