1. Home
  2. EAT
  3. だるいからだをシャキッ!としたいときは #ポジティブ栄養学

だるいからだをシャキッ!としたいときは #ポジティブ栄養学

ポジティブ栄養学

だるいからだをシャキッ!としたいときは #ポジティブ栄養学

こんにちは。栄養士・栄養カウンセラーの吉川圭美です。肌も体調も、気分上々な私は栄養でつくれる! もっと味方につけていきましょう。

今回は、なんだかだるい疲れ気味というからだをサポートしてくれる栄養素、ビタミンB群について。

いつだって元気の味方「ビタミンB群」

日常的なことに加え、大掃除に冬休みの旅行の手配、お世話になった人へのお礼など、毎年のことながら12月は本当に慌ただしいものです。その一方で、プライベートでは忘年会やクリスマスパーティ、デートなども。にぎやかで楽しいシーズンともいえます。

そんなときこそシャキッとしたからだでテンポよく仕事を済ませ、楽しい時間を存分に満喫したいもの。「疲れた〜」とぐったりしていては能率も下がるうえ、楽しい時間も台なしになってしまいます。そんなとき、サポートしてくれる栄養素といえば、ビタミンB群。8種類からなるものです。

人間のからだは、食べたものをからだで使えるエネルギーに変換し、全身のあらゆるところで使っています。ここで変換するときに、さまざまな栄養素が必要になってきます。その代表的なものがビタミンB群。不足してしまうと、食べたものをエネルギーに変換できず、全身の細胞がエネルギー不足になってしまい、疲れやだるさを感じることにつながります。

ちなみに、ストレス暴飲暴食はビタミンB群を多く消費します。そのため、忙しいからとランチもそこそこに、クライアントとの忘年会で気を遣って食事もそこそこに、といった毎日を繰り返すと、あっという間にビタミンB群不足に......。気をつけたいものです

積極チャージ&消費させない節約も意識

でも大丈夫。ビタミンB群はさまざまなものに広く含まれています。とくに多いのがレバー玄米全粒粉といった未精製の穀物、肉、魚などです。パーティなどのときは、こうした食材を使ったメニューを意識的に食べましょう。また、甘いものシメのご飯の食べ過ぎもB群を多く消費するので、最初に登場するメインの肉や魚をたっぷり食べ、シメを控えめにしておくのがいいかもしれません。

ポジティブ栄養学をもっと読む>>

image via shutterstock

吉川圭美

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    3. レモン水をめぐる5つの迷信

    4. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    5. 心臓と血管のため40歳までに変えるべきことは?

    6. 腰痛を引き起こす8つの習慣、しつこい痛みにサヨナラ

    7. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    8. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    9. おいしく食べて、心身が整う。軽井沢のヴィーガンレストラン

    10. 松本千登世が考える「涼しげな女性」という、大人の最上級

    1. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    2. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    6. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    7. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    8. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    9. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    5. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    8. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    9. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    10. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    だるいからだをシャキッ!としたいときは #ポジティブ栄養学

    FBからも最新情報をお届けします。