1. Home
  2. EAT
  3. フレッシュなリコッタチーズとくるみのパスタ【南イタリア美人レシピ】

フレッシュなリコッタチーズとくるみのパスタ【南イタリア美人レシピ】

1,880

マッツィテッリ福子

フレッシュなリコッタチーズとくるみのパスタ【南イタリア美人レシピ】

ヨーロッパにはその土地ごとに特有のチーズがありますが、南イタリアにも地元生まれのチーズがたくさんあります。そのなかから今回はリコッタチーズを使ったお料理をご紹介します。

高タンパク・低脂肪で、七変化の万能さ

リコッタはちょっとユニークなチーズ。普通のチーズを作る過程で出る、ホエー(乳清)という水分を煮詰めることでできあがる「副産物チーズ」なのです。リコッタが生まれるまでは捨てられていたホエー(ヨーグルトから分離する水分と同じもの)は、じつは高タンパク・低脂肪という優れもの。普通のチーズよりヘルシーだとしてにわかに注目を浴びています。

たとえるならクリームチーズと豆腐のあいだのような、そのデリケートなおいしさも特徴です。おぼろ豆腐のようにふわっとやさしい食感にまずうっとり。ほどよい塩気の奥に乳糖の甘みがあって、鼻から抜ける余韻は生クリームみたいなミルク感。買ってきたら誰もがかならず「まずはそのまま」スプーンでつまみぐいして止まらなくなるくらい、単体でおいしいフレッシュチーズなのです。さらにはちみつをかけるとしびれるデザートにもなります。

20161203_italy2.jpg

クセのない淡い風味と、扱いやすい柔らかさのあるリコッタチーズは、おかずにお菓子にと七変化させるのにもってこい

ラヴィオリの中に詰めたり、ほうれん草やハムと一緒に混ぜてキッシュにしたり。あるいは砂糖やシナモンを加えて甘いクリームにすれば、シチリア名物のお菓子カンノーロやイタリア版シュークリームのフィリングに使えたりと、とにかく万能なので南イタリアではあちこちで見かける食材ともいえます。

今回のレシピは義母の母親がよく作ったというパスタ。ソースは火を使わないのでラクチン。さらにフレッシュなリコッタの魅力も生かせるのも嬉しいところです。

リコッタチーズとくるみのパスタ(4人分)

【材料】

お好みのショートパスタ 400g

リコッタチーズ 300g

くるみ 50~80g

ナツメグ 適量

塩 適宜

エクストラヴァージンオリーブオイル お好みで

【作り方】

1. リコッタチーズは常温に戻して水気を切り、大きなボウルに入れてフォークでほぐす。そこに小さく砕いたくるみとナツメグを加えておく。

2. パスタをゆで始める。水に加える塩はいつもより多めにした方がおいしく仕上がります。

3. パスタがゆで上がる直前に、ゆで汁を1のボウルに加えてよく混ぜ合わせ、なめらかなクリーム状にする。ゆで汁はおたま1杯分くらいが目安ですが、固いようならもう少し足してください。ここで味を見て、足りなければ塩を補う。

4. ゆで上がったパスタをボウルに加え、全体を混ぜ合わせたらできあがり。器に盛り、お好みでオリーブオイルをかけてめしあがれ。

>>その他の【南イタリア美人レシピ】を読む

栗粉でつくるナッツたっぷりトルタ、カスタニャッチョ

しっとりふわふわ、鶏むね肉のレモン風味ソテー

カラブリア産サルシッチャとかぼちゃのリゾット

    Ranking

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 猫背・巻き肩の改善、代謝アップに。メリットたくさん「肩甲骨のストレッチ」

    3. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    4. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    5. 乳製品不使用でもこっくり濃厚。クリームを使わないクリームパスタ

    6. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    7. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    8. どう摂ればいい? 美容と健康を底上げし、ストレスから私たちを守る「ビタミンC」

    9. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    10. 上げたいのは「免疫力」。健康を底上げする新キーワード「デカン酸」に注目

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    5. 乳製品不使用でもこっくり濃厚。クリームを使わないクリームパスタ

    6. 猫背・巻き肩の改善、代謝アップに。メリットたくさん「肩甲骨のストレッチ」

    7. すぐに真似してみたい。こぐれひでこさんのアイデアいっぱいサラダ7選

    8. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    9. オンラインで広がったヨガの可能性。モデル・野沢和香さんが次に挑戦したいことは

    10. 上げたいのは「免疫力」。健康を底上げする新キーワード「デカン酸」に注目

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    5. 歯磨きが睡眠に与える影響は? 寝る前に絶対やっていはいけないこと

    6. 調査でわかった。「男性が本当にほしいギフト」と「女性が贈りたいギフト」は一致していた

    7. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    8. ワッフルメーカーで焼くと美味しく変身するもの9つ。豆腐やチーズにもトライ!

    9. 頭痛持ちの人が「やらないほうがいいこと」4つ。えっ、クラシック音楽も!?

    10. 脚も環境も喜ぶサスティナブル・スニーカー。いっぱい歩いても、なんなら走っても大丈夫

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら