生理の周期は人によってさまざま。だけど、女性は生理前と生理中で、月のうち一週間ほどは、イライラしたり、頭やお腹が痛くなったり、体が重だるくてやる気が出なかったりと、なんらかの変化や不調を感じているといいます。

それって1年にすると、24時間×7日×12か月=なんと2016時間! それだけの時間をもし元気に過ごせていたら、あれもこれもできるのにと考えると、なんとももったいなく思えてきます。

この1年に2016時間をもっと快適に過ごすことはできないのかな......?

生理のとき、不調を感じるのはなぜ?

そもそも、なぜ女性の体は生理前や生理中に不調を感じてしまうのでしょうか。それは、生理周期で「女性ホルモン」が変動するから。そもそも女性ホルモンには、「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の2種類があります

161202_inochi_01.jpg

エストロゲンは「妊娠の準備を進め、女性らしさをつくるホルモン」。生理の終わりから排卵前にかけて分泌が多くなり、受精卵が着床しやすいように子宮内膜を厚くする働きがあります。

女性らしい体に整えてくれたり、気分がポジティブになったり、自律神経が活発になって体調がよくなったり、肌の調子がよくなったり。これらの変化は「エストロゲン」のおかげ。「卵胞期」と呼ばれる体も心も肌も安定する時期です。

一方、「プロゲステロン」は「妊娠の継続をサポートし、女性の体を守るホルモン」。排卵後から次の生理にかけて分泌されます。

この期間は「黄体期」と呼ばれ、体が妊娠に適した状態を作り出そうとするとき。血流が悪くなってむくみやすくなったり、太りやすくなったり、精神的に不安定になったり、といった不調が出やすくなるのです。

妊娠が成立しないと、女性の体はこの変化を繰り返します。わずかな期間で起こる急激な変化によって自律神経が影響を受け、生理前や生理中の不調が起こるのです。

不調の原因は? いますぐチェック

161119_inochinohaha-white_01.jpg女性の体の仕組みによる、生理前~生理中の不調の理由はわかったけれど、大切なのは「私個人」のこと。不調の内容や種類にも個人差があるから、自分自身の不調は何が原因で、どう対処したらいいかを知りたいものです。

そんな人は小林製薬の「女性薬 命の母ホワイト」ホームページにある「生理前~生理中の不調の原因チェック」を利用してみましょう。当てはまる質問事項にチェックを入れるだけで、自分の不調の原因と対処法を教えてくれるんです。

□生理が重い、もしくは生理不順が気になる
□イライラしやすい
□目の下にクマができやすい、もしくは肌のくすみ、ニキビが気になる
□鼻水が出やすい
□気づかないうちにあざができる

>>詳細チェックはこちら

ちなみに私は、「疲れてだるく、やる気が起こらない日がよくある」「イライラしやすい」「顔や手足がむくみやすい」などにチェックを入れた結果、漢方医学で言う「気」と「水」に原因があるのだとわかりました

リフレッシュ&リラックスする時間を取るよう心がけたり、温かい飲み物や食事をとったりするといいそうです。

気持ちよく過ごす時間が増えるなら

161115_inochi_03.jpg「このしんどさはいつものこと」とあきらめていた生理前~生理中の不調を改善できれば、もったいなかったあの2016時間を、もっと有意義で気持ちのいい時間に変えられる

そう考えたら、やりたいことがたくさん思い浮かんで、つぎの生理が楽しみにさえなってくるのですが......。

❇︎  ❇︎  ❇︎

生理前〜生理中の不調、改善しませんか?

161115_inochi_04.jpg

  • 女性薬 命の母ホワイト第2類医薬品
  • 左から、84錠(1週間分):1,100円(税抜)、180錠(15日分):2,400円(税抜)

食事や生活習慣のアドバイスを聞くだけでも心がちょっと軽くなるものですが、じつは本来なら、生理前~生理中の不調って「ないのが当たり前」なのだそう。

そして、昔から女性の薬として使われてきた11種類の生薬が配合された漢方薬「女性薬 命の母ホワイトが、そんな"当たり前の状態"に近づけてくれます。

女性薬 命の母ホワイト」は、イライラや落ち込みといった心の不調にも、重だるさや生理痛といった体の不調にも、どちらにも対応してくれるから「生理がきそうだな......」と感じたときに飲み始めることで、調子がいいときと同じく健やかな状態で過ごすことができます。

生薬の力で「血行を促し体を温めること」で、ホルモンバランスの乱れからくる不調を改善していきます。「女性薬 命の母ホワイト」の存在、覚えておきたいですね。

[女性薬 命の母ホワイト, 生理前~生理中の不調の原因チェック]

写真/中山実華 文/イトウウミ

Sponsored by 小林製薬