1. Home
  2. MIND
  3. なんと12/14もスーパームーン!? 今年最後の満月も見逃せない

なんと12/14もスーパームーン!? 今年最後の満月も見逃せない

星と暮らす

景山えりか

なんと12/14もスーパームーン!? 今年最後の満月も見逃せない

先月、月と地球の距離が68年ぶりの近さになったウルトラスーパームーンは見られましたか。あいにくの曇り空で、見られなかった人も少なくないと思います。そんなみなさんに朗報です! 12月14日(水)の満月も「スーパームーン」になります

そもそもスーパームーンとは、月が地球に最接近したとき(の前後)に生じる満月のこと。ですが、天文学の用語ではないので、学術的な定義は存在しません。つまり「地球に○kmまで接近したらスーパームーンと呼ぶ」というような、距離の値がはっきりと決まっているわけではないのです。そのため、さまざまな解釈をすることができます。かの有名なNASAでは、10月・11月・12月の、3ヵ月連続でスーパームーンになると伝えているから驚きです!

月が地球を周回する軌道は楕円のカタチをしていて、月は公転しながら地球に近づいたり遠ざかったりしています。地球から月までの平均距離は約38万km、月が一番地球に近づくときは約36万km、一番遠ざかるときは約41万kmです。

先月のウルトラスーパームーンのときは、地球に対して35万6500km台まで近づきました。それでは12月14日の満月はどうかというと、月と地球の距離は35万8400km台。そう、けっこう近いのです。今年最後の満月が、平均的な満月にくらべて、明るくて大きく見えることは間違いないでしょう。

12月14日の月が、スーパームーンでも、そうでなくても、満月であることに変わりはありません。まんまるに満ちたお月様は、昔は「豊かさ」の象徴とされていました。収穫祭や儀式などが行われ、自然に対して感謝をささげるタイミングだったのです。

現代に暮らす私たちにとっては、家族や友人といった身近な人へ感謝の気持ちを伝えるタイミングととらえてみてはいかがでしょう。スマートフォンなどで撮影した満月の画像に、「いつもありがとう」とメッセージを添えてメールを送れば、日ごろはなかなか口にできない感謝の気持ちが、きっと伝わるはず。

月は、地球にとっても、私たちにとっても、たったひとつの存在。今年最後の満月が、ここにはいない誰かを想い、その人と心を通わせるきっかけになったらいいですね。

また、「豊かさ」の象徴である満月を眺めながら「今年もありがとうございました。来年も実り豊かな年となりますように」と、願いをかけるのもおすすめです。

お知らせ

本連載『星と暮らす』をご愛読いただき、ありがとうございます!

わたくし、景山えりかが星空ガイドとして同行する、伊豆諸島・神津島での星空ツアー第2弾が、2017年1月に開催されます。

「一年の計は星にアリ!」。新しい年のはじまりを、神々が集う「神津島」で過ごし、星に新年の願いをかけませんか?

連載の中だけでは書ききれない星座や月のことを、たっぷりとお話させていただきます。ご一緒に、満天の星の下で、新年のスタートを切りましょう!

プラネタリウムアイランドへ★ 神津島 de 星見初め(ほしみぞめ)ツアー

日程:2017年1月7日(土)~1月9日(月・祝)

ツアーの詳細・お申し込みは、こちらへ

>>「星と暮らす」記事一覧

photo by PIXTA

    specialbunner

    Ranking

    1. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    4. 抜け毛、白髪などエイジングの悩みに。美容のプロおすすめのヘアケア

    5. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「ひざの腫れ」に隠された5つの原因。痛くて歩けないのは虫のせいかも

    8. セックス博士に聞きました!「女性は一晩で何回イケますか?」

    9. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    10. ちょっと待って! トマトは「やさい麹」にすれば最強の発酵食になる

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    3. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?

    4. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    5. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    6. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    9. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    10. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    5. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    9. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた