MYLOHASの会員システムは、2018年2月26日より新システムに移行いたします。

システム移行作業にともない、2月23日15時~2月26日15時の間は、マイページのご利用を停止させていただきます。

会員の皆様にはご不便おかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

  1. Home
  2. EAT
  3. 乾燥肌は栄養ケアで立て直す。意識して食べたい食材は? #ポジティブ栄養学

乾燥肌は栄養ケアで立て直す。意識して食べたい食材は? #ポジティブ栄養学

ポジティブ栄養学

乾燥肌は栄養ケアで立て直す。意識して食べたい食材は? #ポジティブ栄養学

こんにちは。栄養士・栄養カウンセラーの吉川圭美です。肌も体調も、気分上々な私は栄養でつくれる! もっと味方につけていきましょう。

今回は、冬の乾燥肌ケアに欠かせない栄養素について。

乾燥肌ケアは外側からだけでは足りない

ホリデーシーズンが近づいてきました。澄み渡った夜の空気にきらめくイルミネーションの光に、心もウキウキとしてきます。そんな一方で気になるのが乾燥。頬に当たる空気が次第に乾いてきているのを実感します。

乾燥肌のケア方法としては、クリームやオイルを塗って保湿するというのが一般的ですが、ズボラな私は、こってりしたクリームやパックなどのお手入れが続かず......。そこでとりいれているのがからだの中からの栄養ケアです。肌トラブルが起こるのは外的要因だけでありません。皮ふは内臓の鏡といわれるように、体内での栄養不足が「乾燥」という形で、肌に現れているのかもしれません。

肌づくりのために重要な栄養素は?

通常、肌の表面には皮脂膜があり、外からの刺激から肌を守ったり、肌のうるおいを保っています。この皮脂膜の成分の約4割がタンパク質。肌細胞の材料であることも、言うまでもありません。

さらにみずみずしい肌のためには、ターンオーバーをスムーズに行うようにするのもポイントです。ここで必要なのが亜鉛ビタミンA、ビタミンD。肌細胞が一つから二つに分裂する際に円滑に行えるようにしたり、角化を調整してくれます。

卵とチーズをたっぷり使ったオムレツを食卓へ

タンパク質、亜鉛、ビタミンA、ビタミンD。これらの栄養素を含む食材といえば、卵や肉、鮭、チーズなどが挙げられます。私の場合、食材を意識するほか、卵とチーズをたっぷり使ったオムレツをよく作っています。このおかげもあってか、いまは夏と同じスキンケアでも乾燥に悩まずにすんでいるほか、全身のカサカサが気にならなくなったのもうれしい誤算です。

肌の調子がいいと、忙しい日々も気分よくいられるもの。この冬も、栄養補給から考える美肌ケアでおいしく楽しく乗りきっていきたいと思っています。

>>「ポジティブ栄養学」をもっと読む

image via shutterstock

Writing by吉川圭美

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    Prevention
    Rodale's Organic Life

    Ranking

    1. 続けると糖尿病に。生活習慣でやりがちな間違っていること6

    2. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    3. 自分にあった香りが脳にもたらす影響とは?

    4. 誰かの支えになる香りを世に出したい/ライオン株式会社 高橋典子さん

    5. LINEでバースデーメッセージ。喜ばれるコツはタイミングにあり!

    6. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    7. 快眠には「質」と「時間」の両方が大切。忙しくても深くたっぷり眠るコツ

    8. 三浦半島南下の買い物ツアーへ出かける【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    9. 万能調味料「酒粕」を使った毎日の簡単おかずアレンジレシピ

    10. ここはモロッコか?というような建物だった【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    1. 快眠には「質」と「時間」の両方が大切。忙しくても深くたっぷり眠るコツ

    2. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    3. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    4. 続けると糖尿病に。生活習慣でやりがちな間違っていること6

    5. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    6. 自分にあった香りが脳にもたらす影響とは?

    7. 多肉植物をすぐ枯らしてしまう人がやりがちな5つの間違い

    8. 快眠を促す「いびき」をコントロールできるツール

    9. 誰かの支えになる香りを世に出したい/ライオン株式会社 高橋典子さん

    10. 筋肉をほぐして手に入れるパフォーマンスがアップするツール

    1. 熟睡したいなら、寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンク7

    2. 1月31日は皆既月食&ブルームーン、方角、時間、鑑賞法は?

    3. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    4. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    5. 自分にあった香りが脳にもたらす影響とは?

    6. 人と運を引き寄せる! 「コミュニケーション力」アップの秘訣とは

    7. 年を重ねるにつれて摂取したい!「脳にいい食べ物」6つ

    8. 実は唇を刺激する、リップクリームの3つの成分

    9. 砂糖がカラダにもたらす恐ろしい11の真実

    10. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    乾燥肌は栄養ケアで立て直す。意識して食べたい食材は? #ポジティブ栄養学

    FBからも最新情報をお届けします。