1. Home
  2. EAT
  3. だるいからだをシャキッ!としたいときは #ポジティブ栄養学

だるいからだをシャキッ!としたいときは #ポジティブ栄養学

ポジティブ栄養学

1,048

だるいからだをシャキッ!としたいときは #ポジティブ栄養学

こんにちは。栄養士・栄養カウンセラーの吉川圭美です。肌も体調も、気分上々な私は栄養でつくれる! もっと味方につけていきましょう。

今回は、なんだかだるい疲れ気味というからだをサポートしてくれる栄養素、ビタミンB群について。

いつだって元気の味方「ビタミンB群」

日常的なことに加え、大掃除に冬休みの旅行の手配、お世話になった人へのお礼など、毎年のことながら12月は本当に慌ただしいものです。その一方で、プライベートでは忘年会やクリスマスパーティ、デートなども。にぎやかで楽しいシーズンともいえます。

そんなときこそシャキッとしたからだでテンポよく仕事を済ませ、楽しい時間を存分に満喫したいもの。「疲れた〜」とぐったりしていては能率も下がるうえ、楽しい時間も台なしになってしまいます。そんなとき、サポートしてくれる栄養素といえば、ビタミンB群。8種類からなるものです。

人間のからだは、食べたものをからだで使えるエネルギーに変換し、全身のあらゆるところで使っています。ここで変換するときに、さまざまな栄養素が必要になってきます。その代表的なものがビタミンB群。不足してしまうと、食べたものをエネルギーに変換できず、全身の細胞がエネルギー不足になってしまい、疲れやだるさを感じることにつながります。

ちなみに、ストレス暴飲暴食はビタミンB群を多く消費します。そのため、忙しいからとランチもそこそこに、クライアントとの忘年会で気を遣って食事もそこそこに、といった毎日を繰り返すと、あっという間にビタミンB群不足に......。気をつけたいものです

積極チャージ&消費させない節約も意識

でも大丈夫。ビタミンB群はさまざまなものに広く含まれています。とくに多いのがレバー玄米全粒粉といった未精製の穀物、肉、魚などです。パーティなどのときは、こうした食材を使ったメニューを意識的に食べましょう。また、甘いものシメのご飯の食べ過ぎもB群を多く消費するので、最初に登場するメインの肉や魚をたっぷり食べ、シメを控えめにしておくのがいいかもしれません。

ポジティブ栄養学をもっと読む>>

image via shutterstock

吉川圭美

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 些細なことも気に留めて。医師が教える「卵巣がん」になりやすい条件7つ

    2. 二日酔いの治し方5つ。飲み過ぎた次の日に効果的な食べ物は?

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. ダイエット中におすすめのネタは? 太らないお寿司の食べ方

    5. どこか悪いのかも。喜んでいられない、生理がいつもより軽い理由

    6. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    7. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    8. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    9. 死を恐れていませんか? | 禅僧のおことば 21

    10. 12星座別のボディケア。本当にぴったりなアロマの選び方

    1. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    2. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    3. 些細なことも気に留めて。医師が教える「卵巣がん」になりやすい条件7つ

    4. どこか悪いのかも。喜んでいられない、生理がいつもより軽い理由

    5. 性欲を高める効果も! ハル・ベリーが実践しているワークアウト

    6. ダイエット中におすすめのネタは? 太らないお寿司の食べ方

    7. 医師が教える、便秘4タイプ。「便秘は治療が必要な病気」

    8. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    9. カリスマ女医が教える、「美肌菌」が増える食事の13か条

    10. 怒りをぶつけてはダメ。人生を豊かにするための、正しい怒り方

    1. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. やっぱりバナナはすごい! 科学が裏付けた健康パワー10

    3. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    6. 100回の腹筋よりおすすめの運動って?【痩せるカラダを作る方法】

    7. あなたの身近にいるかも?「反社会性パーソナリティー障害」の性格特性13

    8. 朝ごはん、お風呂を大事にする! 自律神経の名医がすすめる「健康の極意」とは

    9. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    10. 食べるだけで3kg減? アーモンド、驚きのダイエット効果6つ

    だるいからだをシャキッ!としたいときは #ポジティブ栄養学

    FBからも最新情報をお届けします。