1. Home
  2. MIND
  3. 「あだ名」で自然に距離をつめる【なぜか人が集まるあの子の秘密】

「あだ名」で自然に距離をつめる【なぜか人が集まるあの子の秘密】

なぜか人が集まるあの子の秘密

1,079

TETUYA

「あだ名」で自然に距離をつめる【なぜか人が集まるあの子の秘密】

飛びきり、ルックス、顔がいいわけでもなく、なぜか男女問わず人気がある女性があなたの周りにもいると思う。そんな女性たちを僕は、人並み外れた回数の合コンという戦場の中で観察してきた。今回もその視点から人が集まる子の生態について紹介していく。

コミュニケーションの中でも難しいことのひとつが、「相手のとの距離のつめ方」。全くの知らない他人同士が、早く打ち解け合うには、いかに自然に相手との距離をつめられるかだ。時間がないからと、一気に相手との距離をつめると、それはそれで「なれなれしい」と嫌悪感を抱かれる。では、「自然」に距離をつめるにはどうすればいいのだろうか。

31歳 化粧品美容スタッフ さきちゃん(仮名)の場合

さきちゃんは、関西出身の元気な子だった。関西=お笑いという固定観念があるなか、彼女はその期待を裏切らず、終始よく喋っていた。合コンでさきちゃんと話す中で、僕はいつの間にか関西のノリだけじゃない、彼女のコミュニケーションスキルの術中にはまり心を開いていた。その会話を、かいつまんで紹介する。

さきちゃん:「TETUYAさんは、どこの出身なん?」

僕:「九州だけど」

さきちゃん:「学生時代は、みんなになんて呼ばれていたん?」

僕:「てっちゃんって呼ばれることが多かったかな」

さきちゃん:「てっちゃんって、呼んでいい?」

このあとのさきちゃんとの会話の冒頭には、ずっと「てっちゃん」がついていた。でも、それは嫌味もなくすーっと懐に落ちた感覚だった。

観察結果「あだ名を上手に使う」

「(苗字)さん」「(下の名前)さん」で呼んでいるうちは、なかなか距離は縮まらない。早く打ちとけるためのコミュニケーションツールとして「あだ名」で呼び合うことは重要だ。中には勝手に相手の名前で判断した「あだ名」で呼ぶ人もいるが、今まで一度も呼ばれたことのないあだ名であれば、少なからず違和感と嫌悪感に襲われる。

さきちゃんの魅力は、今までに呼ばれたことがある「あだ名」を確認したところにある。それもライトな質問からの、自然な流れの中でだ。「あだ名」は簡単なツールだが、どのタイミングで投入するかはきちんと見定める必要がありそうだ。

誰しも、今まで生きてきた中で、最低でも1個は「あだ名」を持っているはずである。そのあだ名で呼ばれたいきさつは人それぞれ。それも合わせて聞きながら、相手とのコミュニケートを図れば、自然と違和感なく心のテリトリーに入ることができる。会話の中に、相手のあだ名を必ず入れるところも、より加速的に親近感が増すポイントのひとつだと思う。自然に距離をつめる作戦のひとつとして、さきちゃんのように上手にあだ名を使ってみてほしい。

(イラスト・たなかみさき)

>>【なぜか人が集まるあの子の秘密】をもっと読む

#8 相手の目を見つめるスキル

#7 「ありがとう」と返す素直さ

#6 苦手なことにもチャレンジする「協調性」

#5 ワンランク上の思いやりで「差別化」

    specialbunner

    Ranking

    1. 1か月あれば体重は何kg減らすことができる? リバウンドを防ぐには?

    2. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 出血が多くても生理だから仕方ない!と思っていませんか?過多月経は治療できます

    5. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    6. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    7. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    8. ネガティブな感情で頭がいっぱい? あなたを解き放つ3つの処方箋

    9. ダイエット開始後すぐに体重が減るのはなぜ? 管理栄養士がアンサー

    10. もがき苦しんだ“燃え尽き症候群”と伊達公子さんから学んだこと〜元マラソンランナー・市橋有里

    1. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    2. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    3. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    4. 1か月あれば体重は何kg減らすことができる? リバウンドを防ぐには?

    5. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    6. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    7. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    8. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    9. 成果の出る正しいスクワット法。足や太もも、部位別にレクチャー

    10. ジム通い不要の万能筋トレ「プランク」、比較的ラクに行うコツは?