1. Home
  2. MIND
  3. 相手の目を見つめるスキル【なぜか人が集まるあの子の秘密】

相手の目を見つめるスキル【なぜか人が集まるあの子の秘密】

なぜか人が集まるあの子の秘密

1,315

TETUYA

相手の目を見つめるスキル【なぜか人が集まるあの子の秘密】

飛びきり、ルックス、顔がいいわけでもなく、なぜか男女問わず人気がある女性があなたの周りにもいると思う。そんな女性たちを私は、人並み外れた回数の合コンという戦場の中で観察してきた。今回もその視点から人が集まる子の生態について紹介していく。

今回紹介するのは、唯一と言っていいくらい誰でもできる簡単なコミュニケーションスキルだと僕は思う。これを習得し実践すれば、間違いなく男性からの好感を集めることができるだろう。

32歳 経営者 ちなつちゃん(仮名)の場合

ちなつちゃんは、元々看護師の仕事をしていたが、より看護師の仕事の可能性を広げるために、自分で起業し頑張っている真面目な子だった。真面目な分、とくに面白い話を積極的にできるタイプでもなく、どちらかというと聞き役専門だ。僕は序盤でその生態を見抜き、こちらからどんどん話す作戦にした。

僕は、今までで培った、相手を共感ゾーンにもっていくテッパンネタをドンドン繰り広げた。それに対して、ただこちらをじーっと潤んだような瞳で見つめるちなつちゃん。「あれ、この子俺のこと好きなのかな?」と勘違いさせるほどの熱視線! 正直、ちょっとドキッとした。

観察結果「見つめるスキル」

ちなつちゃんの魅力は、見つめるスキルだ。人の話を聞くときに、相手の目をじっと見つめるという単純な行為だ。男性からすると、ちゃんと話を聞いてくれる女性はだれしも好感がもてる。あいづちや「わかる」「そうだよね」「なるほど」のような、承認欲求を刺激するワードを、気持ちよく会話の中で入れ込むことができれば、それはなお素晴らしい。これこそよく言われる「聞き上手」だ。

ただ、僕が今まで数多く会ってきた女性の中で、この聞き上手のスキルが高い女性は少ない。「聞き上手はモテる」と、いとも簡単なようにいろんなメディアで言っているが、相手の表情、話すタイミング、相手の呼吸に合わせるように繰り出すのは、かなり難しい。一歩間違うと、知ったかぶりのプライドの高い勘違い女と思われてしまう

そこのリスクヘッジをするなら、ちなつちゃんのように、じっと見つめる戦法のほうが無難だ。ただ雰囲気に耐えられなくなり視線をそらしたくなる瞬間が襲ってくる。あとは、羞恥心との戦いである。そこをグッと我慢するのだ。ビジネスでも目を見て話さない人は、やはり信用できないし、自信がないように見える。やはり、自信がある人のところに人は集まってくる

まずは人と話すときに、見つめる訓練をしてみよう。だれもあなたが口に出さない限り、「見つめる」訓練をしているなんてわからないはずだから。

(イラスト・たなかみさき)

>>【なぜか人が集まるあの子の秘密】をもっと読む

#7 「ありがとう」と返す素直さ

#6 苦手なことにもチャレンジする「協調性」

#5 ワンランク上の思いやりで「差別化」

#4 他人へのさりげない気遣い

    specialbunner

    Ranking

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    3. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    4. 下腹部をガッツリ凹ます、カエルみたいな動きの筋トレ

    5. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    6. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    7. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    8. 家で筋トレ、はじめませんか? Amazonセールで選ぶフィットネス機器5

    9. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    10. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    3. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    4. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    5. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    6. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    7. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    8. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    9. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    10. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?