1. Home
  2. MIND
  3. 乙女心くすぐる、お風呂で新お茶習慣

乙女心くすぐる、お風呂で新お茶習慣

キュンメルめぐみ

乙女心くすぐる、お風呂で新お茶習慣

お茶の持つ力はとっても偉大。ハーブティーなどは特に、体を内面から温めてくれるだけでなく、精神的にも落ち着かせてくれるなど、さまざまな効用を持つことで知られています。

香水はじめコスメにも頻繁に使用されるハーブですが、ハーブティーを使ったバスケア製品が現在、マーケットで人気となりつつあります。

自然の香りがやっぱり一番

冷えるこの季節はいつもよりバスタイムを充実させたい、もっとリラックスしたいと願うもの。しかしあまりに「作られた」香りや不自然な色は避けたい、という女性たちに特に人気なのが「Botica Bliss(ボタニカ ブリス)」をはじめとする、オーガニック入浴剤。「バス・ティー(入浴する紅茶)」と呼ばれ、そして効能もやさしく、赤ちゃんと一緒にバスタイムを満喫することも可能です。

香り豊かでマイルドなお風呂に

自宅で手軽に楽しめる「アロマバス・セラピー」

しかしわざわざ既製品でなくても、という人は、ハーブティーのティーバックを買ってきて試しても効果が期待できそう。お茶を使った美容法を紹介する「RIVERTEA」によると、緑茶を濃いめにカップ一杯出したものを湯船に加えることで、肌がスムーズになり、日焼け後などの乾燥肌対策にも良いのだそうです。

ラベンダー・ティーならば見た目も鮮やかで香りにも癒されます。かゆみのある人はカモミールティーで入浴すれば乾燥肌が改善され、肌がしっとりと赤ちゃん肌のようにやわらかくなり、穏やかに眠りにつく効果があるのだそう。その場合、ティーバック4、5個を沸騰した1リットルのお湯に15分ほど事前につけ、十分に煮出してから、湯船に加えて楽しむと良いそうです。

気をつけなくてはいけないのは、アレルギーのある人。たとえばキク科のアレルギーのある方は、カモミールは使用できません。事前に肌に合うものかチェックしたうえで、バスタイムにお茶を活用してみてください。

BoticaBliss,RIVRETEA,the tea talk

image via shutterstock

    Ranking

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    3. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    4. 下腹部をガッツリ凹ます、カエルみたいな動きの筋トレ

    5. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    6. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    7. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    8. 家で筋トレ、はじめませんか? Amazonセールで選ぶフィットネス機器5

    9. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    10. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    3. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    4. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    5. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    6. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    7. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    8. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    9. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    10. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?