1. Home
  2. MIND
  3. 相手の目を見つめるスキル【なぜか人が集まるあの子の秘密】

相手の目を見つめるスキル【なぜか人が集まるあの子の秘密】

なぜか人が集まるあの子の秘密

1,628

TETUYA

相手の目を見つめるスキル【なぜか人が集まるあの子の秘密】

飛びきり、ルックス、顔がいいわけでもなく、なぜか男女問わず人気がある女性があなたの周りにもいると思う。そんな女性たちを私は、人並み外れた回数の合コンという戦場の中で観察してきた。今回もその視点から人が集まる子の生態について紹介していく。

今回紹介するのは、唯一と言っていいくらい誰でもできる簡単なコミュニケーションスキルだと僕は思う。これを習得し実践すれば、間違いなく男性からの好感を集めることができるだろう。

32歳 経営者 ちなつちゃん(仮名)の場合

ちなつちゃんは、元々看護師の仕事をしていたが、より看護師の仕事の可能性を広げるために、自分で起業し頑張っている真面目な子だった。真面目な分、とくに面白い話を積極的にできるタイプでもなく、どちらかというと聞き役専門だ。僕は序盤でその生態を見抜き、こちらからどんどん話す作戦にした。

僕は、今までで培った、相手を共感ゾーンにもっていくテッパンネタをドンドン繰り広げた。それに対して、ただこちらをじーっと潤んだような瞳で見つめるちなつちゃん。「あれ、この子俺のこと好きなのかな?」と勘違いさせるほどの熱視線! 正直、ちょっとドキッとした。

観察結果「見つめるスキル」

ちなつちゃんの魅力は、見つめるスキルだ。人の話を聞くときに、相手の目をじっと見つめるという単純な行為だ。男性からすると、ちゃんと話を聞いてくれる女性はだれしも好感がもてる。あいづちや「わかる」「そうだよね」「なるほど」のような、承認欲求を刺激するワードを、気持ちよく会話の中で入れ込むことができれば、それはなお素晴らしい。これこそよく言われる「聞き上手」だ。

ただ、僕が今まで数多く会ってきた女性の中で、この聞き上手のスキルが高い女性は少ない。「聞き上手はモテる」と、いとも簡単なようにいろんなメディアで言っているが、相手の表情、話すタイミング、相手の呼吸に合わせるように繰り出すのは、かなり難しい。一歩間違うと、知ったかぶりのプライドの高い勘違い女と思われてしまう

そこのリスクヘッジをするなら、ちなつちゃんのように、じっと見つめる戦法のほうが無難だ。ただ雰囲気に耐えられなくなり視線をそらしたくなる瞬間が襲ってくる。あとは、羞恥心との戦いである。そこをグッと我慢するのだ。ビジネスでも目を見て話さない人は、やはり信用できないし、自信がないように見える。やはり、自信がある人のところに人は集まってくる

まずは人と話すときに、見つめる訓練をしてみよう。だれもあなたが口に出さない限り、「見つめる」訓練をしているなんてわからないはずだから。

(イラスト・たなかみさき)

>>【なぜか人が集まるあの子の秘密】をもっと読む

#7 「ありがとう」と返す素直さ

#6 苦手なことにもチャレンジする「協調性」

#5 ワンランク上の思いやりで「差別化」

#4 他人へのさりげない気遣い

    Ranking

    1. まずは10回から挑戦したい「桃尻」をつくるバランスエクササイズ

    2. 脳トレよりも「1日1杯のスープ」を。脳に栄養を与え、頭の回転を良くするには

    3. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    4. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    5. 自律神経をセルフケア。「肝活」で「幸せホルモン」を増やそう

    6. これって、本当にヘルシー? 添加物は? 手にした食品の健康度をチェック

    7. ムダ毛ケア、どうしてる? 光美容器って本当にいいの? 開発者に聞きました

    8. あなたの深層心理は? この春、本当に求めているものをチェック

    9. どう摂ればいい? 美容と健康を底上げし、ストレスから私たちを守る「ビタミンC」

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    1. あなたの深層心理は? この春、本当に求めているものをチェック

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    4. 脳トレよりも「1日1杯のスープ」を。脳に栄養を与え、頭の回転を良くするには

    5. 自律神経をセルフケア。「肝活」で「幸せホルモン」を増やそう

    6. まずは10回から挑戦したい「桃尻」をつくるバランスエクササイズ

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    9. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    5. あなたの深層心理は? この春、本当に求めているものをチェック

    6. 脳トレよりも「1日1杯のスープ」を。脳に栄養を与え、頭の回転を良くするには

    7. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    8. 調査でわかった。「男性が本当にほしいギフト」と「女性が贈りたいギフト」は一致していた

    9. 頭痛持ちの人が「やらないほうがいいこと」4つ。えっ、クラシック音楽も!?

    10. 猫背・巻き肩の改善、代謝アップに。メリットたくさん「肩甲骨のストレッチ」

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら