1. Home
  2. BODY
  3. 目を酷使しすぎな人に、いますぐできる目元ケア #まとめ

目を酷使しすぎな人に、いますぐできる目元ケア #まとめ

目を酷使しすぎな人に、いますぐできる目元ケア #まとめ

モノをじーっと見てしまう癖があり、気づくとしばらくまばたきしていなかった。仕事はほとんどパソコン作業、そして帰り道に車内でスマホを見ていて、さてと駅に降りたらなんだかとっても目がかすむ......我ながら目を酷使しているなと感じます。

マイロハスの記事からすぐできる目元ケアをまとめてみました。

ツボ押しアイエクササイズで魅力的な目元にアイクリームを使って目の周りのツボを刺激疲れ目に、視界スッキリ「眼ヨガ」手で温めて血の巡りを改善目の疲れがスッキリ。「うさぎのポーズ」で表情も明るくなる頭頂部のツボ「百合(ひゃくえ)」を刺激して頭も目もクリアにたった数分でOK。疲れ目がクリアになる「トラータカ」きれいなものをじーっとみつめるだけで......その場でぐるぐる。疲れ目を癒やす簡単ストレッチ目の周りの筋肉を意識、上下左右に動かそう

どれもすぐできる目元ケアばかり。オフタイムこそ、積極的に目をリラックスさせて、いつでもクリアでパチッと輝く目ヂカラを保てるようにケアしましょ。

(マイロハス編集部)

image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    5. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 傷ついた心を癒やす処方箋。深い闇から立ち直るには?

    9. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    9. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    10. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析