1. Home
  2. MIND
  3. 愛される勇気、持っていますか?

愛される勇気、持っていますか?

30代からのやさしい愛のはじめ方

1,769

斎藤芳乃

愛される勇気、持っていますか?

こんにちは、マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。

誰しも、嫌われる人生よりも愛される人生を歩みたいもの。しかし、多くの人が愛されたいと願っても、なかなか愛を得られない人生を送っています。

しかし、それはあなたの存在に価値がないとか、女性として魅力的ではないということではありません。じつは、愛されないと悩むときほど、潜在意識に「愛されない理由」を持ってしまっているのです

今回は、こうして自分でも気付かなかった潜在意識のクセに気づいて、さらに愛される人生を送るための3つのポイントについてお伝えしていきたいと思います。

愛されてもいいのだと許してみる

まずはじめに大切なことは、自己価値を感じること。つまり「私は愛されていい人間である」と、自分を許してあげることです。

じつはほとんどの人が、愛されないことへの耐性があるのですが、その反対に自分が愛されることについては許可を出せていません。こうしたときほど、意図的に自己価値をしっかりと感じていく必要があります。

たとえば、

・私は人に優しくできるからこそ、人からも優しくしてもらう価値がある

・私は人を支える力があるからこそ、人からも支えてもらう価値がある

という具合にです。

愛される価値を感じれば感じるほど、愛される許可も同時に出すことができるようになります

まずは自分から愛を与えてみる

人は弱さを持っていますから、他人に対して愛を求めてしまうことも当然のこと。しかし、愛を求めても相手が応えてくれないとき、実際には相手も愛を求めているのかもしれません

たとえば、パートナーに優しさを求めても応えてもらえないとき、パートナーもまた疲れていて優しさを求めているのかもしれません。そんなときには、自分から優しくすることを心がけてみましょう。そうすることで、あなたから優しくされた相手も心がふっと和み、あなたに優しくできる余裕が戻ってきます。

自分から求めるだけではなく、自分が愛を与えることで、結果的に相手からも愛を受け取れるようになるのです。

ネガティブな自分も見せてみる

私たちの中には、「素晴らしい人になれば愛される」という完璧主義への憧れがありますが、じつはこれは間違いです。なぜなら人が人を愛するときは、完璧だから愛するのではなく、相手の感受性や相手の弱さ、すべてに共感して愛情を感じるからです。

あなたの友人がへこんでいるとき、その友人を慰め勇気づけたら、より親密さが深まるということがあります。このように、弱さを嫌って完璧になろうとするよりも、ネガティブな自分を見せて共感することでも、人は人を愛することができるのです

弱さやできないところを嫌うのではなく受けいれて、人と分かり合えるクセを持ってみましょう。

愛されるということも、愛するということも、どちらも「心で理解し合う」ということから始まります。あなたが思っている以上に、あなたは愛にふさわしい人。愛される勇気を持って、ありのままのあなたで人と関わり、温かい関係を作っていってくださいね。

>>「30代からのやさしい愛のはじめ方」をもっと読む

愛情をまっすぐ伝え、甘え上手になる3ステップ

彼が求めているのは、癒し、刺激、そして...

目上のひとから可愛がられる、あのひとの秘密

image via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. のどちんこの腫れを放っておかないほうがいい、5つのシビアな理由

    3. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    4. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    5. カヒミ・カリィさんの癒しに欠かせない。家に増え続けているものとは...

    6. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    7. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 「1日おきの断食」をたった1カ月ほど続けたら?

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    8. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    9. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由