1. Home
  2. BODY
  3. デリケートゾーンは「第二の顔」。自宅で骨盤底筋マッサージ

デリケートゾーンは「第二の顔」。自宅で骨盤底筋マッサージ

強い骨を作る

2,027

デリケートゾーンは「第二の顔」。自宅で骨盤底筋マッサージ

日増しに寒さが厳しくなるこれからの季節は、手足だけでなくからだの芯を温めることがとても大切。冷えからくる血行不良は、からだのさまざまな部分からのサインとして、私たちに不調を知らせてくれるのです。とくに、血液循環が滞りやすい骨盤周りのケアはとても重要なのだとか。

女性にとってとても大切な骨盤周りやデリケートゾーンの温め方、ケアについて、デリケートゾーン専門サロンPubicare Salon(ピュビケアサロン白金台)」のチーフセラピスト、金光しんさんにお話を伺いました

血液の滞りは万病のもと

ーー骨盤まわりや、デリケートゾーンが大切なことはなんとなとくわかるのですが、具体的になぜ温める必要があるのでしょうか。

骨盤まわりというのは、血液循環が滞りやすい場所です。からだの血液は心臓から全身を巡ります。足先ーふくらはぎー太ももー陰部を通って心臓にもどるのですが、このときに陰部が冷えていると、巡ってきた血液を潤滑に心臓まで届けにくくなります。

足先を巡ってきた冷えた血液が陰部に溜まることで、たとえば生理痛や生理不順、子宮系の病気の原因となることもあるのです。逆に言うと、陰部を温めて血流循環を促すことで、生理痛などが軽減または解消することも期待できるんですよ」(金光さん)

女性にとって月に一度の生理は、からだの老廃物を排出してくれるデトックス作用もあるということですが、生理痛が辛いという声もたくさん聞きます。

どんなときに不調なのかデータを取る

ーー生理前後や生理中を快適に過ごすための工夫や、心がけたいことなど教えていただけますか?

手足が冷えているということは、からだ全体が冷えていること。からだは芯から温めなければ、いろいろな問題が生じてきます。単に、重ね着や重ね履きをすれば良いという話ではなく、からだに取り入れるもの(=食べ物)、ライフスタイルなどが大きく影響してくるのです。まずは自分のからだについて知ることが必要です。

たとえば、生理中と前後のライフスタイルや食べたものなどをメモして、どんなときに不調が起こりやすいのかといった、データを取ることをおすすめします。どんなものを食べると、どのような症状が起こるのか、ということが分かるだけでも随分と不調を軽減することができます」(金光さん)

デリケートゾーンは「第二の顔」

欧米では当たり前であるデリケートゾーンケアも、日本では未だタブー視される風潮があります。によると、デリケートゾーンからも体調がわかるのだそう。

「先ほど自分のからだを知ると言いましたが、デリケートゾーンのお肌の状態やニオイ、おりものなどで体調の変化がわかります。婦人科系の病気予防のひとつとして知っておいた方が良いかもしれません。

また、デリケートゾーンの皮膚はとても敏感で、摩擦や乾燥にとても弱いので、トイレットペーパーで強く拭くことはできるだけ避けた方がいいですね。できれば、デリケートゾーン専用のソープやワイプの使用をおすすめします。欧米では、デリケートゾーンは第二の顔とも呼ばれているんですよ」(金光さん)

20161130_pubicare1.jpg

デリケート ソープ 125mL 2,100円(税抜)

20161130_pubicare2.jpg

デリケートコットン ワイプ12枚入り 600 円(税抜)

女友だちの間でもなかなか話題にしづらいデリケートゾーンのこと。じつは「第二の顔」といわれるほど大切な場所だったのですね。

自宅でできる、骨盤底筋マッサージ

骨盤周りなどの血液循環をよくするためには、骨盤底筋をほぐすことが大切なのだそう。専用のクリームなどを使って自宅で簡単にできる骨盤底筋マッサージを教えていただきました。

20161130_pubicare3.jpg

デリケート ミルク 125mL 2,300円(税抜)

1. クリームを塗った両手のひらで、内太ももの付け根から下の方へ向かって、つまんでほぐすを繰り返す。

※骨盤底筋がわからない人は、椅子などを利用して座った状態だとつかみやすい。

2. お風呂上がり、クリームを塗る際には、太ももの裏側から内側を下から上へ向かってなでるようにマッサージする。

さらに効果を感じたい方には、白金台にあるPubicareサロンで受けられる「骨盤底筋ドレナージュ」(60分 10,800円)がおすすめです。アロマオイルを使い、お腹周りからそけい部、下半身全体を丁寧にマッサージ。施術が終わる頃には、お腹の中からじんわりと温まっており、下半身のむくみも改善されています。

何となくわかってはいたデリケートゾーンの大切さ。からだの変化を感じるためにも、すこしずつ意識していきたいですね。

デリケートゾーン専門美容サロン Pubicare Salon

住所:東京都港区白金台4-5-7サンストン白金台205

アクセス:東京メトロ南北線/都営三田線「白金台」駅2番出口すぐ

営業時間:10:00~22:00(最終入店21:00)

定休日:年中無休

電話:03-6450-3434(完全予約制)

image via Shutterstock

asami

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 満腹ホルモンで食欲を抑制。つくりおきできる高タンパク質おかず5

    2. 心配症や考えすぎの人におすすめしたい心理テクニック

    3. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    4. 愛してると言うかわりに「話を聞く」。カウンセリングに学ぶ傾聴力

    5. メイクしたまま寝てしまったら? 老け知らずな人に学ぶ美容術10

    6. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    7. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    8. ダイエット&美肌に、朝1杯の「レモン白湯」がおすすめな理由

    9. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    10. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    3. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    4. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    5. 白米を◯◯に変えて代謝アップを狙え。管理栄養士が教える献立

    6. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    7. ワクチンとあわせて防御力UP。インフルエンザをよせつけない生活習慣5

    8. ダイエット&美肌に、朝1杯の「レモン白湯」がおすすめな理由

    9. アルツハイマーを予防する? 驚きの健康パワーを持つオリーブオイルの見分け方

    10. 消防士や警察官も実践! 16秒でできる、緊張感を和らげる方法

    1. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    2. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    3. デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

    4. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    5. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

    6. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    7. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    8. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    9. 肺がんにならないために、今日からできること10

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    デリケートゾーンは「第二の顔」。自宅で骨盤底筋マッサージ

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More