1. Home
  2. BODY
  3. 目を酷使しすぎな人に、いますぐできる目元ケア #まとめ

目を酷使しすぎな人に、いますぐできる目元ケア #まとめ

目を酷使しすぎな人に、いますぐできる目元ケア #まとめ

モノをじーっと見てしまう癖があり、気づくとしばらくまばたきしていなかった。仕事はほとんどパソコン作業、そして帰り道に車内でスマホを見ていて、さてと駅に降りたらなんだかとっても目がかすむ......我ながら目を酷使しているなと感じます。

マイロハスの記事からすぐできる目元ケアをまとめてみました。

ツボ押しアイエクササイズで魅力的な目元にアイクリームを使って目の周りのツボを刺激疲れ目に、視界スッキリ「眼ヨガ」手で温めて血の巡りを改善目の疲れがスッキリ。「うさぎのポーズ」で表情も明るくなる頭頂部のツボ「百合(ひゃくえ)」を刺激して頭も目もクリアにたった数分でOK。疲れ目がクリアになる「トラータカ」きれいなものをじーっとみつめるだけで......その場でぐるぐる。疲れ目を癒やす簡単ストレッチ目の周りの筋肉を意識、上下左右に動かそう

どれもすぐできる目元ケアばかり。オフタイムこそ、積極的に目をリラックスさせて、いつでもクリアでパチッと輝く目ヂカラを保てるようにケアしましょ。

(マイロハス編集部)

image via shutterstock

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 抜いても大丈夫? 医師に聞く「炭水化物」のかしこい摂り方

    2. ボトル330万本削減。洗い心地抜群な固形シャンプーが人気な理由

    3. 管理栄養士が教える、イチゴが心臓や脳、免疫にもよい理由

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 肩こりはもんでも治らない!? コリや痛みの根本原因を取り除く方法

    7. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    8. 手だけをつかって、簡単に幸福感を得られる方法

    9. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 肩こりはもんでも治らない!? コリや痛みの根本原因を取り除く方法

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    8. がんばりすぎてない? ワークアウトでやりがちな間違い6つ

    9. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    10. 管理栄養士が教える、40代からのダイエットのコツ。避けたい方法は?

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    3. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    4. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    7. 納豆の食べ方で、腸が活性化する? その方法とは

    8. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン