1. Home
  2. EAT
  3. 女性にうれしい栄養素がいっぱい。旬の牡蠣、もう食べた?

女性にうれしい栄養素がいっぱい。旬の牡蠣、もう食べた?

1,173

片岡理森

女性にうれしい栄養素がいっぱい。旬の牡蠣、もう食べた?

「Rの付く月がおいしい」と言われる、今が旬の牡蠣。プルンとした乳白色の姿、口に広がるクリーミーで濃厚な旨味......私は生牡蠣をキンキンに冷やした白ワインと合わせて食べるのが大好き。サニーヘルス株式会社のレポートによると、おいしいだけじゃなく、実はダイエットや美容にも最適なのだそうです。

まるで完全食。バランスの良い牡蠣の栄養素

牡蠣はとても栄養価が高く高タンパク低脂肪ビタミンミネラルなど多くの栄養素を多く含んでいるため、「海のミルク」と呼ばれるのは聞いたことがあるかもしれません。なかでも特筆すべき栄養素は、亜鉛グリコーゲンタウリンです。

亜鉛細胞の新陳代謝を促進し、皮膚や髪に潤いを与え免疫力をアップ。亜鉛は魚介類全般に多く含まれますが、牡蠣は群を抜いて多く、成人女性なら牡蠣1個で一日の必要量を満たすことができます。

グリコーゲン肝臓の機能を高めたり、筋肉や脳の働きを活発にします。即効性の疲労回復や、血糖値を一定に保つ作用、集中力を高める作用などがあります。

牡蠣は吸収の良いヘム鉄を多く含んでいます。鉄分が貧血からくる動悸、息切れ、だるさに効果的なのはよく知られていますが、体温を維持する保温効果もあるので冷え症にも効果的。

タウリン栄養ドリンクでよく知られているタウリンはアミノ酸の一種で、疲労感の原因となる乳酸の増加を防ぐほか、脂肪肝の予防をしたり、コレステロールの上昇を抑えるなど、さまざまな効果があります。

牡蠣を使ったアレンジ料理

牡蠣といえばフライや鍋料理が一般的ですが、他にもチャレンジしたくなるおいしそうな食べ方がいっぱいあるようです。

@kohphiphi_kosugiが投稿した写真 -

牡蠣とレンコンの黒胡椒炒め。ピリ辛で温まりそう。

日本酒と発酵バターで蒸した牡蠣のアクアパッツァ。旨味が溶け出したスープも絶品。

牡蠣のリゾット。チーズやキノコとも相性抜群。

よく牡蠣にレモン汁をかけて食べますが、ビタミンCは鉄や亜鉛の吸収を良くするので、理に適った食べ方なのだとか。いろんなアレンジを楽しみながら、旬のおいしい牡蠣を食べて、栄養素をしっかり吸収したいと思います。

microdiet.net

image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    5. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    9. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    10. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由