1. Home
  2. EAT
  3. パパッと作れて見栄えよしスコップケーキでおもてなし上手に

パパッと作れて見栄えよしスコップケーキでおもてなし上手に

1,716

横山かおり

パパッと作れて見栄えよしスコップケーキでおもてなし上手に

image via shutterstock

イベントシーズンや記念日に食卓を華やかにしてくれるのはやっぱりケーキ。でも、クリームをきれいに塗ってデコレーションするのはなかなかむずかしい。そんなとき、簡単で見栄えがいいのが「スコップケーキ」。今回は、パーティーやおもてなしにピッタリ、アレンジ次第でいろいろなお料理に合うスコップケーキをご紹介します。

フルーツたっぷりで彩りゆたかに

machi?さん(@runrunpikko)がシェアした投稿 -

スポンジと生クリーム、フルーツさえあれば完成。スポンジも最近では購入できるので、急いでケーキをつくらなくてはいけないときにもオススメ。チキンやスープなど、クリスマスメニューとの相性も抜群

ほろ苦ティラミスケーキ

甘いものが苦手な人にもオススメなのが、ティラミスのスコップケーキ。マスカルポーネチーズの甘さはあるものの、上にかけるココア次第で一気に大人味に仕上げることができます。子どもが食べる分は、仕上げのときに別皿に分けてつくること。ワインやシャンパンとの相性も抜群なので、食後にゆっくりお酒と一緒に食べたい一品。

シフォンケーキの生地をスコップケーキに

スコップケーキにつかうスポンジ部分をシフォンケーキの生地に変えてみると、ふわふわ食感が味わえて軽めのデザートとしてとてもよろこばれます。こちらはモカシフォンなので甘さも控えめ。生クリームの量を調節すれば好みの甘さでいただくことができます。ごはんをたっぷり食べたあとのちょっとしたデザートにも。

立派な一品になるアップルクランブルケーキ

イギリスの定番菓子であるアップルクランブルケーキ。スコップケーキにするとたくさんのリンゴを味わうことができ、ボリュームも満点。軽いデザートというよりは食事に組み込まれている一品と考えたほうがいいかも。メインメニューは炭水化物少なめにして、こちらを思い切り楽しみたい。

年末年始に持ち寄りたい抹茶のケーキ

抹茶味のケーキなら親族が集まる年末年始にもピッタリ。年配の方にもよろこばれるケーキ。スコップケーキなら自分の食べたい分だけ取り分けられるので、量が調節できます。お正月料理を食べたあとのデザートに合いそう。

材料を器に重ねて入れていくだけで完成できるスコップケーキ。見た目は華やかでおしゃれなのに簡単につくれるので、知っておくと便利なデザートメニューです。

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    5. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    9. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    10. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由