1. Home
  2. STYLE
  3. 洗濯表示が新しくなった。まず覚えるべき3つのマークって?

洗濯表示が新しくなった。まず覚えるべき3つのマークって?

1,371

洗濯表示が新しくなった。まず覚えるべき3つのマークって?

12月より新しい洗濯表示の記号が付いた衣類等の販売が始まりました。お気に入りの服を長くていねいに着こなしたいから、しっかり確認したいもの。

そこで新しい洗濯表示を見てみると、「弱」、「手洗い」、「ドライ」などの文字がなくなっているではないですか! 文字に頼れないので、記号の意味を覚えておいたほうがよさそうです

まずは新しい洗濯表示を確認

もちろんほとんどの服はまだ旧表示。そこで新旧両方の表示を確認したいと思います。

20161205_wash1_2.jpg

20161205_wash2.jpg

覚えておきたい3つのマーク

新しい洗濯表示の記号は、種類も大幅に増えて文字もありませんが、意味を理解できれば便利そう。宅配クリーニングサービス「リネット」によると、以下の3つを最低限押さえておけば大丈夫とのこと。

20161205_wash3.jpg

洗濯機OKのマーク

チェックしておきたいのが洗濯機OKのマーク。桶のマークに付いた数字は液温の限度数を表しています。以前のものは洗濯機のマークでした。

20161205_wash4.jpg

クリーニングOKのマーク

洗濯機がNGでも、クリーニングOKなのが「○」の記号。○の中に書いてある「P」「F」「×」というのはクリーニング店で確認する部分なので、基本○ならクリーニングという覚え方でよさそう。

20161205_wash5.jpg

手洗いのマーク

見逃してはならないのが、桶に手を入れるマーク。このマークが付いた衣服は、手洗いする必要があります。

20161205_wash6.jpg

余裕があったら覚えたいマーク

「△」......漂白OK。

「・」......このマークの数で温度の高さを示します(ダンブル乾燥、アイロン)。

桶マークの下の横線......洗い方の強弱を示します。

「❙」......つり干し方法(自然乾燥法)。

「━」......平干し方法(自然乾燥法)。

衣類を傷ませない工夫も

買おうかどうしようか悩んでいた服に「水洗い不可」のマークを見つけて、買うのをやめたことはありませんか。じつは水洗い不可の服でも素材や色落ちをチェックしながらであれば、つけ込み洗い&タオルドライをすればおうちでも洗えるのです

その際には、洗濯表示をふまえたうえで、衣類を傷ませない工夫をしましょう。

・ビジューなどの装飾品があるものは中表にして洗う。

・洗濯機で浮いてしまい、洗いにくいダウンジャケットはバスタオルにくるんで重みをつけて洗濯機へ。

・ワンピースなどの重さがあるものを干すときには、ハンガーを二つ使用して重みを分散して干す。

洗濯方法だけではなく、収納の仕方も大切です。衣替えは、数日晴れが続き空気が乾燥した日を選びます。収納する衣類を虫干しし、その間にクローゼットや押し入れを掃除した後、扇風機をまわして換気しておけばよりカビ対策に効果的!

洗濯表示が新しくなるのを機に、衣類の取り扱い方を見直して、お気に入りの服をより長く愛用したいものです。

top-image via Shutterstock

[リネット, 消費者庁 家庭用品品質表示法

知恵子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. 医師に聞いた、体臭を防ぐ7か条。サビない人になる秘訣って?

    3. 私たちって共依存? セラピストが教えるチェックポイント8つ

    4. ポテトチップスを食べ出すと止まらないのはなぜ? 無駄な食欲を減らす方法

    5. 「昨日の食べ過ぎ」を帳消しにする、おすすめのランチメニュー

    6. 3秒で“体のゆがみ”を無料計測。体と心を整えるオアシス、知ってる?

    7. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. クサくなるのは疲れてるから? 医師が教える、加齢臭の対策法

    10. 穀物・乳製品はナシ! だけど腹持ちのよいヘルシー朝食11選

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. アボカド好きに朗報!しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. むくみが気になるなら避けて。塩分を多く含む8つの食品

    9. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    10. 砂糖もバターも使わない! 食物繊維たっぷりなヘルシーブラウニー

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    7. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    8. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン