1. Home
  2. MIND
  3. 乙女心くすぐる、お風呂で新お茶習慣

乙女心くすぐる、お風呂で新お茶習慣

乙女心くすぐる、お風呂で新お茶習慣

お茶の持つ力はとっても偉大。ハーブティーなどは特に、体を内面から温めてくれるだけでなく、精神的にも落ち着かせてくれるなど、さまざまな効用を持つことで知られています。

香水はじめコスメにも頻繁に使用されるハーブですが、ハーブティーを使ったバスケア製品が現在、マーケットで人気となりつつあります。

自然の香りがやっぱり一番

冷えるこの季節はいつもよりバスタイムを充実させたい、もっとリラックスしたいと願うもの。しかしあまりに「作られた」香りや不自然な色は避けたい、という女性たちに特に人気なのが「Botica Bliss(ボタニカ ブリス)」をはじめとする、オーガニック入浴剤。「バス・ティー(入浴する紅茶)」と呼ばれ、そして効能もやさしく、赤ちゃんと一緒にバスタイムを満喫することも可能です。

香り豊かでマイルドなお風呂に

自宅で手軽に楽しめる「アロマバス・セラピー」

しかしわざわざ既製品でなくても、という人は、ハーブティーのティーバックを買ってきて試しても効果が期待できそう。お茶を使った美容法を紹介する「RIVERTEA」によると、緑茶を濃いめにカップ一杯出したものを湯船に加えることで、肌がスムーズになり、日焼け後などの乾燥肌対策にも良いのだそうです。

ラベンダー・ティーならば見た目も鮮やかで香りにも癒されます。かゆみのある人はカモミールティーで入浴すれば乾燥肌が改善され、肌がしっとりと赤ちゃん肌のようにやわらかくなり、穏やかに眠りにつく効果があるのだそう。その場合、ティーバック4、5個を沸騰した1リットルのお湯に15分ほど事前につけ、十分に煮出してから、湯船に加えて楽しむと良いそうです。

気をつけなくてはいけないのは、アレルギーのある人。たとえばキク科のアレルギーのある方は、カモミールは使用できません。事前に肌に合うものかチェックしたうえで、バスタイムにお茶を活用してみてください。

BoticaBliss,RIVRETEA,the tea talk

image via shutterstock

キュンメルめぐみ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 春先だけじゃない花粉症。自分が持つアレルゲンの見つけ方とは?

    2. 20分以内でつくることができる高タンパク質メニュー6

    3. 精神科医が勧める、誰かのためじゃなく「自分のために生きる方法」

    4. 15分で完成。レンジで作る、簡単&なめらか茶碗蒸しのレシピ

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. トレーナーに聞いた! 結果が出る筋トレとは?

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 血圧を下げる低カロリーな果物はどれ? 栄養士おすすめの食べ方

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    6. 精神科医が勧める、誰かのためじゃなく「自分のために生きる方法」

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    9. オリーブ油よりも◯◯油。コレステロールを減らせる5つの食品

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. コーヒーの量やチョコを欲するときが増えたら、気をつけるべきこと

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    6. 野菜より先に口にするといいものは? 太らないための「食べる順番」

    7. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    8. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって